テレマーケティング・インバウンドとアウトバウンドの違いとは?

テレマーケティング・インバウンドとアウトバウンドの違いとは?

│ 最終更新日:2024年01月29日 │

”インバウンド”と”アウトバウンド”を成立させる為には

テレマーケティングはお客さんやクライアントと「電話」で連絡のやり取りをして、商品の売買を成立させるマーケティング手段です。

一般的にテレフォンアポイントメント専門企業や通信販売のコールセンターなどが実行します。

現代では携帯電話や固定電話機を利用して売買契約を結ぶのが一般的になっています。

電話なくしてテレマーケティングを行うことはできませんから、テレフォンアポイントメント専門企業などにとっては必需品です。

テレマーケティング・インバウンドとアウトバウンドの違いとは?

テレマーケティングは簡単ではなく、時代の流れは昭和や平成初期と違って、大幅に変わってしまいました。

そして、企業が通信を介してお客さんやクライアントを獲得する事も難しくなってきており、企業戦争は盛んですから、同業者が様々な策を用いて、宣伝や謳い文句をスムーズにしようとします。

値下げや初回無料や低額などのアクション、メリットだらけのサービスや商品を提供しなくては、インバウンドやアウトバウンドは成立しにくいでしょう。

コールセンターバイトの決定的な違いはこれ!インバウンド vs アウトバウンド業務って?

 

”インバウンド向き””アウトバウンド向き”のオペレーターを見定めましょう

テレマーケティングを円滑にしたいなら、多大な成果が期待される手法をおすすめします。

テレフォンアポイントメント専門企業や通信販売系会社は、電話を利用する場合は必然的にインバウンドとアウトバウンドを行わなくてはいけなく、そうしなければ商売や売買契約は成り立たないので注意が必要です。

インバウンドとは企業や会社の社員やオペレーターが、既存会員や新規のお客さん、もしくは問い合わせしたい人の電話を受ける業務です。

通信販売系の会社なら社員、オペレーターが電話を待つ事が基本であり、呼び鈴がなれば速やかに出なくてはいけません。

そのような受け身な仕事は大変ですが、そつなく仕事をこなしていく方は優秀なオペレーターでしょう。

テレマーケティング・インバウンドとアウトバウンドの違いとは?

仕事はストレスが伴いますが、テレフォンアポイントメントやコールセンターの業務は特にハードなところがあります。

逆にアウトバウンドは企業や会社のオペレーターや社員が、お客さんや問い合わせした人に電話をかける行為を意味します。

テレフォンアポイントメントの業務は、商品の紹介をしたり、商品を購入してくれる様に他人様に電話を差し上げますが、簡単には行きません。

厳しい世界で知られていますが、通信販売系会社の勧誘すら直ぐに断られる可能性もあり、実際にアウトバウンドを受けた方は断るのは簡単ですが、電話をかけた会社や企業は大変です。

インバウンドの方がスムーズに作業しやすいと思うオペレーターも中にはいるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. 【営業マン必見】営業力の真髄とは?トップセールスが成功する秘訣を探る
  2. コールセンターの顧客満足度アップはCS向上の事例を参考に
PAGE TOP