コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

 

 

面接に落ちる人の特徴はズバリこれ

 

 

コールセンターのアルバイトは人気が高いです。

 

 

他のアルバイトと比べると時給は高めで、髪型や服装なども自由なことが多く働きやすいです。

 

 

短時間勤務で済みますから隙間時間を有効活用したい人や、副業をやりたいという人からも選ばれています。

 

 

求人自体もよく出ていますからチャンスも多くトライしてみる価値は大いにあります。

 

 

しかし働くにはまず面接をクリアしなければいけません。

 

 

ところがアルバイト面接とは言え落ちる人も珍しくなく、これからトライする際にも面接で苦労してしまうかもしれません。

 

 

コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

 

 

面接に合格できない人にはどんな特徴があるのか解説してみると、まず最低限のマナーすら持ち合わせていなさそうに見える人は注意が必要です。

 

 

これはコールセンターの仕事に限ったことではありませんが、マナーがない人は面接官からも嫌われてしまう可能性があります。

 

 

仕事を行ってもらう以上、一般常識がなさそうな人では不安が残るものですし、特にコールセンターの仕事は時に大事な顧客を相手にします。

 

 

顧客から電話が掛かってきた時にも失礼があるようなら大問題です。

 

 

窓口での対応が良くないと会社としての印象が悪くなる上、今はネット上で簡単に悪評も広まってしまいます。

 

 

マナーがない人はリスクとなり得ますからアルバイト面接でも不利になるのは無理もないでしょう。

 

 

 

落ちる理由を改善しよう

 

 

マナーがない人

 

 

ではどんな人がマナーがないと思われやすいのか、ひとつに時間を守らない人です。

 

 

例えば面接の時にも遅れてやってきたり、遅れるにも関わらず連絡をしなかったりするような人は印象が良くありません。

 

 

コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

 

 

他にも言葉遣いの面でも判断されます。

 

 

仮に面接官を相手にタメ口をきくようなことでもあれば印象はガタ落ちでしょう。万一、顧客にそのような口のきき方でもすればトラブル必至です。

 

 

マナーはどんな仕事に就く上でも必須ですが、顧客相手にする場合は特に求められます

 

 

その点における判断でマイナスの評価を受けると採用が難しくなりますから、最低限の一般常識は持って臨むようにした方が良いでしょう。

 

 

 

受け答えがしっかりできない人

 

 

ハキハキとした受け答えができるかどうかもチェックポイントです。

 

 

顧客から電話を受ける時、あるいは反対に掛ける時、モゴモゴと話すような人では困ります。

 

 

当然のことながら会社自体の印象にも影響しますので、そのような性質が見られるようなことがあれば不採用に至る可能性が高いでしょう

 

 

その点を踏まえて、アルバイト面接の際にもしっかりとした受け答えができるように練習しておくことをおすすめします。

 

 

明るく元気にはっきりとした口調で対話ができるようならば印象は良く、採用してもらえる可能性もアップするはずです。

 

 

コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

 

 

知的な会話ができるかどうかによっても採用の可否が判断されることがあります。

 

 

例えば顧客からの問い合わせを受ける際、マニュアル的な対話をするだけでなく、時には自分の言葉で説明をしなければいけないこともあるでしょう

 

 

そうしたシチュエーションに置かれた時に、言葉の使い方に難があったり語彙の少なさが顕著だったりするようでは不安材料になり得ます。

 

 

面接官からは業務がこなせそうなスキルが備わっているのかチェックされますので、きちんと言葉で説明ができるように練習をしておくと有利にアルバイト面接も進めやすくなるでしょう。

 

 

 

タイピングがスムーズにできない人

 

 

タイピングがスムーズにできないのも落ちる原因として考えられます。

 

 

業務の際にはパソコンを使って問い合わせへの答えを探したり解決へ導いたりをしますが、その際に上手くタイピングができないのは不利です

 

 

コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

 

 

問い合わせをしてきた顧客を待たせてしまう上、業務としての効率性も良くありません。

 

 

一件一件の処理に時間を掛けてしまう人よりも、迅速に対処していける人の方が採用の面では有利です

 

 

したがって最低限のタイピングスキルは身に着けておいた方が良いでしょう。

 

 

 

営業スキルの有無も大事

 

 

その他にも営業スキルの有無も判断の目安にされていることがあります。

 

 

特に重視される可能性が高いのは、アウトバウンドでの募集の場合です。

 

 

これはコールセンター側から顧客へと連絡をして営業を掛けるというものですが、営業目的での発信ですのでスキルがなければ採用は難しくなります。

 

 

いくら人材を沢山配置しても、収益に繋がらないようでは単なるコストになってしまいますから、採用の際にも自ずとスキルを求める姿勢も高まってしまうのです

 

 

コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?

 

 

したがって営業経験及びスキルがないと採用のハードルは高くなり、求められる人物像にそぐわないと落ちてしまう確率もアップするでしょう。

 

 

アウトバウンドでの働き方には厳しさを感じる場合は、インバウンドでの求人に注目した方が良いと言えます。

 

 

こちらは掛かってくる電話を捌くための業務であり、一般常識があり知的にハキハキと受け答えができるようなら割とすんなり採用されることもあるです。

 

 

どのような業務に応募するかによっても難易度は違ってきますから、コールセンターで働きたい時にも、どんな業務が自身にマッチしているのかを踏まえながら求人を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 派遣会社のコールセンター求人のキャリア事情とは
PAGE TOP