コールセンターシステムCTI活用テクニック【アウトバウンド編】

【eBook】コールセンターシステムCTI活用テクニック【アウトバウンド編】ダウンロード

アウトバウンド型のCTIでは、インバウンド型のCTIと違い、発信するときに顧客情報を表示することが求められます。
アウトバウンド型コールセンターシステムとは、見込み顧客に電話で積極的に営業をかける業務を言い、電話発信業務に特化しています。
テレアポやテレマーケティングとも呼ばれ、現在では予約自動発信や自動架電など、効率化されたシステムが多く提供されています。
クラウド型アウトバウンドのコールセンターシステムを使うことで、費用面でも効率的な商談獲得が期待できるでしょう。
電話営業の事業を行っている場合は、効率良く電話を発信することと、電話をしながら顧客情報の管理を行うことが求められています。
アウトバウンド型のCTIシステムでは、オートコール機能というものがあり、通常はPCに表示されている電話番号をクリックするだけで発信できますが、この機能を使うことで電話が終わったタイミングで自動発信でき、無駄がなくリストを消化できます。
本書では、10年以上コールセンターに携わる現場マネージャーが“コールセンターシステムCTI活用テクニック”の『アウトバウンド編』をご紹介します。
本書が貴社のCTIシステム選定の参考や運用を更に飛躍させる為の参考になれば幸いです。

eBookダウンロード

会社名

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須
- -

ダウンロードの前に個人情報保護方針をお読み頂き、同意いただける場合は、「同意する」にチェックを付け「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

 
PAGE TOP