『リテンションとリード』その意味を理解しよう!

 

”リテンション”と”リード”とは?

 

『リテンション』『リード』という言葉はご存知だろうか?

 

『リテンション』とは保持、記憶、記憶力。

 

そこから転じて、人事領域で使用されるときは「人材の維持(確保)」、マーケティング領域で使用されるときは「既存顧客維持」、企業が既存の顧客を維持すること。

 

自社の顧客に製品やサービスを継続して購入または利用してもらうことを意味します。

 

 

 

『リード』とは先に立って引っ張ること、先導(競技などで)先頭を切ること、競争相手をひきはなすこと、相手より多く得点すること。

 

ビジネス用語的な意味では、取引は発生していないが将来的に取引が発生する可能性がある「見込み顧客」のことをリードと言います。

 

 

 

3つの要素のバランス

 

顧客はその商品を使用した時に便利になるのかといった「利便性」、その商品・サービスに支払った金額に対して価値を見出す事ができるのかといった「費用対効果」、商品・サービスを安心して使えるか、提供している企業に対して信頼できるかといった「安心感」をいう視点で商品・サービスを見ています。

 

 

この3つの要素の一つでも欠けると顧客の解約の温度が高まっている可能性は高いですし、企業における既存顧客リテンション活動はこの3つの要素のバランスを保つ活動と言えます。

 

 

既存客の維持は重要

 

見込み顧客の開拓、既存顧客の維持どちらも企業にとっては重要です。

 

コールセンターの業界以外の様々な会社でも導入しているCRMでは、リテンションが重要視されています。

 

その理由というのが、新規顧客は獲得コストが高いにもかかわらず利益率が低いので、新規顧客の獲得以上に、既存顧客の維持が重要だからです。

 

既存顧客は、一度商品を購入している為、少ない獲得コストで再度商品を購入する可能性の高い存在であり、既存顧客は中長期的に商品を購入し続ける生涯顧客となる可能性が高く、企業に対してのロイヤルティーが高い顧客ほど、時間の経過とともに大きな利益をもたらす可能性が高いと考えられる。

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

代表取締役 太田 陽平
代表取締役 太田 陽平株式会社ジーシー
常に思考を止めず、ベンチャー魂を!
常に商売の事を考えている”商売バカ”です。コールセンターを活用した商売の拡大をしております。日々、数字と追い掛けています!!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 売れる営業マンを見抜く面接で大切なこと
  2. ヤフーショッピングでECサイト運営者のコールセンター対策
PAGE TOP