OnetoOneマーケティングの成功の秘訣は事例を参考にニーズの高度化に対応すること

OnetoOneマーケティングは、購入履歴や閲覧履歴をベースにした行動データの活用

OnetoOneマーケティングとは

OnetoOneマーケティングとは、一人一人に合わせたマーケティング活動を行うことです。

すなわち、顧客の属性・趣味・嗜好や行動履歴などを把握して、これらをキーワードにしてマーケッティングを実施する手法になります。

マーケティングは、高度成長期の大量生産があたりまえの1990年代に確立されました。マス・マーケティングは、大量消費で宣伝すれば売れる時代にはテレビ時代の恩恵を受けて大きな効果をもたらしたのです。

OnetoOneマーケティングは、購入履歴や閲覧履歴をベースにした行動データの活用

ただし、1990年代以降は趣味・嗜好が多様化するなかで従来の手法では限界があることがわかってくるのです。顧客一人一人の欲求に基づいたマーケティングの必要性が叫ばれるようになります。

テクノロジーの進歩が、顧客データを集めることに成功し、そこで考案されたのが、OnetoOneマーケティングです。

顧客の購買データなどの購入履歴を収集することやインターネットでの閲覧履歴を収集することで、個々の顧客の行動データの分析ができるようになります。

顧客の年齢・性別だけでなく行動データを収集することによって、顧客ひとり一人が好むものを分析して趣味・嗜好にあった情報を企業に提供することが可能になったのです。

企業は、自社の購入傾向をコンピューターを使ってデーにしたりクレジットカード会社から購入データを基にしたデータの取得ができるようになりました。

そこでは、個人情報を利用することになるので、契約を交わすにあたって「同意文言」を取り付けておくことでかなり広範囲にわたるデータが利用できるようになっているのです。

最近は、個人データを収集することの問題点が指摘されるようにはなりましたが、ビッグデータとしての役割は非常に大きく、行動パターンを把握することは購買意欲を知る上でも大切な要素になっているのです。

 

マーケティングオートメーションツールとは

膨大なデータを手作業で処理することは容易なことではありません。

そこで最近活用されるようになったのが、マーケティングオートメーションツールと言われるものです。

(以下MAツールと呼びます)このMAツールを用いることで顧客ひとり一人へのアプローチが可能になりました。

しかも、自動化したOnetoOneマーケティングでのデータ取得が可能になるのです。

これによって得られたマーケティングの実現を企業は羨望のまなざしで欲しがるようになっています。

OnetoOneマーケティングは、購入履歴や閲覧履歴をベースにした行動データの活用

なぜこれらのことが効果的になるかと言えば、インターネットを利用した購入形態が定着するようになってきたからです。顧客は、物を購入しようとする場合、その商品のデータをインターネットから収集しようとします。

強い購入動機の一つになってきました。

値段はどこが安いかや他の商品と比べてどう違うのかという目に見える要素購入動機に反映されているのです。

このため、インターネットでの商品閲覧履歴ビッグデータで非常に重要なものになってきています。

これらのデータを分析すれば、顧客が望んでいる商品は何かということがわかってくるのです。同時にこれらの情報をどのように取得しようとするのかの行動データを活用することもできます。

また、得られたデータを基にして、顧客に関連のあるメッセージを作成してメールで送ることも可能になるのです。

OnetoOneマーケティングで得られたデータを分析すれば、顧客がその日どこに立ち寄ったいう情報も取得でき、その店の感想などを聞き出してデータとして活用することもできるのです。

実際に行動したパターンがわかるので、購買活動をリアルにとらえることも可能になります。

 

OnetoOneマーケティングのメリット

このようにOnetoOneマーケティングを活用することで、多くの人の行動データが収集でき、それらを分析してビッグデータとしてまとめるとおのずとられたかむことが出来るようになるのです。

行動パターンを定型化して人間の行動傾向をとらえます。

これらのデータを人工知能が記憶するようになれば、ICを活用したマーケティングが出来上がるのです。ますます、情報データをICに覚え込ませることで先端技術を生かしたインフラの整備が可能になります。

OnetoOneマーケティングは、購入履歴や閲覧履歴をベースにした行動データの活用

今や人工知能が、すべての作業をつかさどる時代になってきているのです。

人工知能が学習するのは、人間の行動データからわかるパターンを応用することになります。

OnetoOneマーケティングを導入することは、これからの売れ筋商品興味を持たれる商品を知るうえでとても大切なことになるのです。

個々の興味・嗜好をとらえた販売活動商品開発主流になってくるでしょう。

大量生産ではなく、個々の望んでいる商品要望に合わせて生産する体制が定着しようとしています。

その背景にはインターネットの情報社会世の中を動かす要素として無視できなくなっているからです。

個人が、並列で結びつく分散型の社会があたりまえになってきています。

その仲立ちをするのが人工知能であり、マーケティングで取得した個人の行動データになるのです。

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 適切なKPIを設定するためにはマーケティング指標におけるコンタクト数とコンバージョン(CVR)が重要
PAGE TOP