売れる営業マンになるために営業力アップに繋がる大事なポイントとは

 

数字で稼ぐという事はかなりシビア

 

特定のサービスや商品を顧客になりそうな人に紹介し、売買を成立させる事が営業マンの仕事です。

 

そのため、結果と評価が繋がっており、売れる営業マンとはその結果すなわち売買を成立させた件数が多い人を指しています。

 

逆に言えば売れない営業マンはノルマすら達成できない人です。

 

営業マンに限った話ではありませんが、数字で稼ぐという事はかなりシビアだと断言できます。

 

売れる営業マンになるために営業力アップに繋がる大事なポイントとは

 

例えば、自身のセンスを使って様々な楽曲を手掛けるアーティストにとっての数字は、曲の売り上げやフォロワー数などです。

 

これらが多ければ多いほど人気がある事を示しており、大規模な会場を借りてライブ活動を行えます。

 

反対に、数が少なければ活動を縮小しなければならないです。

 

この辺りの事情は一般人も心得ており、それゆえに営業マンに対してネガティブなイメージを抱く人が沢山います。

 

結果を出さなければ評価されない現実はもちろん、昨今におけるネット社会の発達によって営業マンでなくても商品を紹介してお金を稼げるアフィリエイトなどの登場と普及により、かつての面影はなくなりつつあるのが現状です。

 

とはいえ、今でもそこで頑張っている人はいます。

 

 

 

徹底的な自己分析が重要です

 

無論なかなか成績を出せない人もいるでしょうが、その人たちは営業力アップに繋がる大事なポイントを心得ていないだけです。

 

営業力アップに繋がる大事なポイントは売れる営業マンになるだけではなく、他の分野でも役立つところがあります。

 

その第一歩は徹底的な自己分析で、自分の性格や考え方などを把握する事で営業スタイルの確立と同時に他人を分析できるようにしていく事が目標です。

 

営業では顧客候補となる人と自分によるワンツーマンで進められていきますが、そのやり方は営業マンに任されています。

 

具体的な数字やたとえを持ち出しても良いですし、前ぶりとして偉人のエピソードや利用者の実体験から始めても構わないです。

 

けれども、対話中はどうしても自身の性格が現れてしまい、上手くいかないケースもあります。

 

例を挙げるなら腰が重い性格であれば中々引き下がらず、相手に不快感をもたらすリスクが考えられるなどです。

 

いずれにしても、自分自身を知る事は損ではないため、自己診断を推奨します。

 

売れる営業マンになるために営業力アップに繋がる大事なポイントとは

 

自己診断は就職者で用いられており、ネットで検索するとエニアグラム無料診断といった多種多様な診断が紹介されているので簡単に利用可能です。

 

ただし、他人を分析する場合は心理的な知識が求められます。

 

同時に常に疑問を持ち、考えなくてはならないです。

 

会話をしながら相手の発言を用心深く聞き、独身者なのか既婚者なのか、職業は何か、家は持ち家なのか借り家なのか、そういった懐具合を探ってこちらがその人に合ったものを提供していけば無駄を省けるだけでなく、欲求を満たせるアピールができます。

 

それに対して、反応するかどうかは運次第であるものの、少なくとも受注が成立させるチャンスが高くなるのは言うまでもないです。

 

しかし、自己分析と人間観察だけでは売れる営業マンになったとはわけではなく、さらに自身を磨く必要があります。

 

 

失敗した営業を振り返る事も大事なポイント

 

そのうちの1つが利他的な行動、すなわち組織に貢献する事です。

 

社会人である以上、当たり前と言えば当たり前ですが組織に貢献するとは職場の人間を大切にする事を指しています。

 

上司や同僚、そして部下などに信頼されれば自分の利益を得る機会は自然と多くなるものです。

 

売れる営業マンになるために営業力アップに繋がる大事なポイントとは

 

具体的には仕事をこなしつつ、職場の人間が困っていたら手助けしていけば信頼関係が築けます。

 

人によっては現状において手助けするのが難しいかもしれませんが、コミュニケーションだけは諦めてはいけないです。

 

それから失敗した営業を振り返る事も大事なポイントと言えます。

 

 

顧客の意思を尊重していたか?

 

一連の出来事を振り返り、「どこが悪かったのか」と考えて失敗したところを見出して見直していけば顧客を獲得する能力が高まっていくだけではなく、別の営業で活かせるはずです。

 

あとは顧客と契約を結ぶために外せない行動、もといクロージングのスキルを上げていく必要もあります。

 

クロージングは今持つ必要性や将来の利益、そして断る理由を潰すなど様々なポイントはあるものの、顧客の意思を尊重する事が大切です。

 

要するに相手の話から契約成立に繋がる情報を収集し、それらを踏まえたうえで交渉していく話術を身につけなくてはなりません。

 

もちろん義務はないですが、テクニックの有無で契約成立の数が稼げる可能性は十分あります。

 

 

プロジェクトを管理できるスキルは?

 

 

他にも管理能力もまた必須スキルです。

 

いわゆる待ち合わせの時間や納期を守ったりなどを行うマネージメントは仕事でも活躍でき、特に納期がある場合は適切な行動を提案できます。

 

売れる営業マンになるために営業力アップに繋がる大事なポイントとは

 

もっともかなりのレベルが求められており、自分自身の仕事内容すら分解したうえで洗い流すようにならなければいけないです。

 

管理能力は案件が大型であればあるほど重要なスキルでありますが、案件が大型だと今度はプロジェクトを管理できるスキルが必要になっていきます。

 

こちらは政治的もしくは経済的な判断が求められるので難しいですが、売れる営業になるためには避けては通れないです。

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターの求人の探し方と働き方のまとめ
  2. コールセンターでも注目されるCRM顧客管理システムとSFA
  3. 経営幹部は営業組織を役職でまとめて管理を徹底させる
PAGE TOP