Web接客でのシナリオ作成はネットショップの運営でのマーケティングでも重要です

 

様々なシナリオを検討して集客に活かそう

 

Web接客で様々なシナリオ作成をして、接客のイロハを検討することは、ネットショップの運営をする上でも重要で、これも一つのマーケティングと考えていいでしょう。

 

Webでは接客は殆どないという様に考えてしまうショップ運営者もいますが、この考え方だとまず成功することはありません。

 

何故ならネットショップであれ、普通の店舗であれお客様が買い物をするという事は同じであって、その時の対応によってお客は自由にお店を選択するようになるので、少しでも不具合なり不快な事があれば、その時点で他のショップに行くという事をしてしまうからです。

 

Webの場合の方がこの傾向は展墓など比較しても顕著だといっても良いかもしれませんから、Web接客の重要性はネットショップの方が大きいとすら言えるのかもしれません。

 

 

Web接客でのシナリオ作成はネットショップの運営でのマーケティングでも重要です

 

 

その事を分かっていなければ当然利用者の獲得は出来ないという事になるというわけです。

 

このことは、競争が激化すると極めて簡単に分るようになります。

 

だからこそマーケティングが重要になり、様々なシナリオを検討してそれを集客につなげていく必要があるという事になるというわけであり、Web接客は単に電話対応メール対応などの直接的な対応だけを意味するとは限りません。

 

サイトによるお客様の誘導なども含めてWeb接客と考えていいでしょう。

 

心地よくサイトを利用してもらう事が出来るというようにする事も当然求められるというわけです。

 

 

 

Webの業界では変化が無いのは停滞若しくは、時代遅れ

サイトを良く利用するようになると分かりますが、使いやすいところとそうでないところとでは全く使い勝手というものが違うという事が分かるはずです。

 

これは商品数やサービスの多さなどによるところもありますが、しっかりとしたサービスが提供できているところはどんなに商品数が多くても全く問題なくサイトを行き来することが出来て、それが楽しみの一つになったりするという事があったりします。

 

反対にサービスが出来ていないところはいつまでたっても特に変わる事が無く全く進化しないという事もあると考えられますから、この違いは極めて大きいと考えていいでしょう。

 

 

同じで変化が無いという事は、Webの業界では停滞若しくは、時代遅れというように考えられてしまうぐらいに日々進化しているのがこの業界だと考えていいでしょう。

 

 

ですから、当然Webでお客様を接客するというような事も必要になるという事です。

 

最近ではトップページで動画などを配置して、来てくれたお客様に楽しんでもらうという事をするようなところも増えています。

 

 

Web接客でのシナリオ作成はネットショップの運営でのマーケティングでも重要です

 

 

動画は一定期間経過すると更新されて、様々な楽しみをお客様に提供するという事をしているので、これを楽しみにして見に来てくれるという人も少なくは無いという事です。

 

動画の内容はサイトが提供している商品やサービスに関係ない事も多くて、まずはサイトに来てもらうという事を主眼に考えられるようになっているという事が分かります。

 

昔であれば、このような事は技術的にも難しかったという事がありますが、今はネットの通信速度も上がって、利用者も動画を不自由なく見ることが出来るという環境が整っているのでこうした事も可能になったと考えていいでしょう。

 

 

Webにおいても常に利用者獲得が宿命

つまり、Web接客も常に変わっているという事がこうした事を見ても分かるという事です。

 

サイトに来てくれるお客さんが増えれば、それだけで更に多くの集客につながるという事がネット上では起こります。

 

というのは、ネット上ではサイトの訪問者は新規の場合は殆どが検索結果で表示されたところから来るという事になっている。

 

この結果は訪問者の数が多いかどうかが重要視されることになるので、訪問者の目的などは考えられないという事があるという事です。

 

多くの人が訪問していれば、検索エンジンはそれは人気のあるサイト、若しくは重要な事が記載されているサイトというように判断して、それを優先的に検索結果で上位に表示させるという事をするので、それで一気に訪問者がさらに増えるという事も起きるという事になります。

 

 

Web接客でのシナリオ作成はネットショップの運営でのマーケティングでも重要です

 

 

つまり、人が人を呼び続けて、好循環のサイクルが常に回り続けるようになるというのが、Webの常識でもあるという事です。

 

という事は、逆に人が来ないサイトは逆の悪循環のサイクルが回り続けて一向に人が来ないという事になるので、注意が必要だという事になる。

 

つまり、Webにおいては、常に利用者獲得を宿命づけられるというように考えていいでしょう。

 

これを怠るような事があれば、簡単にお客さんは去ってしまう様になります。

 

何しろ、Webサイトに来る人は明確な目的を持ってきているのであって、店舗のように近くにお店は此処しかないからという理由で来ているわけではありません。

 

常に他にも大量の選択肢を持っているという状態で来ているので、少しでも他店よりも劣るという事があれば、利用しなくなるという事を考えておく必要があります。

 

停滞は致命傷となるとすら考えておいていいでしょう。

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. KPIやKGIなどの営業指標や管理指標を活用することの意義
PAGE TOP