コールセンターでの業務を支えるCTIシステムの仕組み、知っていますか?

│ 最終更新日:2024年02月28日 │

コールセンターでの業務をスムーズに支えるCTI(Computer Telephony Integration)システムは、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となっています。この技術は、通話管理や顧客情報の統合を可能にし、効率的な顧客対応を実現します。CTIシステムがどのようにして業務をサポートし、なぜ重要なのか、詳細に掘り下げていきましょう。

CTIシステムとは

コールセンターにおいて重要な役割を果たすCTI(Computer Telephony Integration)システムは、通信技術とコンピューター技術を組み合わせたソリューションです。このシステムは、電話やコンピューターを連携させ、効率的なコミュニケーションと業務処理を実現します。顧客との円滑なコミュニケーションを支援し、コールセンターの生産性向上に寄与します。CTIシステムの仕組みについて理解を深めましょう。

効率的な顧客情報管理

顧客情報管理は、現代のビジネスにおいて重要な要素の一つです。CTIシステムは、顧客情報を効率的に管理するための有力なツールの一つです。このシステムは、さまざまな情報を一元管理し、手動ではなくコンピューターシステムによって情報を管理します。

顧客情報の一括管理により、企業は登録されている顧客の情報に簡単にアクセスできます。顧客の購買履歴や個人情報などの重要なデータを素早く把握することができるため、顧客との関係をより深めることができます。また、顧客からのフィードバックも容易に収集できるため、商品やサービスの改善に活かすことができます。

CTIシステムを活用することで、顧客情報管理の効率化が図られます。顧客との関係をより強固にし、ビジネスの成長を促進するために、このようなシステムの導入は必須と言えるでしょう。

CTI(Computer Telephony Integration)システムは、コンピュータと電話システムを統合して、効率的な通信と顧客サービスを実現するための技術です。CTIシステムは、顧客との通話や通信を自動化し、顧客情報を管理するのに役立ちます。

CTIシステムの主な機能には、以下のようなものがあります。

自動発信および受信

CTIシステムは、自動的に電話を発信したり受信したりすることができます。これにより、顧客サービス担当者は手動で電話をかける必要がなくなり、効率が向上します。

顧客情報の統合

CTIシステムは、顧客の情報(例:名前、連絡先、注文履歴など)をデータベースに統合し、顧客が電話をかけてきたときに自動的に表示することができます。これにより、担当者は顧客との会話中に関連する情報を素早く参照できます。

自動ルーティング

CTIシステムは、顧客の電話を適切な担当者や部署に自動的にルーティングすることができます。例えば、特定の製品に関する問い合わせは製品サポートチームに、請求に関する問い合わせは会計チームにルーティングされます。

自動応答

CTIシステムは、音声認識技術を使用して、顧客の電話に自動的に応答することができます。これにより、一般的な問い合わせや処理が自動化され、顧客が待ち時間を減らし、迅速な対応を受けることができます。

CTIシステムは、顧客サービスの向上、生産性の向上、コスト削減などの利点を提供します。多くの企業がCTIシステムを導入し、顧客とのコミュニケーションを効率化しています。

MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

小規模企業から大企業まで利用される便利なシステム

CTIシステムは、大企業だけでなく、中小企業などの小規模な会社でも広く利用されています。これは、その柔軟性と効率性によるものです。このシステムは、顧客とのコミュニケーションを円滑にし、業務の効率化を図ることができるため、企業規模に関係なく多くの企業が採用しています。

CTIシステムの開発は、電話やFAXなどの通信手段をコンピューターと連携させることを目的として行われました。特に、コールセンターでは顧客の問い合わせや情報管理が必要とされるため、CTIシステムは顧客対応の効率化に貢献しています。顧客からの問い合わせが入ると、システムが自動的に顧客情報を取得し、担当者に通知することで、スムーズな対応が可能となります。このような機能は、大企業だけでなく、中小企業にとっても非常に有益です。

以下に、異なる規模の企業がCTIシステムを利用する理由とその利点を示します。

小規模企業

コスト効率性

小規模企業でも、CTIシステムを利用することで通信コストを削減し、効率的な顧客サービスを提供できます。

生産性向上

自動化された電話応答や自動ルーティングにより、スタッフの負荷が軽減され、業務効率が向上します。

顧客サービスの向上

顧客情報の統合や迅速な対応により、小規模企業も顧客に高品質なサービスを提供できます。

中規模企業

拡張性

中規模企業でも、成長に合わせてCTIシステムを拡張することができます。新しい機能やモジュールを追加して、ビジネスニーズに対応できます。

顧客満足度の向上

自動化されたプロセスや迅速な対応により、顧客満足度を高めることができます。顧客が円滑なコミュニケーションを享受できるため、企業の評判や信頼性が向上します。

大企業

大量の通信処理

大企業では、大量の電話やコミュニケーションを処理する必要があります。CTIシステムは、このような大量の通信を効率的に処理し、顧客との接触を最大化します。

データ分析

大規模なデータベースを活用して、顧客の傾向やニーズを分析することができます。これにより、ビジネス戦略の改善や新たな機会の発見が可能となります。

CTIシステムは、企業の規模や業種に関係なく、顧客サービスの向上や生産性の向上に貢献します。そのため、さまざまな規模の企業がCTIシステムを導入しています。当たり前のようにコールセンターで利用されているCTIシステムの仕組みを理解しよう

電話をしながら顧客の情報が確認できる

CTIシステムは、コールセンターにおいて業務を効率化する重要なツールです。このシステムを利用することで、コールセンターのオペレーターは電話をかけながら顧客の情報をリアルタイムで確認することが可能です。顧客の履歴やアカウント情報など、必要な情報を素早くアクセスできるため、スムーズな対応が可能となります。これにより、顧客満足度の向上や業務効率の向上に貢献します。

電話からの情報収集

ユーザーが利用している携帯デバイスや自宅の電話には、通話相手の情報がナンバーディスプレイに表示されることが一般的です。しかし、このような個別の情報管理を、大規模かつ効率的に行うことができるのがCTIシステムの魅力です。

電話がかかってきた際には、CTIシステムがその電話からさまざまな情報を収集します。顧客の名前や連絡先、過去の取引履歴など、重要な情報が自動的に抽出され、ディスプレイに表示されます。これにより、オペレーターは通話の開始時点から顧客情報にアクセスし、迅速かつ正確な対応が可能となります。

CTIシステムの導入により、顧客対応の効率化だけでなく、顧客満足度の向上やビジネスの成果を高めることが期待されます。電話からの情報収集は、CTIシステムが提供する多くの利点の一つであり、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となっています。

以下に、CTIシステムが電話から情報収集を行う方法とその利点を示します。

自動化されたコールルーティング

CTIシステムは、電話がかかってきた際に発信者の情報を分析し、適切な担当者や部署に自動的にルーティングします。これにより、顧客は迅速に正しい相手につながり、待ち時間が短縮されます。

パーソナライズされたサービス

CTIシステムは、発信者の情報をデータベースから取得し、顧客の過去の取引履歴や要件などを表示します。これにより、担当者は電話応対中に個別のニーズに対応しやすくなり、よりパーソナライズされたサービスを提供できます。

スクリーンポップアップ

CTIシステムは、電話がかかってきた際に顧客情報を自動的に表示する機能を提供します。これにより、担当者は電話に出る前に顧客の情報を把握でき、より迅速かつ効果的な対応が可能となります。

コールログとレポーティング

CTIシステムは、通話の記録やデータの収集を行い、コールログやレポートを生成します。これにより、企業は通話の傾向やパフォーマンスを分析し、顧客サービスの改善に役立てることができます。

音声認識技術の活用

一部のCTIシステムは、音声認識技術を使用して通話内容をテキスト化し、データベースに保存します。これにより、通話内容を簡単に検索したり分析したりすることが可能となります。

CTIシステムを利用することで、電話からの情報収集を自動化し、効率的な顧客サービスを実現することができます。

BtoBでのMAツールとCTIシステムを連携させたインサイドセールス

自動情報表示機能の利便性

自動情報表示機能は、顧客対応を効率化するための重要なツールです。この機能は、電話がかかってきた際に自動的に顧客の情報や過去の取引履歴などをディスプレイに表示することができます。さらに、ポップアップ機能が付いているため、これらの情報を瞬時に把握することが可能です。

このような機能があると、コールセンターや顧客サポートセンターなどの業務において非常に便利です。顧客が電話をかけてきた時点で、オペレーターは顧客情報をすぐに確認することができ、迅速かつ正確な対応が可能となります。

さらに、電話番号を事前に登録しておくことで、その電話番号から顧客の情報を自動的にピックアップすることも可能です。これにより、顧客からの問い合わせに対して、再度顧客に同じ情報を聞く必要がなくなります。また、どのようなサービスが利用されているかなどの情報も簡単に把握できるため、効率的な顧客対応が実現します。

自動情報表示機能は、顧客満足度の向上や業務効率化に大きく貢献する重要な機能であり、現代のビジネス環境において欠かせない要素となっています。

以下にその利便性をいくつか挙げます。

迅速な情報参照

電話がかかってきた瞬間に顧客情報が自動的に表示されるため、担当者は電話に出る前に顧客の情報を素早く参照できます。これにより、顧客に待ち時間を与えずに迅速な対応が可能です。

パーソナライズされたサービス提供: 自動情報表示機能により、顧客の過去の取引履歴や問い合わせ内容などを把握できます。これにより、担当者は顧客に対してよりパーソナライズされたサービスを提供できます。顧客が過去のやり取りに関する説明を繰り返す必要がなくなり、スムーズな対応が可能です。

効率的な問題解決

顧客の問題や要望を素早く理解し、適切な解決策を提供することができます。自動情報表示機能により、担当者は顧客とのコミュニケーション中に追加の情報を簡単に参照できます。

顧客満足度の向上

迅速で効果的な対応やパーソナライズされたサービス提供により、顧客満足度が向上します。顧客は自分が重視する情報が適切に扱われていると感じ、良好な顧客体験を享受することができます。

ヒューマンエラーの軽減

担当者が手動で顧客情報を検索する必要がなくなるため、情報の入力ミスや見落としなどのヒューマンエラーが軽減されます。これにより、正確な情報提供が保証されます。

自動情報表示機能は、顧客サービスの効率性と品質を向上させるための重要なツールであり、多くの企業がこれを導入しています。当たり前のようにコールセンターで利用されているCTIシステムの仕組みを理解しよう

着信履歴が表示できる

CTIシステムは、コールセンターでの業務を効率化するために不可欠なツールの一つです。その仕組みの中で、着信履歴の表示機能が特に重要です。この機能を活用することで、オペレーターは顧客からの過去の通話履歴を簡単に確認することができます。これにより、顧客との対話をより円滑に進めることが可能となります。さらに、顧客に対するよりパーソナライズされたサービス提供も実現します。

着信履歴の利便性

着信履歴は、企業や個人が電話を受けた履歴を管理するための重要な機能です。このようなシステムは、特に会員登録が必要な企業が頻繁に利用しており、通信販売やサポートセンターなどの業務に広く活用されています。顧客からの電話を受ける際には、過去の通話履歴を確認することで、より効果的な対応が可能となります。

着信履歴の表示には、携帯デバイスや自宅の電話で利用されている着信履歴と同様の機能が備わっています。しかし、CTIシステムによる着信履歴の管理は、保存件数が非常に多く、何百件、何千件という大量の情報を効率的に管理することができます。さらに、検索や並べ替えなどの機能が提供されるため、必要な情報を迅速かつ簡単に見つけることができます。

このように、着信履歴の利便性は、顧客対応や業務効率化に大きく貢献しています。情報の迅速な把握や管理が可能となるため、ビジネスの効率化や顧客満足度の向上に寄与します。着信履歴の管理は、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となっています。

CTIシステムにおける着信履歴の利便性は、以下のような点が挙げられます。

顧客履歴の参照

CTIシステムが記録する着信履歴には、過去の顧客との通話や連絡履歴が含まれます。担当者はこれらの履歴を参照することで、顧客との過去のコミュニケーションや問題の解決状況を把握することができます。これにより、顧客に対してより適切なサポートや助言を提供することが可能です。

効率的な顧客サポート

担当者は顧客からの問い合わせに迅速かつ適切に対応するために、過去の通話や連絡履歴を参照することができます。これにより、顧客の問題や要望を迅速に理解し、効果的なサポートを提供することができます。顧客は繰り返し問題を説明する必要がなくなり、スムーズなサービスを受けることができます。

顧客関係の強化

着信履歴を参照することで、担当者は顧客の好みやニーズを把握し、その情報を活用してよりパーソナライズされたサービスを提供することができます。顧客は自分が理解されていると感じ、より強い関係を築くことができます。

問題解決の追跡

顧客からの問題や要望が解決された場合、担当者は着信履歴を更新して解決状況を記録することができます。これにより、将来のコミュニケーションや問題の追跡が容易になります。顧客は自分の問題が真剣に取り扱われていると感じ、信頼関係が深まります。

分析と改善

CTIシステムが記録する着信履歴は、顧客の傾向や需要を分析するための貴重なデータ源となります。企業はこれらのデータを活用してサービスの改善やビジネス戦略の調整を行うことができます。

これらの利点により、CTIシステムにおける着信履歴は、顧客サービスの向上や顧客関係の強化に貢献します。当たり前のようにコールセンターで利用されているCTIシステムの仕組みを理解しよう

通話を録音することができる

CTIシステムは、コールセンターでの業務を効果的に支える多機能なツールです。その中でも、通話を録音する機能は特に重要です。この機能を活用することで、オペレーターは顧客との通話内容を正確に記録し、必要な情報を後で簡単にアクセスできます。また、録音された通話データはトレーニングや品質管理のために活用されることもあります。これにより、顧客満足度の向上や業務効率化に貢献します。

通話記録の有用性

電話を利用した業務においては、顧客とのコミュニケーションを効果的に管理するために、通話録音機能が一般的に利用されています。

通話録音機能は、顧客との対話内容を記録するための機能であり、顧客と会社間の紛争やトラブルを回避するための重要な手段となっています。近年では、通話記録が証拠として法的に認められることが増えており、特に法的紛争が起きた際には重要な証拠となります。

通話記録はデータとして保存されるため、接客やサービス提供におけるトラブルの解決に役立ちます。例えば、顧客からの不服やクレームがあった場合、通話記録を参照することで事実関係を明らかにし、スムーズな問題解決につなげることができます。また、通話を録音することで、顧客対応の質を向上させることも可能です。

さらに、通話録音機能の導入は、会社側のリスク管理にも役立ちます。モンスタークレーマーなどの問題顧客からのクレームや訴訟リスクを予防するために、通話記録は重要な役割を果たします。

CTIシステムにおける通話記録の有用性は次のように言えます。

顧客サポートの向上

通話記録は、顧客との通話内容を記録するため、顧客サポートを向上させます。顧客が同じ問題について複数回問い合わせる場合でも、過去の通話履歴を参照することで、問題の解決に向けた正確な情報を提供できます。これにより、顧客は迅速かつ効果的なサポートを受けることができます。

トレーニングと品質管理

通話記録は、新入社員のトレーニングや品質管理のための貴重な資料となります。トレーナーや上司は、通話記録を使用して、従業員のコミュニケーションスキルやサポートの品質を評価し、必要に応じて改善を促すことができます。

法的およびコンプライアンス要件の遵守

通話記録は、法的な紛争やコンプライアンス要件の遵守に役立ちます。顧客との通話内容が紛争の解決に必要な場合や、法的な問題が発生した場合、通話記録は重要な証拠となります。また、特定の業界では、通話記録の保存が法的な義務とされていることがあります。

顧客関係管理と分析

通話記録は、顧客関係の強化やビジネスインテリジェンスのための貴重なデータ源となります。通話の内容や傾向を分析することで、顧客のニーズや要望を把握し、顧客により適切なサービスや製品を提供するための洞察を得ることができます。

効率的なフォローアップ

通話記録は、顧客とのやり取りの詳細を記録するため、効率的なフォローアップを可能にします。顧客が問題を報告した場合や、特定のアクションアイテムが必要な場合、通話記録を参照することで、適切な対応やフォローアップを行うことができます。

これらの利点により、CTIシステムにおける通話記録は、顧客サポート、品質管理、法的遵守、顧客関係管理などのさまざまな側面で非常に有用です。

総じて、通話記録の有用性は顧客サービスの向上や法的保護のために不可欠であり、コールセンターでの業務を支えるCTIシステムにおける重要な要素の一つです。当たり前のようにコールセンターで利用されているCTIシステムの仕組みを理解しよう

電話をコントロールする事ができる

CTIシステムは、コールセンターの業務を効率的に支援するために開発された重要なツールです。その中でも、電話をコントロールする機能は特に優れています。この機能により、オペレーターは電話の発信や受信、保留、転送などの操作を簡単に行うことができます。また、顧客との通話中に必要な情報をリアルタイムで表示したり、スクリプトを自動的に表示することも可能です。これにより、より迅速かつ正確な対応が実現し、顧客満足度の向上につながります。

電話制御機能の役割

顧客対応だけでなく、電話を受け取るオペレーターの負担を軽減するための機能もCTIシステムには付いています。電話制御機能は、CTIシステムにおいて非常に重要な役割を果たしています。特にコールセンターなどでCTIシステムが利用されている場合、オペレーターへの電話集中や対応の困難さといった問題が生じることがあります。

この機能を導入することで、電話を他のオペレーターに効率的に分散させることが可能です。例えば、オペレーターへの電話が集中してしまった場合、電話制御機能によって自動的に他のオペレーターに電話が振り分けられます。これにより、全てのオペレーターが適切な負荷で業務を行うことができます。

また、電話がかかってきた顧客の情報もきちんと伝達されるため、オペレーターは顧客に対して再度情報を確認する必要がありません。例えば、顧客が以前に問い合わせた内容や購入履歴などの情報が自動的に表示されるため、オペレーターはより効率的に対応することができます。これにより、オペレーターと顧客のストレスを軽減し、円滑なコミュニケーションを実現します。

電話制御機能の導入により、電話の効率的な管理が可能となります。データの収集や蓄積も容易に行えるため、企業にとって大きなメリットがあります。結果として、顧客満足度の向上や業務効率化につながり、ビジネスの成果を最大化することができます。

CTI(Computer Telephony Integration)システムの電話制御機能は、コンピュータと電話システムを統合して、通話の制御や管理を可能にする重要な役割を果たします。以下にその主な役割を示します。

自動発信と受信

CTIシステムは、電話の発信と受信を自動化します。これにより、担当者は手動で電話をかけたり取ったりする必要がなくなり、業務の効率性が向上します。

コールルーティング

電話制御機能は、着信電話を適切な担当者や部署にルーティングします。顧客の電話を正しい担当者に素早く転送することで、待ち時間を最小限に抑え、顧客サービスの品質を向上させます。

通話転送と会議

CTIシステムは、通話を他の担当者や部署に転送したり、複数の人との会議通話をセットアップしたりすることができます。これにより、連携して業務を進めるための柔軟性が高まります。

ボイスメール管理

電話制御機能は、ボイスメールの受信、再生、削除などを管理します。担当者が不在の場合や通話が転送された場合に、顧客からのメッセージを効果的に管理することができます。

通話記録と分析

CTIシステムは通話の記録や分析を行います。通話の時間や長さ、通話内容などのデータを収集し、顧客サービスの向上や業務プロセスの改善に役立てます。

音声認識

一部のCTIシステムは、音声認識技術を使用して通話内容をテキスト化します。これにより、通話の内容を簡単に検索し、効率的な顧客サポートを実現します。

これらの電話制御機能により、CTIシステムは効率的な通信と顧客サービスの提供を支援し、企業の業務プロセスを効率化します。当たり前のようにコールセンターで利用されているCTIシステムの仕組みを理解しよう

まとめ 次世代のコールセンターを実現するCTIシステムの重要性

CTIシステムは、コールセンターの業務を効率化し、顧客満足度を向上させる革新的なテクノロジーです。このシステムの導入は、ビジネスの競争力を高めるだけでなく、顧客との関係を深める重要な手段となります。CTIシステムが提供するリアルタイムの情報統合や通話管理機能は、顧客対応の迅速化や精度向上に大きく貢献します。さらに、これらの機能は顧客とのコミュニケーションをより個別化し、カスタマーエクスペリエンスを強化するための基盤として機能します。したがって、CTIシステムの導入は、今日のビジネス環境において不可欠であり、未来のコールセンターにおいてもさらなる進化を遂げることが期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. 【営業マン必見】営業力の秘密!ビジネスに与える大きな影響とは?
  2. コールセンターの将来性と今後の展望、業界課題を探る!
  3. アウトバウンドコールセンターの適性を知る!向いている人、向いていない人の特徴は?
PAGE TOP