営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます

営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます

 

 

コールセンターの仕事の内容

 

 

コールセンターの仕事に興味を持っている方も非常に多く、現在ではあらゆる企業やメーカーが参入をしています。

 

 

かつての古い時代では、例えばメーカーの場合では自社内に相談係を設置して、お客様からの疑問や質問、あるいは不満や要望に応えることを行ってきました。

 

 

現在では時代が進化をしていて、自社内だけでは十分に対応できない内容が増えていることもあり、コールセンターを別に用意をして対応している会社が沢山あります。

 

 

営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます

 

 

自社で用意している場合と、専門会社に委託をしている場合もありますが、どちらも仕事内容については変わりがありません。

 

 

この仕事の場合では人間と直接に対面せずに仕事を遂行することになり、電話での対応以外にもパソコンを通じて対応する仕事も存在しています。

 

 

コールセンターの仕事は大きく分類すると2種類のものがあり、商品などを購入したお客様からの何かしらの不具合によって電話が掛かってくるという仕事があります。

 

 

他には商品を電話を通じて販売するという内容の仕事もあり、受信する業務発信する業務に分類することができます。

 

 

 

コールセンターで働くには

 

 

コールセンターで仕事をすることを希望している場合では、今ではインターネットを活用すると非常に便利です。

 

 

大手の求人サイトでも沢山の求人情報を見つけることができますが、この仕事を専門に取り扱いをしている求人サイトも存在しているので、余計な情報を見ることなく簡単に仕事探しを行うことができます。

 

 

特徴としては一度に大量の募集を掛けている場所も目立つので、難関ではなく比較的希望通りに就業できる可能性が高い職業として挙げられます。

 

 

営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます

 

 

この仕事に就くことを希望していて、尚且つ正社員として長期間にわたって仕事をすることを期待している人も多いものでしょう。

 

 

このケースでは一般的な方で、これまでアルバイト勤務をしてきた若年層の方でも十分に採用を得ることができる場合もあり、実際にフリーターとして勤務してきた方でも問題なく採用されている場面も見ることができます

 

 

普通の会社員で一般事務で勤務してきた方や、他の職業で時給や給料が安いと感じている方でも自由に応募可能です。

 

 

この仕事の場合では時給が高めになるので、十分に稼ぎたいと考えている全ての方にとっておすすめになる仕事です。

 

 

 

正社員になりたい

 

 

一方で正社員で大きく活躍したいと考えている方のケースでは、これまでの実績を経験値として前面に出せる内容もあります。

 

 

営業職の仕事経験を持っている方で、尚且つ実績を有している場合では、既に人との会話術やコミュニケーション能力が高いと判断されることが一般的なので、正社員で採用される可能性が非常に高まります

 

 

営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます

 

 

実際にコールセンターの仕事は営業職と似ている部分があり、常に誠実な対応が求められていて、高いレベルでのコミュニケーション能力を必要としています。

 

 

また、相手側に不愉快な態度を取る事なく、常に冷静に仕事を遂行できる能力も営業職の方は長けていると判断することもできます。

 

 

受信であっても発信業務であってもどちらでもマルチに活躍できる場合が非常に多く、特に営業職の経験を持っている人であれば発信業務に関してはプロフェッショナルのように活躍することも夢ではありません。

 

 

 

正社員になるメリット

 

 

長期的なスパンで見た場合では、正社員で採用された場合では、後に指導係センターの管理職で勤務できる可能性もあるので、常にキャリアアップを目指すことができるメリットもあります。

 

 

勿論ですが、営業職の経験が無いという人で、対人での仕事に向いていない人であっても、コールセンターでは水を得た魚のように活躍をしているスタッフも大勢存在しています。

 

 

向いている向いていないに関しては、実際に経験をしないと判断することができない部分も多くあるので、この仕事に対して少しでも興味を持っていて十分な収入を得ることを期待している場合では、積極的にアプローチしてみることが良い方法でしょう。

 

 

現在では人手不足の職業が非常に多いとされており、この仕事も決して例外ではありません。

 

 

営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます

 

 

単純作業の仕事のように決して誰でも行える仕事とは言えませんが、実際に勤務をしていみると本人にとって最適な環境になったという事例も数多くあります。

 

 

営業職の経験者の方であれば有利になりますが、それ以外の職種の方でも転職を考えた場合では一つの選択肢として覚えておくと将来に役立つ可能性が十分にあるでしょう。

 

 

実際に仕事探しを行ってみて、複数のセンターを見つけた場合では、どのような職場が本人に向いているのかどうかを判断できない場合もあります。

 

 

このような場合では、実際に面接を受けてみて、質問を行って不安を解消することもできますが、インターネット上の求人サイトの中には相談係を用意しているサイトも存在します

 

 

このようなサービス付きのサイトの場合では、事前に効果的な職場の情報などを幅広く知ることができるので、失敗しない仕事探しを行うことができるでしょう。

 

 

正社員でも長く働ける環境の職場に応募するには事前の情報収集も大切です。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. コールセンターの求人をする時は向き不向きの適正を見極める
  2. コールセンターのマネージャーとSVの役割について
PAGE TOP