テレアポで資料送付後にメルマガ配信はするべき?重要な4つの要素をご紹介

闇雲に取り組む事はしないで!テレマーケティングを成功に導く3つのポイントを解説

│ 最終更新日:2023年07月24日 │

テレマーケティングは顧客との接点を持つ非常に重要なビジネスプロセスの1つであり、効率的な取り組みが必要です。ただ単に電話をかけるだけでなく、目的やターゲット、アプローチ方法、準備物や自社の体制など、慎重に計画を立てる必要があります。

また、テレマーケティングを闇雲に行うと、反感を買う可能性が高く、顧客との信頼関係を損なうことがあります。さらに、コストや時間を無駄にすることになり、効果的なマーケティング活動を行うことができません。

そのため、テレマーケティングには戦略的なアプローチが必要であり、目的やターゲット、アプローチ方法、準備物や自社の体制などを慎重に検討し、計画的に実施することが重要です。

この記事では、テレマーケティングにおいて失敗しないために必要なポイントについて解説していきます。テレマーケティングは、効率的な営業手法の一つとして企業にとって重要な役割を果たしています。しかし、テレマーケティングには失敗するリスクもあるため、事前の準備や目標設定、対象顧客の選定、メッセージの決定などが重要となります。また、外注先の選定や要件の明確化、運営の効率化などもスムーズなテレマーケティング運営に必要不可欠です。以上のポイントを押さえ、効果的なテレマーケティングを実施することで、顧客獲得や売上向上につなげることができます。

テレマーケティングが注目されている理由は?

このような考え方が増えた背景には、近年のデジタル技術の急速な発展があると言われています。インターネットやスマートフォンなどの普及により、消費者は情報収集や商品購入にあたって、従来の方法とは異なる行動パターンをとるようになりました。例えば、商品の情報収集を通じて自分で商品を選ぶ「セルフサービス」のニーズが高まったことや、消費者が「いつでも」「どこでも」商品を購入できる「オンラインショッピング」の需要が拡大したことなどが挙げられます。

そのため、従来型のマーケティング手法だけでは消費者のニーズに対応できなくなってきたことから、企業側が消費者に対して、より質の高い情報提供やサービスを行うための手段として、テレマーケティングに取り組むようになったと考えられます。しかし、テレマーケティングが消費者にとって迷惑行為と認識されることが多くなったことで、テレマーケティングに取り組む企業側がより合法的かつ適切な手法を取ることが求められるようになってきました。

近年、テレマーケティングが注目されるようになった理由はいくつかあります。

デジタル技術の発展

1つ目は、デジタル技術の発展により、顧客との接触が多様化し、顧客に対してよりカスタマイズされたアプローチが求められるようになったことです。テレマーケティングは、電話やメール、SNSなどを利用して、顧客との接触機会を増やし、顧客との関係を強化することができます。

顧客のニーズや行動パターンが変化

2つ目は、顧客のニーズや行動パターンが変化したことに対応する必要があるということです。従来のマーケティング手法では、広告を出すことやキャンペーンを行うことが主流でしたが、今では顧客との対話を重視し、顧客のニーズを把握することが必要です。テレマーケティングは、顧客と直接対話できるため、顧客のニーズを正確に把握し、サービスや製品の改善につなげることができます。

効率的な販売促進手段

3つ目は、効率的な販売促進手段であるということです。テレマーケティングは、大量の顧客に対して一斉にアプローチでき、比較的低いコストで販売促進ができるため、多くの企業が利用しています。また、テレマーケティングによって得られた顧客データを活用することで、より効果的な販売促進が可能になります。

以上のような理由から、テレマーケティングは近年、注目されるようになっています。ただし、適切な方法で実施しなければ、逆効果になることもあります。企業は、顧客に対する配慮を忘れず、テレマーケティングを活用することが求められます。

闇雲に取り組む事はしないで!テレマーケティングを成功に導く3つのポイントを解説

目的を明確にする

テレマーケティングにおいて目的を明確にすることは、成功するために非常に重要なことです。目的を明確にすることで、キャンペーンの戦略や実行計画が明確になり、効果的なコミュニケーションを行うことができます。

以下は、テレマーケティングにおいて目的を明確にするための一般的なステップです。

目標を設定する

何を達成したいか、具体的な目標を設定しましょう。例えば、商品の販売数を増やす、リード獲得数を増やすなど。

目標を設定することは、個人や組織が進むべき方向性を明確にし、具体的な目標に向かって行動するための重要なステップです。以下に目標を設定することの重要性をいくつか挙げてみます。

方向性を明確化する

目標を設定することで、どのような結果を求めているのか、何に注力する必要があるのかを明確化できます。それによって、迷いや不確実性を排除し、意思決定や行動の基準となる目標を持つことができます。

モチベーションを高める

目標を設定することで、自己実現や達成感など、達成することができる報酬に対する欲求を刺激することができます。また、目標が達成できなかった場合には、その原因を分析し、改善のために取り組むことができます。

行動を促す

目標を設定することで、具体的な行動プランを立てることができます。それによって、計画的かつ効果的な行動を取ることができます。

成果を評価する

目標を設定することで、成果を評価するための基準を明確化することができます。そのため、定期的に進捗を確認し、必要に応じて修正することができます。

以上のように、目標を設定することは、個人や組織が成功するために欠かせないステップと言えます。

営業マンの新規開拓の成功率を上げるCTIシステムを使ったテレマーケティング

対象顧客を決定する

どのような顧客にアプローチするのかを決定しましょう。既存顧客に対して販売促進を行うのか、新規顧客にアプローチするのかなど。

ビジネスを行う上で、どのような顧客にアプローチするかを決定することは重要です。対象顧客を明確に定めることによって、マーケティング戦略を的確に立てることができます。また、対象顧客を明確にすることで、その顧客が抱える問題やニーズを把握し、それに対応する製品やサービスを提供することができます。これにより、顧客満足度を高め、競合他社との差別化を図ることができます。さらに、効率的な営業活動を行うことができ、販売コストの削減につながります。つまり、対象顧客を決定することは、マーケティング活動や営業活動の成功につながる基盤となる重要なプロセスです。

メッセージを決定する

何を伝えるのかを明確にしましょう。顧客にどのような価値を提供するのか、どのような問題を解決するのかを伝えるメッセージを決定しましょう。

テレマーケティングにおいて、メッセージを決定することは非常に重要です。なぜなら、メッセージは顧客に商品やサービスの魅力を伝える上で最も重要な役割を果たすからです。

適切なメッセージを伝えることで、顧客に商品やサービスの魅力を理解してもらい、興味を持ってもらうことができます。逆に、不適切なメッセージを伝えてしまうと、顧客に拒絶されてしまう可能性があります。

メッセージを決定する際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

ターゲット層に合わせた言葉選び

ターゲット層の属性や嗜好に合わせた言葉選びをすることで、より興味を持ってもらいやすくなります。

魅力的な特徴の強調

商品やサービスの魅力的な特徴を明確に強調し、顧客にアピールすることが大切です。

伝える順序の考慮

メッセージを伝える順序にも注意を払う必要があります。顧客にとって重要な情報から順に伝えることで、興味を持ってもらいやすくなります。

コールスクリプトの作成

メッセージを決定したら、それをまとめたコールスクリプトを作成し、オペレーターに指導することで、一貫性のある対応を実現することができます。

ターゲットに合わせたアプローチ方法を決定する

電話、メール、SNSなど、どのようなアプローチ方法を採用するのかを決定しましょう。

ターゲットに合わせたアプローチ方法を決定することは、テレマーケティングにおいて非常に重要です。なぜなら、ターゲットとなる顧客層によって、受け入れられるメッセージやアプローチ方法が異なるからです。

たとえば、若年層をターゲットにする場合、SNSやインターネットを通じたアプローチが効果的である場合があります。一方、高齢者層をターゲットにする場合、電話や郵送などの伝統的な手法が有効である場合があります。

そのため、ターゲットに合わせたアプローチ方法を決定し、最も効果的な手法を選択することが重要です。このようにして、顧客により適したアプローチ方法を選択することで、より効率的かつ効果的なテレマーケティング活動を実施することができます。

実行計画を立てる

目標やメッセージ、アプローチ方法に基づいて、具体的な実行計画を立てましょう。スケジュール、オペレーターの役割、コールスクリプトなどを含める必要があります。

実行計画を立てることには以下のような重要性があります。

闇雲に取り組む事はしないで!テレマーケティングを成功に導く3つのポイントを解説

目標達成に向けた方向性を明確化できる

実行計画を立てることで、具体的な行動目標や期限を設定することができます。そのため、何をいつまでにやるべきかが明確になり、目標達成への方向性を明確化することができます。

チーム内でのタスク分担がしやすくなる

実行計画には、誰が何をやるかというタスク分担も含まれます。そのため、各メンバーが担当するタスクや期限が明確になり、誰が何を担当しているかが分かるため、チーム内での作業効率が上がります。

コールセンター業務を効率化させるには? 方法や事例を紹介!

問題点の洗い出しがしやすくなる

実行計画を立てる際には、予想される問題点や障害も事前に洗い出す必要があります。そのため、計画を作成することで、問題点を事前に把握することができ、対策を打つことができます。

モチベーションアップにつながる

目標達成に向けた具体的な行動目標や期限が明確になることで、チーム全体で目標に向かって努力することができます。また、実行計画には達成したときの報酬や評価基準も含まれるため、それを目指して努力することで、モチベーションアップにつながる場合があります。

以上のように、実行計画を立てることは、目標達成に向けた具体的な方策を立てることができ、チーム内の効率化やモチベーションアップにもつながるため、非常に重要です。

成果を評価する

キャンペーンの成果を評価し、必要に応じて改善点を洗い出しましょう。分析やレポートを活用し、今後の改善点を明確にすることが重要です。

成果を評価することは、テレマーケティングにおいて非常に重要です。なぜなら、成果を評価することで、実施した施策が本当に効果的であったかどうかを判断し、今後の改善点を把握することができるからです。

成果を評価する際には、あらかじめ設定した目標と実際の成果を比較することが重要です。たとえば、新規顧客獲得を目的としたテレマーケティングを実施した場合、獲得した新規顧客数や売上高などを評価することができます。

また、評価を行うことで、実施した施策に対して顧客や社内関係者のフィードバックを収集することもできます。そのフィードバックをもとに、改善点を洗い出し、より効果的な施策を実施することができます。

総じて、テレマーケティングにおいては、計画的に施策を実施し、その成果を評価し、改善点を洗い出すことが重要です。

これらのステップに沿って、テレマーケティングにおいて目的を明確にし、キャンペーンの成功につなげていきましょう。

外注するなら要件を明確にする

テレマーケティングを外注する場合、要件を明確にすることは非常に重要です。外部業者に対して明確な指示を出さないと、期待する成果を得られず、コストや時間を無駄にすることになります。具体的には、以下の点について要件を明確にすることが重要です。

目的やターゲット

どのような目的やターゲットに向けてテレマーケティングを行うのか、明確に伝える必要があります。

目的やターゲットを明確にすることは、テレマーケティングの成功に不可欠な要素です。

まず、目的を明確にすることで、何を達成しようとしているかを全員が共有できます。これにより、チーム全体が同じ方向に向かって進むことができ、業務の効率化につながります。

また、ターゲットを明確にすることで、顧客を正確に特定することができます。そのため、より効果的かつ効率的なマーケティング戦略を策定し、リード獲得率を向上させることができます。

さらに、目的やターゲットを明確にすることで、必要なリソースを最適化することができます。リソースを最適に活用することで、コスト削減につながり、ROI(投資利益率)を向上させることができます。

以上のように、目的やターゲットを明確にすることは、テレマーケティングにおいて非常に重要です。

活動内容

テレマーケティングの具体的な活動内容、使用するスクリプトやツール、必要な情報などを明確に伝える必要があります。

ビジネスにおいて、目的やターゲットを設定することも重要ですが、それを達成するための活動内容も非常に重要です。例えば、商品やサービスの販売促進のためにテレマーケティングを行う場合、どのようなアプローチ方法を取るか、どのようなメッセージを伝えるか、どのような時期にアプローチするか、など具体的な活動内容を決定することが必要です。

また、活動内容には、効果的な営業ツールの使用や、顧客との良好な関係を築くためのフォローアップなども含まれます。これらの活動を適切に行うことで、効率的に顧客を獲得し、長期的なビジネス関係を構築することができます。したがって、目的やターゲットを設定するだけでなく、適切な活動内容を決定することも重要です。

期間や頻度

どの程度の期間、どの程度の頻度でテレマーケティングを行うのか、明確に伝える必要があります。

テレマーケティングにおいて、活動の期間や頻度を決定することは重要です。期間を決めることで、キャンペーンや販売促進活動の期限が明確になります。また、頻度を決めることで、顧客へのアプローチのタイミングが明確になり、顧客とのコミュニケーションのスムーズな流れを確保することができます。適切な期間や頻度を設定することで、キャンペーンの成果を最大限に引き出すことができます。

成果や報酬

どのような成果が期待できるのか、どのような報酬が用意されるのか、明確に伝える必要があります。

テレマーケティングにおいて、成果や報酬について明確にすることは非常に重要です。これは、テレマーケティングが営業活動の一環であり、ビジネスにおける費用対効果を重視するためです。

成果については、例えば新規顧客獲得数や売上増加数など、具体的な数値目標を設定することが重要です。これによって、どの程度の成果を出すことができたかを客観的に評価することができます。

報酬については、例えば固定報酬や成功報酬など、どのような形態で支払われるのかを明確にすることが重要です。特に成功報酬の場合は、成果に応じて支払われるため、成果が出なければ報酬が支払われないというメリットがあります。

これらの成果や報酬について明確にしておくことで、テレマーケティングの実施を効果的かつ効率的に行うことができます。

闇雲に取り組む事はしないで!テレマーケティングを成功に導く3つのポイントを解説

コミュニケーション方法

外部業者とのコミュニケーション方法や報告方法を明確に伝える必要があります。

コミュニケーション方法の重要性は、お互いに理解しやすく、円滑にコミュニケーションをとるために不可欠な要素です。特に、ビジネスにおいては、顧客やビジネスパートナーとのコミュニケーションが重要な役割を果たします。適切なコミュニケーション方法を選択することで、効率的に情報交換ができ、誤解やトラブルを防ぐことができます。例えば、テレマーケティングにおいては、電話やメール、チャットなどのコミュニケーションツールを適切に選択し、顧客や見込み客とのコミュニケーションを行うことが重要です。また、ビジネスパートナーとのコミュニケーションにおいても、メールや電話だけでなく、対面でのコミュニケーションやビデオ会議など、状況に応じた適切なコミュニケーション方法を選択することが重要です。

要件を明確にすることで、外部業者とのコミュニケーションが円滑になり、期待する成果を得ることができます。

準備物や自社の体制を整える

テレマーケティングを行う際に、適切な準備や自社の体制を整えることは非常に重要です。以下は、その重要性についての詳細です。

スムーズな運営のための準備物の整備

テレマーケティングを行う上で、必要な準備物を整備することは重要です。たとえば、電話機、スクリプト、商品やサービスのカタログ、お問い合わせフォーム、カスタマーサポートシステム、顧客データベースなどです。これらの準備物が適切に整備されていると、オペレーターは顧客とスムーズにコミュニケーションを取ることができ、問題が発生した場合にも迅速に対処できます。

スムーズな運営のためには、必要な準備物を整備することが重要です。例えば、テレマーケティングを行う場合、以下のような準備物が必要となります。

電話機や通信ツール

テレマーケティングは電話を利用することが多いため、電話機の用意が必要です。また、インターネットやSNSを利用する場合には、パソコンやスマートフォンなどの通信ツールも必要となります。

データベースや顧客情報管理システム

テレマーケティングを行う場合には、顧客情報を管理するデータベースやシステムが必要となります。このシステムには、顧客情報や履歴などを登録しておくことができます。

スクリプトや資料

テレマーケティングでは、事前にスクリプトや資料を作成しておくことが重要です。スクリプトは、オペレーターが電話対応をする際に参考になるもので、資料は、商品やサービスの説明などに活用することができます。

オペレーターのマニュアルやトレーニング

オペレーターのマニュアルやトレーニングも必要です。これによって、オペレーターは、正確かつ効果的にテレマーケティングを行うことができます。

これらの準備物を整備することによって、テレマーケティングの運営がスムーズになり、成果を上げることができます。

質の高いサービス提供のための自社の体制整備

テレマーケティングを行う上で、オペレーターが質の高いサービスを提供できるよう、自社の体制を整備することも重要です。たとえば、オペレーターの教育やトレーニング、コミュニケーションチャネルの整備、お客様とのやり取りの履歴管理などです。これらの取り組みによって、オペレーターは顧客に対して的確な情報を提供し、スムーズなコミュニケーションを図ることができます。

テレマーケティングを行うにあたり、自社の体制を整えることは非常に重要です。具体的には以下のような点が挙げられます。

社員教育・トレーニング

テレマーケティングを行う社員に対して、教育・トレーニングを実施し、適切なスキルや知識を身に付けさせることが重要です。また、サービスや商品に関する情報を正確に把握していることも必要です。

情報管理体制の整備

テレマーケティングで取り扱う顧客情報は、個人情報保護法などの法律に基づき厳重に管理する必要があります。そのため、情報の取り扱い方法やセキュリティ対策などを明確に定め、社員に徹底させる必要があります。

システム・設備の整備

テレマーケティングに必要なシステムや設備を整備することで、作業の効率化や品質向上につながります。例えば、通話録音システムを導入することで、顧客対応の品質を向上させたり、問題があった場合のトラブルシューティングにも役立ちます。

顧客対応のマニュアル作成

テレマーケティングにおいては、顧客に対して適切かつ迅速な対応が求められます。そのため、顧客対応のマニュアルを作成し、社員に周知徹底させることで、品質の向上やトラブルの防止につながります。

これらの体制整備は、テレマーケティングの品質向上やトラブル防止につながるため、非常に重要です。また、顧客の信頼獲得にもつながります。

闇雲に取り組む事はしないで!テレマーケティングを成功に導く3つのポイントを解説

コスト削減のための効率的な運営の実現

テレマーケティングにはコストがかかるため、適切な準備と自社の体制整備によって、効率的な運営を実現することが重要です。たとえば、オペレーターの教育やトレーニングによって、コール時間の短縮や顧客満足度の向上を図ることができます。また、システムの整備によって、顧客情報の正確な管理や問題解決の迅速化を実現することができます。これらの取り組みによって、コストを削減し、収益性を向上させることができます。

コスト削減は企業活動において重要な課題の一つです。テレマーケティングにおいても、効率的な運営を実現することがコスト削減に繋がります。具体的には、以下のような点が挙げられます。

人員の効率的な配置

テレマーケティングには多くの人員が必要ですが、それらの人員を効率的に配置することができれば、コスト削減に繋がります。たとえば、応対時間の長い案件を担当するオペレーターには高いスキルを要求し、応対時間の短い案件を担当するオペレーターには低いスキルでOKであるなど、適切な人員配置が必要です。

機器の有効活用

テレマーケティングには機器が欠かせませんが、機器の有効活用によってコスト削減ができます。たとえば、自動音声案内や音声認識技術を導入することで、オペレーターの手間が減り、コスト削減に繋がります。

データの活用

テレマーケティングにおいては、膨大なデータが発生します。このデータを分析することで、改善点を見つけ出し、効率的な運営を実現することができます。たとえば、受付時間の設定や、オペレーターの教育などによって、効率的な運営を実現することができます。

外注先の選定

外注する場合には、外注先の選定が重要です。外注先の選定によって、効率的な運営を実現することができます。たとえば、業務経験が豊富な外注先を選ぶことで、短時間で高品質な対応が可能になり、コスト削減に繋がります。

さいごに

テレマーケティングを行う際には、目的やターゲットを明確にし、適切なアプローチ方法を選択することが重要です。また、実行計画を立て、運営に必要な準備物や体制を整えることも欠かせません。さらに、成果を評価し、改善につなげることで、より効果的なテレマーケティングを行うことができます。テレマーケティングは、顧客とのコミュニケーションを通じてビジネスの発展につながる重要な手段の一つです。しかし、適切な準備や計画がなければ、効果を上げることができず、逆に負担をかけることになります。適切な準備と計画を行い、効果的にテレマーケティングを活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

PAGE TOP