テレマーケティングで欠かせないアウトバウンドの利点と基礎知識

│ 最終更新日:2024年01月29日 │

テレマーケティングにおける代名詞的なアプローチ方法

テレマーケティングは、顧客にアプローチするダイレクトマーケティングの一種で、商品やサービス、あるいはそれらに関連するキャンペーンに活用するのが一般的です。

アウトバウンドとは、テレマーケティングにおける代名詞的なアプローチ方法で、顧客情報のデータベースを元に案内を行うのが特徴です。

具体的には、以前の注文情報や問い合わせ内容がデータベースに登録され、そこから対象者を選び取って電話を掛ける流れとなります。

テレマーケティングで欠かせないアウトバウンドの利点と基礎知識

電話をする相手の選び方は様々ですが、通常は特定の性別や年齢の範囲であったり、無作為や登録順に選ばれるケースもあります。

一度情報をデータベースに登録することで、顧客にアプローチできるチャンスが生まれますから、企業は顧客情報をとても価値のあるものと見なしますし、効果的に活用したいと考えていることも少なくありません。

 

テレマーケティングではアウトバウンドが選ばれやすい傾向で人気です

アウトバウンドの代表的な利点は、企業が情報を提供したいタイミングで相手を選べること、そして能動的にアプローチが行える二つです。

また、提供情報は商品やキャンペーンの案内を始めとして、カタログの送付案内にも活用できるのが魅力といえます。

これまでの商品注文履歴を見てから、次の購買に繋がる可能性の高い顧客を選ぶ、という手法が使えるのもアウトバウンドらしい利点です。

テレマーケティングで欠かせないアウトバウンドの利点と基礎知識

テレマーケティングの他の方法には、先に顧客見込み客に情報提供をして、受動的にコンタクトを待つやり方もあります。

しかし、待つだけで生み出せる結果には限界がありますから、現在のテレマーケティングはアウトバウンドが選ばれやすい傾向で、人気が高まっていると考えられます。

 

タイミングを計って顧客とコンタクトを取りましょう!

顧客情報の数や質が今後の結果を左右するので、まずは情報を取得することが重要です。

過去の顧客の購買履歴は、企業にとって商品販売の実績ですから、次もまた買ってもらえる確率が高いことを意味します。

これは、キャンペーンの問い合わせやカタログの請求に置き換えても同様で、同じアクションの成功率が高くなる可能性を秘めていると分かります。

個人情報の提供を求めるアンケートであれば、店頭などでの直接的なアプローチや、インターネットでも幅広く顧客情報の取得に期待できます。

テレマーケティングで欠かせないアウトバウンドの利点と基礎知識

勿論、個人情報の取り扱いには細心の注意が不可欠ですし、テレマーケティングならなおさらコンタクトに繊細さが必要となるでしょう。

顧客の望まないタイミングでのアプローチはネガティブに捉えられてしまいますから、受け入れてもらいやすい相手を絞り込めたり、タイミングを計ってコンタクトできることがアウトバウンドの利点となります。

【eBook】コールセンターシステムCTI活用テクニック【アウトバウンド編】ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

PAGE TOP