信頼関係を築くことが営業力に繋がる

信頼関係を築くことが営業力に繋がる

 

取引先にとって魅力的な企業になるためには

 

現代では、ビジネスの世界においてかつてないほど厳しい競争が繰り広げられています。

 

技術力を要する商品やサービスを開発しても、国内外の同業他社に商品やサービスをそのまま真似られてしまうことも多々ありますし、時代に合った商品を提供していけない企業は、たとえ有名企業であろうと、いつの間にか淘汰されてしまいます。

 

また、いくら良い商品を開発していても、それをアピールできる力に欠けていると、マーケティングに長けているライバルに引けをとってしまいがちです。

 

 

信頼関係を築くことが営業力に繋がる

 

 

現代ではビジネスの水面下でもシビアな情報戦が繰り広げられており、取引先が相手を選ぶ目もかつてになく厳しくなってきています。

 

取引の事前にインターネットで情報収集をしておいて、自社に有利な条件で交渉してくることなどは、もはや日常茶飯事となりました。

 

このような厳しい環境下において、ライバルを差し置いて営業力でリードするためには、どのようなことが必要となってくるのでしょうか。

 

魅力的な取引先にとって欠かせない企業となるためには、相手にとって有益な情報を提供できる存在となることが重要です。

 

具体的には、インターネットの検索では得られない、生の情報を持っている相手だと思われることです。

 

そうすることで、取引先にとっては他社より少々条件が劣ったとしても取引を行っていきたい存在となりえます。

 

 

信頼関係が不可欠

 

生の情報をやり取りしていく中で必要不可欠なのは、お互いの信頼関係です。

 

お互いにとってウィンウィンとなる情報はもちろん、時には一時的に自社にとってプラスとならない情報ではあっても、今後の相手のプラスのためとあらば提供していく、その真摯な姿勢あってこそ、相手からの信頼も得られるし、その積み重ねで信頼関係も築かれていきます。

 

 

信頼関係を築くことが営業力に繋がる

 

 

信頼関係とは、築くのには非常に時間がかかっても、それを崩壊させるのは一瞬だとも言われています。

 

そうであるからこそ、信頼関係を築き、保ち続けている取引先はほんの一握りであり、ここぞというビジネスチャンスにおいて相手から選ばれ、大きな仕事を任せてもらえる存在となれるのです。

 

それは、テクノロジーがいくら発展しようと、最後に決断を下すのは人間だからです。

 

営業先を広げていくことだけが営業力の強化ではありません。

 

規模の拡大だけでは、自社より規模の大きい他社が参入してきた際に消耗戦を強いられます。

 

既存の取引先との関係や結びつきを強くしておくことが、ビジネスの基盤の安定につながると言えるでしょう。

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターの正社員に採用されるためにはカスタマーサポートのスキルを磨こう
  2. テレアポはCTIシステムを利用することによって営業支援の新規顧客獲得策になります
PAGE TOP