求人に書かれているコールセンターの給料を見る時の注意点

求人に書かれているコールセンターの給料を見る時の注意点

 

他の業種に比較して給料の面で納得するスタッフが急増

 

2017年のコールセンターの求人に記載されているスタッフの給料は、時給に換算すると少なくとも千円を超える額に設定していて、近年は能力や成果を加味した報酬の制度を設けている所が人気です。

 

コールセンター業務の求人には受信の専門として稼動してもらう事を書いていて、お客様が納得しながら応対できるスタッフが職場で目立っています。

 

地方と比較すれば物価が高い都会の方が給料を高く設定している印象を持つ人が注目を浴びていて、仕事を完全に網羅する為に初心者でも覚えられるマニュアルを完備している所が増えました。

 

そして、最近はあらゆる年代の女性が活躍できたり、男性でも副業で勤められる時代になりました。

 

 

求人に書かれているコールセンターの給料を見る時の注意点

 

 

雑誌やネットに記載されたコールセンターのスタッフの時給は入社した時点で研修の期間の間は800円程度にする事もあるので、求人の情報だけで給料の高低を比較する事は避けた方が良いでしょう。

 

また、報酬などに関して納得して入社する為にはスタッフの募集に関して疑問点を問い合わせたり、成果を出した人に対して能率給の制度などが存在するかどうかを尋ねると成功しやすいです。

 

電話の対応を正しく行いながらフルタイムでアルバイトのスタッフで活躍した時は、他の業種に比較して給料の面で納得するスタッフが急増するでしょう。

 

求人の応募の方法は近年はネットで直接的に応募できるシステムが整っていて、報酬の高さや待遇の充実の度合いなどを鑑みながらアルバイト派遣社員として応募する人が増えているかもしれません。

 

 

 

積極的に学ぶ姿勢があるスタッフは重宝されます

 

近年は副業としてコールセンターとして勤務する男女が各企業の短時間の社員として活躍する傾向で、時給の高さや社風の良さなどを考慮した企業の研究を行っています。

 

時給の高さだけではなくてシフトや勤務の時間の自由さを考えながら優良な企業を選択して、積極的に電話の応対に関するスキルを磨く為に志望したり、家事の合間に受信と発信の両方を担当して高収入を得ている主婦が各企業でフィードバックされている事が多いです。

 

都心部に存在する主要な企業で働いた場合は、アルバイトパートとしての形態で働いても2千円の時給を得ている人もいたりします。

 

初心者として入社するまでは完全に独立して電話での応対が出来る為に研修で応対などのスキルを磨いたり、パソコンを上手に扱いながら応対する為の訓練を何度も行って業務に慣れる傾向です。

 

また、取引先の会社やお客様に対して安心できる対応の能力を身に付けたり、応対している時にパソコンの全般を扱えるスキルを磨いてから求人に記載している時給で稼動する流れになる場合があります。

 

コールセンターのスタッフに応募する時に求められる事は電話での受け答えに関する仕事の経験の豊富さよりも、研修などで自主的に学ぶ姿勢を提示する事です。

 

面接の際にコールセンターに関連した業務を積んだ事を伝える事も良いが、積極的に現場で他人よりも仕事に関するスキルを習得する意欲を持っている人が歓迎されています。

 

 

求人に書かれているコールセンターの給料を見る時の注意点

 

 

雑誌やネットなどで書かれている給料は働いている人の平均的な報酬を記載している傾向なので、面接で現時点で持っているスキルや仕事に関する経験をアピールしたり、現場での研修を受ける時に飲み込みが早い人は早期に時給が上がるでしょう。

 

話が上手な人よりも対応しているお客様の意見などを素直に理解したり、先の事を読みながら電話などでの応対が出来る人が歓迎されます。

 

パソコンと電話をバランス良く扱えることが前提で、ネットなどに記載している求人を参照する事が望ましいです。

 

 

 

成績によって給料が跳ね返る制度”インセンティブ”を導入する企業が多い

 

近年は販売の実績などに応じてインセンティブを設定している企業が人気で、成績によって時給に跳ね返る制度を設ける企業が多いので、受信だけではなくて多くの企業やお客様に対して正確に情報を発信できるスキルを持っておく事が求められます。

 

一方的に商品を紹介したり、様々な話を投げ掛けるばかりではなくて、顧客の事を鑑みながら顧客にメリットをもたらすスタッフが好ましいので、企業の顔として窓口の役割を果たしながら稼動の意欲を持つ応募者を歓迎する傾向です。

 

昔は女性のスタッフが多い印象を持っている傾向でしたが、性別や年齢に関係なく多くの年代や男性の顧客と応対する機会が多いので、話の内容が分かりやすい印象が強い男性でも社員として活躍できる余地があります。

 

最初はマニュアルに従ってお客様の納得の行く応対の業務を行う所が多いが、業務の一連の流れが理解できれば広報や宣伝を行っている事が前提で契約の数を徐々に伸ばして、契約や売上などの数に応じて昇給させたり、臨時的な給料を貰える場合も急増する傾向です。

 

 

求人に書かれているコールセンターの給料を見る時の注意点

 

 

自社が開発した製品を説明する時に顧客から魅力を感じたり、問題点などの指摘があった時に納得した対応を行う行動が求められます。

 

電話で情報を伝える時に正確な情報を伝えたり、問題点などの指摘に迅速に対応して、上司から認められる活動を中心に行うと報酬に反映されやすいので、仕事の内容や職場の雰囲気を見ながら学ぶ人が伸びるでしょう。

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. 営業職をしていた正社員が未経験のコールセンターに就職
  2. 将来的に楽天市場などのECサイトのコールセンターの運営は大きく変わりそうです
  3. コールセンターの構築と立ち上げの手順とは?
PAGE TOP