MAツールで顧客とのコミュニケーションに盛り込む仕組み

MAツールで顧客とのコミュニケーションに盛り込む仕組み

 

ある程度のパターンを作れば、顧客対応はほとんど出来てしまう

 

MAツールで顧客とのコミュニケーションを自動的におこなっていく事で、効率よく顧客開拓をしていく仕組みを作るという事が今のビジネスにおいては極めて重要になっていると考えていいでしょう。

 

その為のツールも今は様々なモノが使えるようになっているという事もあります。

 

何故、これからの時代にMAツールが必要なのかというと、これはもう効率よく顧客開拓をすることが出来る他なりません。

 

MAツールで顧客とのコミュニケーションに盛り込む仕組み

 

一人一人お客さんに挨拶をして回るというような昔のやり方をしていては、到底何万何十万というような顧客獲得をすることは出来ないでしょう。

 

ビジネスの内容によって顧客が企業であったり、個人であったりするという事はあるでしょうが、基本的に人と人が直接話をするというような事をしていては、全く時間がいくらあっても足らないというのが今の時代のビジネスです。

 

というのは、別に人がしても同じ事を別の人に言うだけという事になるでしょうから、ある程度のパターンを作れば、それで顧客対応というのはほとんど出来てしまうという事になります。

 

後は顧客に応じてそのパターン分けしたものを渡すという事をすればいいわけで、これで顧客に対して対応していく事は出来るという事になります。

 

 

 

量が質も保証する時代

今は質よりも量という事も言えるのかもしれません。

 

というのは、既にネット社会というモノになって、多くの人が利用するモノが良いというというように判断されることが多くなっているという事になっています。

 

つまり、量が質も保証する時代になったという事が言えます。

 

という事は、この量をさばく必要があるわけで、これが出来るのはMAツールしかないという事にもなるわけです。

 

 

自動的に顧客開拓をしながら、それでいてサポートや個別の対応などもこれに含ませて、顧客とのコミュニケーションツールとしても使用していくという事はこれからは当たり前の仕組みという事になっていくと考えなければなりません。

 

 

既に今は、ほとんどの人がネットを利用して、ここから情報獲得をするというような時代になっていますから、情報のやり取りは全て此処で出来るという事にもなっています。

 

電話などを使用してしまうと、逆に面倒だと感じてしまうような人の方が今は多いという事も考えておいた方が良いでしょう。

 

電話の場合は、リアルタイムでその場で応答しなければならないので、極めて自分の作業を制約されてしまう方法という事になってしまいます。

 

 

MAツールで顧客とのコミュニケーションに盛り込む仕組み

 

 

その為、忙しい時には電話には出ないというような人も今は珍しい事では無いのです。

 

昔であれば、電話に出るというのはある意味では常識ですらあったことが、今ではそのような古臭い情報交換の方法を使用しているのは、どうでもいい相手だというように判断されるという事もあるという事です。

 

つまり、情報交換の手段で顧客が離れてしまうというような事も考えられるという事です。

 

メールメルマガというような方法で顧客と情報交換すれば、これは利用者がいつでも自分の時間のある時に自由に見ることが出来るので、これが好まれるというのは当然の事という事にもなるでしょう。

 

そして、顧客は間違いなくこうした自分の好む方法を選ぶ企業を選ぶという事になるわけです。

 

 

 

満足度を下げる事無く常にケアをしていく必要もある

何しろ、企業は別にその企業でなくてもいくらでもいる。

 

その中からある一つをたまたま選んでいるという人がほとんどだといって良いでしょう。

 

そこでなければならないという事で選択をしている人はほとんどいないはずです。

 

場合によっては変更するのが面倒なのでという人もいるはずです。

 

とすれば、そのような状況下で他社に劣るサービスをしてしまう、若しくは情報交換方法を選択してしまうという事になればどうなるでしょう。

 

 

MAツールで顧客とのコミュニケーションに盛り込む仕組み

 

 

電話などをしようものなら、電話がかかってくるのが鬱陶しいので、電話のかかってこないところにするというように考える人も出てくることになるはず。

 

そうなれば、顧客獲得どころか顧客が離れていくという事すら考えられる事態にもなります。

 

ですから、今の時代においては、顧客とのコミュニケーション常に綿密に取りながらも、満足度を下げる事無く常にケアをしていく必要もあるという事になります。

 

昔と同じ方法なので問題は無いというような事は全くありません。

 

 

時代は常に進化をしていて、他社がより良いサービスをしているのであれば、それに対して更に良いサービスをしなければならないという事になります。

 

 

自社の昔と比較をしても全く意味は無くて、今の他社と比較されて選択されるようなモノでなければ、いとも簡単に他社にシェアを奪われてしまう事になる。

 

そして、一度奪われたシェアはそう簡単には取り戻すことは出来ませんから、このMAツールの活用というのは極めて重要だと考えなければなりません。

 

ある意味では会社の存続をかけて、開発に努めなければならないモノという事にもなるはずですから、これを軽く見ることのないようにしなければなりません。

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. コールセンター業務の求人が未経験歓迎としている理由について。
PAGE TOP