営業指標とセールス向上に必須!KPIとKGIの設定方法を徹底解説!

│ 最終更新日:2024年01月05日 │

営業の成功に不可欠なのは正しい方向性を示すKPI(Key Performance Indicators)とKGI(Key Goal Indicators)の設定です。しかし、これらを効果的に活用するためには、適切な設定方法が欠かせません。この記事では、営業指標を明確にし、セールス向上につなげるためのKPIとKGIの徹底解説をお届けします。あなたのビジネスにおける成功を支える方法を探るために、ぜひご覧ください。

KPIとKGIの設定

最終目標への道筋をつける中間目標の重要性

営業指標の成功は、中間目標であるKPI(Key Performance Indicators)とKGI(Key Goal Indicators)の適切な設定にかかっています。これらは、最終的な目標に到達するための方向性を示し、成果を促進する道筋を提供します。中間目標を的確に設定することで、営業活動の効果的な改善とセールス向上につながる重要なステップとなります。

KPIとは何か?営業やセールスにおける役割を解説

KPI(Key Performance Indicators)は業務の数値化と設定した目標達成を支援する指標です。営業やセールスにおいて、具体的な数値を用いて業務の達成度を測る手段として広く活用されています。例えば、営業で1ヶ月間に3件の新規契約を獲得する目標がある場合、そのために必要な新規見込み客への電話営業数などがKPIとして設定されます。

KPIは最終目標達成への中間目標であり、設定と観測によって目的達成が容易になります。単なる売り上げ向上とは異なり、業務を具体的な数値指標(KPI)に結びつけることで、業務の効果的な方向性を示すことが可能です。これにより、営業活動における重要な領域を明確に把握し、目標達成への戦略を明示することができます。

営業やセールスにおいては、以下のような役割を果たします。

目標設定と評価

KPIは営業目標やセールスターゲットを定量的に表します。これにより、営業チームや個人がどの程度目標に向かって進んでいるかを評価できます。

成果の計測

例えば、売上、顧客獲得数、顧客満足度、リピート率など、様々なKPIがあります。これらを測定し、業績や成果を定量化します。

方向性の指針

KPIは業績を分析し、チームや個人が目標に近づくための方向性を示します。例えば、売上が伸びているが顧客満足度が低下している場合、サービス品質の向上が必要かもしれません。

改善と戦略立案

KPIの分析に基づいて、戦略を見直したり、プロセスを改善したりすることが可能です。KPIが示す弱点や改善の余地を見つけ出し、戦略的なアクションを取ることが重要です。

営業やセールスにおいては、KPIは業績評価や目標達成の道標として重要です。適切なKPIを設定し、定期的に評価・分析することで、成果を最大化するための戦略的な手段となります。

KGIとは?中間目標から最終目標を見据える重要性

KGI(Key Goal Indicator)はビジネスにおける最終目標を示す重要な目標達成指標です。このKGIを設定する際には、最終的な到達点を明確に捉え、その達成に向けた中間段階となるKPIを先に定める必要があります。

業界や営業の設定によって、KPIやKGIの設定方法は大きく異なります。たとえば、不動産業と食品関連では業務や目標が異なるため、それに合わせてKPIやKGIを設定する必要があります。また、同じ不動産業でも企業ごとに業務形態が異なり、その違いがKPIやKGIの設定にも影響を与えます。

営業の訪問件数をKPIとして設定することも考えられますが、訪問件数のみを重視しても必ずしも効果が得られるわけではありません。なぜなら、訪問件数が増えても成約に直結しない場合があるからです。

KGIの重要性は以下の点にあります

戦略的方向性の確立

KGIは、ビジョンや最終的な目標に向かって進むための方向性を示します。それぞれのKGIは、最終目標の一部を表し、ビジョンの実現に向けた中間のステップを示唆します。

進捗の追跡と評価

KGIは、ビジョンや最終目標に向かう進捗を追跡し、評価するための指標です。KPIが具体的な成果や行動を示すのに対し、KGIはそれらの成果が最終目標に対してどの程度寄与しているかを示します。

戦略の修正と調整

KGIは、戦略の修正や調整を行う際の基準となります。KGIを分析することで、戦略が最終目標に適合しているかどうかを判断し、必要に応じてアプローチを変更できます。

中間目標を定めることで、大きな目標が達成されるプロセスを分割し、段階的に達成可能なステップに分解できます。このようなアプローチは、大きな目標に対する取り組みをより管理しやすくし、チームや組織全体のモチベーションを維持するのに役立ちます。KPIとKGIを設定して営業指標やセールスに役立てる

KPIとKGIの設定方法

セールス向上への鍵を握る中間目標の見直し戦略

営業指標の効果を確保するには、KPI(Key Performance Indicators)の定期的な見直しが不可欠です。KPIが適切に設定されているかどうかを定期的に点検し、必要に応じて修正を行うことが、セールス向上に直結する重要なステップです。KGI(Key Goal Indicators)と共に、KPIの効果的な設定と調整が、営業戦略の成功に大きく寄与します。

数値化可能な営業指標の種類と重要性

営業における数値化可能な指標は多岐にわたります。例えば、アポイントや訪問件数、資料請求数、成約率、代金回収率、顧客単価、解約件数などがこれに該当します。

営業担当者のモチベーションは業務に大きな影響を与えますが、数値化が難しい場合、その指標を設定することは難しいです。指標を設定する際には、営業担当者が直接影響を与えられる数字を選択します。たとえば、訪問件数や成約率は変動がありますが、商品の利益率は静的な数字です。

複数のKPIを設定すると、営業担当者が混乱する可能性があるため、最低限の数にとどめることが重要です。設定した後は、1ヶ月や3ヶ月といった期間を設けて測定し、定期的にその指標が適切かどうかを再評価します。

営業指標やセールスで効果的なKPIとしては、成約が見込める営業機会数、見込み客の成約率、営業案件数、顧客単価、受注期間が挙げられます。

成約が見込める営業機会数(訪問件数)は、営業成績向上に欠かせない要素です。外回りの営業においては訪問件数が重要ですが、ただの機会ではなく、実際に成約が見込めるものが重要です。

たとえば、不動産投資に興味がある富裕層への営業機会は成約が見込めますが、収入の少ない層にアプローチしてもほとんど成約には結びつかず、実際の契約には至りません。

営業におけるKPIの定期的な見直しは、チームのパフォーマンスや戦略の評価、成果の最大化に重要です。以下はその手順です。

定期的なレビューと評価

営業KPIは定期的に見直されるべきです。月次、四半期ごと、あるいは年次など、定められた頻度でチェックポイントを設けましょう。

目標との整合性を確認

営業KPIはチームや個人の目標にリンクしているべきです。目標設定とKPIの整合性を確認し、それがビジネス目標にどのように寄与しているかを確認します。

成果の分析と振り返り

KPIの達成度を分析し、達成できなかった場合はその要因を探ります。成果を振り返り、何がうまくいったのか、何が改善の余地があるのかを把握します。

新しい戦略や目標の適用

チームが新たな戦略や目標を採用した場合、それに合わせてKPIを調整する必要があります。新しい方針や重点項目に応じて、KPIを再設定します。

フィードバックと共有

チームや個人に対するKPIの進捗報告とフィードバックを提供し、共有します。進捗状況や課題についての透明性を保ちます。

必要な修正と改善

KPIが望ましい成果を生み出さない場合は、必要な修正や改善を行います。戦略やアクションプランを再考し、KPIに影響を与える要因を調整します。

営業KPIの定期的な見直しは、チームの目標達成を支援し、戦略的なアクションを取るための重要な手段です。継続的な改善を促進し、成果を最大化するために定期的なレビューと修正を行うことが不可欠です。KPIとKGIを設定して営業指標やセールスに役立てる

KPIとKGIの設定方法

営業件数の重要性とセールス向上への貢献

営業指標の効果的な設定において、営業件数をKPI(Key Performance Indicators)に組み込むことが不可欠です。営業件数は、ビジネスの健全性や成長に直結し、売上拡大に重要な役割を果たします。正確で具体的なKPI設定によって、営業活動の成果を的確に把握し、KGI(Key Goal Indicators)と共にセールス向上に向けた着実な道筋を築くことが可能です。

営業成果に欠かせない「成約率」の重要性

営業における成約率の設定は極めて重要です。たとえば、100件の訪問があった場合、成約率が2%だと成約件数は2件に過ぎません。しかし、同じ100件の訪問で成約率が50%なら、50件の契約を獲得できます。

成約率は成約件数を営業件数で割ることで算出されます。この数値が営業の成果を評価する上で非常に重要です。

その重要性は以下の点にあります

業績評価と目標達成

成約率は営業チームや個人のパフォーマンスを評価し、目標達成度を示す重要な指標です。高い成約率は、売上目標や業績目標の達成に直結します。

収益性と利益率の向上

成約率の向上は、収益性や利益率の増加につながります。顧客との契約率が高いほど、収益を増やし、ビジネスの利益を改善することができます。

効率性とリソースの最適化

成約率の改善は、営業活動の効率性を向上させます。同じリソースを使ってより多くの契約を獲得することができ、時間や労力をより効果的に活用できます。

顧客満足度と信頼構築

高い成約率は、顧客との信頼関係を築く一因となります。提案や商談を成功させることで、顧客の満足度を高め、長期的な信頼関係を構築することが可能です。

戦略立案と改善

成約率を見ることで、提案や商談の成功率や障害要因を把握し、戦略の改善点を見つけることができます。これにより、プロセスやアプローチの調整が可能になります。

成約率は営業活動の成果を測る上で不可欠な要素です。高い成約率を維持するために、効果的な提案や顧客対応、戦略の改善など、様々な側面での努力が必要です。

KPIって何!?コールセンターの業務フロー図について

営業マンの負担を測る「営業案件数」の見逃せない役割

営業担当者が抱える営業案件数は、その重要性を見逃すことはできません。営業案件数が少ない場合、担当者は十分な活動を展開できなくなります。

一方で、営業案件数が多すぎると、それぞれの案件への対応が疎かになるリスクがあります。適切なバランスを見つけることが、営業活動を効果的に進めるために重要です。

営業案件数は、営業マンが担当する商談や取引の数を示す指標です。この指標は営業マンの負担や業務量を測る上で重要な役割を果たします。

その役割は以下のようになります

負担の評価

営業案件数は、営業マンが担当する商談や取引の量を示すため、その負担を評価する上で重要です。多くの案件を同時に担当している場合、負荷が大きい可能性があります。

リソースの適正な割り当て

営業案件数を把握することで、リソースを適切に割り当てることができます。案件数が多い場合、チームやリーダーは必要なサポートや補助を提供することで、業務の効率性を向上させることができます。

生産性と効率性の評価

営業マンの業務量と成果の関係を把握することができます。業務量が多くても成果が出ていない場合、業務の効率性や提案の質を見直す必要があるかもしれません。

戦略の改善

営業案件数の分析は、戦略の改善点を見つける手助けとなります。例えば、時間の使い方を最適化するために、より効果的なターゲット選定や商談のフィルタリングが必要かどうかを検討します。

ただし、営業案件数だけで負担を測ることは十分ではありません。案件の質や進行状況、成約率などと組み合わせて評価することが重要です。業務負荷のバランスを取りながら、効果的な成果を出すためのサポートが必要です。

顧客単価の重要性と売上への影響

顧客単価の向上は、売上に大きな影響を与えます。顧客単価が上がると、同じ顧客数でも売上は増加します。例えば、1万円の商品を10人に販売するよりも、50万円の商品を1人に販売する方が、売上は40万円も増加します。

顧客単価の重要性と売上への影響は次のようになります

収益性の向上

顧客単価の増加は、同じ顧客数であっても売上を増加させます。顧客が平均的により多く購入する場合、収益性が向上し、利益を増やすことができます。

売上成長の促進

顧客単価が高い場合、同じ顧客基盤からより多くの売上を生み出すことができます。新規顧客の獲得よりも既存顧客の購買額を増やすことで、売上を拡大することが可能です。

販売戦略の最適化

顧客単価は製品やサービスの価格設定に影響を与えます。適切な価格設定や販売戦略を採用することで、顧客単価を向上させることができます。

クロスセルやアップセルの推進

顧客単価を高めるために、関連する製品やサービスのクロスセルやアップセルを推進することが重要です。顧客に関連性のある追加アイテムを提案することで、顧客単価を増加させることができます。

顧客単価の向上は、ビジネスの収益性と成長に直接影響を与えます。顧客単価を上げるためには、顧客満足度の向上や付加価値の提供、効果的なクロスセル/アップセル戦略の導入など、様々な方法があります。これらの取り組みを通じて、ビジネスの売上と利益を増やすことが期待されます。

営業のタイムリーな進行を示す「受注期間」

営業から契約受注までの時間、つまり受注期間は極めて重要です。この期間を短縮することで、同じ期間内にはるかに多くの営業活動が可能となり、その結果、売上が増加することが期待されます。たとえば、契約締結までにかかる期間が3ヶ月だったものが、1ヶ月に短縮されれば、営業の成果が2倍になる可能性があります。

受注期間が短い場合、営業活動や提案の効果が高く、顧客の購買意欲や決定力が高いことを示す可能性があります。逆に、受注期間が長い場合、商談や取引の進行に問題があるか、顧客の判断が遅れている可能性があります。

受注期間の重要性とその影響は以下の通りです

営業プロセスの効率性の評価

受注期間の短縮は、営業プロセスの効率性やスムーズな進行を示します。効果的な提案や迅速な対応が、顧客の決定を促進することができます。

リード時間の最適化

受注期間の把握は、リードから顧客が決断するまでの時間を理解するのに役立ちます。この情報は、リードの質や適格性、営業活動の効果を評価するのに役立ちます。

改善点の特定

受注期間の長さは、問題や改善すべきポイントを特定する手助けをします。例えば、交渉の時間が長すぎたり、情報提供が不十分だったりする場合、これらの改善が必要かもしれません。

顧客の傾向や行動の把握

受注期間のデータは、顧客の購買行動や決定プロセスを理解するのに役立ちます。顧客のニーズや行動パターンを把握し、営業戦略を調整することができます。

受注期間を短縮するためには、顧客とのコミュニケーションを強化し、迅速な情報提供やサポートを提供することが重要です。営業プロセスや顧客との関係を改善することで、受注期間を効果的に短縮することができます。KPIとKGIを設定して営業指標やセールスに役立てる

KPIとKGIの設定方法

営業成績向上への鍵となるポイント

営業の成績を向上させるための鍵となる要素は、KPI(Key Performance Indicators)とKGI(Key Goal Indicators)の適切な設定です。営業指標を正確に定め、それらの指標を達成するための明確な戦略を持つことが重要です。成果を最大化し、セールスを伸ばすためには、KPIとKGIを継続的にモニタリングし、適切に調整することが不可欠です。これらの要素を組み合わせることで、営業の成績向上につながるカギを握ることができます。

PDCAサイクルで効果を追求する

設定したKPIやKGIに満足することなく、実際の成果を測定し、改善を重ねることが極めて重要です。成約率が低い担当者には、クロージングが得意な人を同行させるなど、PDCAサイクルを回しながら効果的な改善を実践しましょう。

PDCAサイクルは「Plan(計画)」「Do(実施)」「Check(評価)」「Act(改善)」の4つのステップで構成される手法であり、効果的な改善と持続的な進化を実現するためのプロセスです。

Plan(計画)

問題点や目標を明確にし、改善するための計画を立てます。目標設定や戦略の策定、改善すべきポイントの特定が含まれます。

Do(実施)

計画を実際に実行します。計画を具体的なアクションに落とし込み、実際の状況で実施します。

Check(評価)

実施したアクションやプロセスの結果を評価します。目標達成度や成果を測定し、計画が期待通り進んでいるかどうかを確認します。

Act(改善)

評価結果を基に、必要な改善点や修正を行います。問題点の特定や効果的なアクションを取り、次のPDCAサイクルに向けて改善を行います。

PDCAサイクルは、持続的な改善や効果の追求を可能にします。これを用いることで、問題解決やプロセスの最適化を進め、目標達成に向けて着実に前進できます。PDCAを継続的に繰り返すことで、組織や個人の成長と改善を促進し、持続可能な成功を実現することができます。

テレマーケティングを行う上で大事なPDCAって?

KPIの重要性と予算作成への影響

予算作成においては、KPIを基に前年度の実績や市場要因を照らし合わせ、具体的な売上見込みを立てます。KPIがあれば現実的で論理的な予算を策定でき、具体的な活動指標を提示することで、予算達成のための方針も明確化されます。

KPIの重要性と予算作成への影響は以下の通りです

目標設定と優先順位付け

KPIはビジネス目標と直結しており、重要な成果や領域を示します。これに基づいて目標を設定し、予算配分の優先順位を付けることができます。優先すべきKPIに資金を割り当てることで、戦略的な成果を最大化できます。

リソースの効率的な配置

KPIを理解することで、リソースの効果的な配置が可能になります。効果的なKPIに基づいて予算を配分することで、成果を最大化し、無駄な費用を削減することができます。

成果と効果の評価

KPIは予算の有効性を評価するための基準となります。予算をどのように使っているかをKPIを通じて評価し、成果との関連性を確認します。予算の使い道がKPIとリンクしていることを確保することが重要です。

透明性と意思決定のサポート

KPIを予算作成に組み込むことで、意思決定プロセスがより透明化されます。予算についての意思決定をKPIのデータや評価に基づいて行うことができます。

KPIは予算作成において、ビジネスのパフォーマンスや成果を理解し、効果的な戦略を立てる上で重要な役割を果たします。予算配分やリソースの最適化を行う際に、KPIを考慮に入れることで、目標達成に向けた効果的な戦略を構築することができます。

個別やグループ別に目標設定を行う効果

営業活動を個別やグループ単位で行う際には、それぞれに目標値を設定することが非常に重要です。これにより、具体的な数字で現状と目標が可視化され、チーム内でのコミュニケーションが活性化します。目標設定は個々の責任感を高め、業務効率や成果の向上にも寄与します。

個別やグループ別に目標設定を行うことには、いくつかの効果があります。以下にその効果を示します。

モチベーションとエンゲージメントの向上

個別の目標設定は、従業員のモチベーションを高めます。自分自身の目標を持つことで、仕事への取り組みや努力が増すことがあります。また、グループ別の目標はチームワークを促進し、メンバー間の協力や支援を奨励します。

責任の明確化と成果の測定

個別の目標設定は、従業員やチームの責任を明確化します。各個人が自身の責務や成果を追求することで、成果を測定しやすくなります。同様に、グループ別の目標設定は、チーム全体の責任を共有し、成果を定量化します。

焦点の統一と優先順位の明確化

個別やグループ別の目標設定は、業務の方向性を示し、作業の優先順位を明確化します。それぞれの目標が明確になることで、全体の目標達成に向けた行動が集中しやすくなります。

パフォーマンスの評価とフィードバック

個別の目標設定は、従業員のパフォーマンス評価やフィードバックに役立ちます。目標の達成度を評価することで、成果を見てフィードバックを行い、成長や改善を促進します。

柔軟性と適応性の向上

個別やグループ別の目標設定は、柔軟性と適応性を持たせることができます。異なる従業員や部署のニーズや能力を考慮し、目標を調整することで、最適な成果を追求できます。

個別やグループ別の目標設定は、個々の従業員やチームが自己管理し、業績を向上させる上で有効な手段です。それぞれの目標が全体の目標に貢献することで、組織全体が効果的に目標を達成しやすくなります。KPIとKGIを設定して営業指標やセールスに役立てる

まとめ 成功への第一歩は明確な指標設定から!

営業の成果を最大化するには、正確で明快な指標が不可欠です。KPIとKGIの適切な設定は、ビジネスの方向性を示し、目標達成に向けた道筋を整えるのに役立ちます。ただし、設定しただけでは効果はありません。定期的な評価と柔軟な調整が成功の鍵です。適切なKPIとKGIを設定し、それらを活用することで、ビジネスの成長やセールスの向上に大きな影響を与えることができます。成功を掴むための第一歩は、明確な指標設定から始まります。

この記事で紹介された手法を実践し、常に改善を意識しながら、ビジネスの成果を最適化していくことが大切です。指標の設定と定期的な見直しを行いながら、ビジネスの方向性を正しく導き、成功につなげていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. CRM顧客管理システムのカスタマイズがコールセンターにもたらす影響は?
  2. コールセンターに強い派遣会社に登録しよう
PAGE TOP