コールセンターに向き・不向きな人①

 

 

どんな仕事でも向き・不向きはあると思います。

 

コールセンターではどんな人が向いているのか?どんな人が向いていないのか?

 

コールセンターの中でもアウトバウンドの業務での向き・不向きについて書きます。

 

 

『アウトバウンドが向いている人』

 

  • 気配りが上手
  • 気持ちの切り替えが早い
  • 臨時応変な対応ができる
  • 相手に合わせて行動ができる

 

相手が見えない電話だからこそ、大切なのは自由な発想・想像力です。

 

何か作業をしている時、料理を作っている時、子どもが泣いている時に電話が掛かってきたら、電話がかかってきた側の相手も困ります。

 

電話し相手の声のトーンから年齢層や感情を感じ取り、後ろから聞こえてくる音から現在の状況を察し、色々なポイントから相手の立場や気持ちを想像して、臨機応変に対応していく事が上手くいく秘訣です。

 

 

 

『アウトバウンドが向いていない人』

 

  • 強引でマイペース
  • 気分転換が下手で落ち込むと長引く
  • 予想してない事態になるとうろたえてしまう
  • 状況や空気を察するのが下手

 

 

友達であっても他人であっても同じですが、相手の事情や気持ちを無視して話したい事だけ話しても、自分の気持ちは相手に届きません。

 

これは電話でも同じで、アウトバウンドは他人にいきなり電話をかけるので、特に気をつけなければいけません。

 

 

 

強引すぎるのはNGですし、押しつけない、話しを引っぱらないのが大事です。

 

その一方で、どんなに細心の注意を払っても、掛けてすぐにガチャ切りされたり、不機嫌そうにされたり、苦情を言われたりする事態をゼロにすることは難しいです。

 

そんな時、気分転換できずにその気持ちを引っぱりすぎると、電話をかける事が辛くなってしまいます。

 

アウトバウンドは気分転換をしながらやっていきましょう!

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

代表取締役 太田 陽平
代表取締役 太田 陽平株式会社ジーシー
常に思考を止めず、ベンチャー魂を!
常に商売の事を考えている”商売バカ”です。コールセンターを活用した商売の拡大をしております。日々、数字と追い掛けています!!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. 売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと
  2. マニュアルもある電話営業の効果的な電話のかけ方
  3. テレマーケティングをするのであれば他の方法とよく比較をして欲しい
PAGE TOP