コールセンターのテレアポと完全成果報酬について

コールセンターのテレアポと完全成果報酬について

│ 最終更新日:2024年01月29日 │

コールセンターに依頼する”アウトバウンド業務”と”インバウンド業務”

事業が大きくなり、アウトバウンド業務インバウンド業務をコールセンターに依頼する企業は少なくありません。

電話をかけるのがアウトバウンド業務で、電話を受けるのがインバウンド業務になります。

コールセンターのテレアポと完全成果報酬について

インバウンド業務は、受動的に顧客などからの電話を受信します。

インバウンド業務の例としては、商品やサービスに関しての問い合わせを受けるカスタマーサポートやクレームを受付ける窓口があります。

インバウンド業務の場合、不特定多数の人が電話をかけてくるので、電話のオペレーターは業務知識はもちろん電話マナーをきちんと身につけておく必要があります。

 

”アウトバウンド業務”と”インバウンド業務”の実施の業務内容とは?

企業では、コールセンターに新しいオペレーターが入った場合は研修を行って基礎知識と電話マナーを徹底的に教え、オペレーターとしてデビューした後もモニタリングをしてスキルをチェックします。

アウトバウンドの例としては、世論調査やアンケート、新規顧客の獲得、料金滞納者への催促などがあり、事前の計画に沿って対象者にアプローチするため、効率良く業務を組み立てやすいという特徴があります。

業務の範囲が絞られており決められたマニュアルがあるので、インバウンド業務に比べると研修がシンプルなことが多いです。

アウトバウンドがメインのコールセンターの場合、自動発信システムを使って業務の効率化を図っている事が多く、それによりより多くのアウトバウンドコールをする事が可能です。

コールセンターのテレアポと完全成果報酬について

アウトバウンド業務の代表ではテレアポと呼ばれるテレフォンアポインターが有名で、テレフォンアポインターは、企業における電話営業の担当者として、新しい顧客を獲得するために働いています。

テレフォンアポインターの主な業務は、多くの家庭に電話をかけて企業の商品やサービスについて説明を行うことで、一般の営業担当と違うところは、外出せずにオフィスで営業活動を行う点です。

 

完全成果報酬のテレアポ代行サービスとは?

テレアポの担当者にはノルマが設定されていることが多く、テレマーケティングでは商品やサービスに関する調査やアポイントの獲得などの業務を行ったりします。

アンケート調査や市場調査など様々な調査を行っているので企業のマーケティング活動のひとつとして重要視され、様々統計データを取ったり、それを報告書にまとめクライアントに提出をしたりします。

アポイントの獲得業務はテレフォンアポインターと呼ばれるスタッフがアウトバウンドコールを行いアポイントの獲得を行いますが、アポイントの獲得業務は需要が多いため、日本には数多くのテレアポ代行サービスがあります。

最近、完全成果報酬型の会社も増えており非常に便利な時代となっており、高品質なサービスを完全成果報酬型で提供するため、初めての企業でも安心してテレアポ代行サービスを利用することができます。

コールセンターのテレアポと完全成果報酬について

完全成果報酬型の場合はアポ単価というアポイントを取った顧客情報を納品物として、納品した情報毎に課金を行うサービスがあります。

いかに多くのアポイントを取るかがカギとなるのがテレアポ会社では重要になるわけですが、クライアントからは品質も重要となるのでオペレーターの研修やスキルアップする為の教育が重要となってきます。

完全成果報酬型のテレアポ代行サービスを使う際は金額と品質のバランスを考えて依頼するのが重要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. CRMとCTIシステムを統合したコールセンターについて
  2. コールセンターの働き方革命!好待遇と服装自由で輝く仕事の魅力とは?
PAGE TOP