顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

 

カスタマーサポートとは

 

日本では多くの企業がカスタマーサポートを行う部署を持っています。

カスタマーサポートとは、顧客サポートのことで顧客からの問い合わせやクレームなどに対処します。

 

 

顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

 

 

インターネットの時代になり多くの人がSNSを利用しているため、顧客サポートが悪い企業はすぐにその評判が広まります。

 

顧客サポートの良し悪しが顧客満足度に影響を与えるため、各社とも徹底した研修を行ってオペレーターの育成に力を注いでいます。

 

企業の人気ランキングを見ると、上位に入っている企業はすべてサービスの質が良く顧客満足度が高い企業です。

 

インターネットで自分の意見がすぐに拡散できるため、企業に対する顧客の期待も昔に比べて高まっています。

 

カスタマーサポートで顧客満足度や品質向上そして活動テーマを明確にする

 

 

顧客はカスタマーサポートの対応で購入を判断する

 

商品について興味があっても、問い合わせをした時の対応が悪ければイメージダウンになります。

 

アメリカではカスタマーサービスの質の悪さが原因で、多額の利益を逃している企業が増えています。

 

アメリカの消費者は、良くないと感じたらすぐに乗り換えます。

 

一旦顧客を失ってしまうと、取り戻すのは大変です。

 

 

顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

 

 

日本でも消費者側の選択肢が増えたことで、イメージが悪くなればすぐに他の会社に乗り換えることができるようになっています。

 

インターネットが広く普及した社会の消費者は、様々な手段でショッピングを行うようになりました。

 

ネットショップで欲しい物があれば、そのまま購入することができます。

 

そして、企業のホームページで商品について調べて、わからないことがあればカスタマーサポートに問い合わせます。

 

商品について丁寧な説明を受けて満足した場合、その商品を購入してくれる可能性が高くなるのです。

 

顧客側は、どのような手段で問い合わせを行っても、的確な回答を得られると期待しています

 

問い合わせを受けたオペレーターは、顧客が満足できるように対応する必要があります。

 

競合他社に顧客を奪われないようにするためには、提供している製品やサービスの質を上げるだけでなく顧客サポートの質を上げることも重要です。

 

大きな企業になるとコールセンターを持つ企業も多いです。

 

カスタマーサポートで顧客満足度と品質向上を実現するための方法

 

 

コールセンターには種類がある

 

コールセンターには、インバウンド型のコールセンターアウトバウンド型のコールセンターがあります。

 

顧客からの問い合わせやクレームに対応するのがインバウンド型で、オペレーターが電話をかけるのがアウトバウンド型です。

 

 

顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

 

 

日本で多いのはインバウンド型のコールセンターで、通販会社のコールセンターでは多くのオペレーターがインバウンド業務を行っています。

 

日本では昔から顧客を大切にする文化があり、CRMが普及したのも自然な流れです。

 

CRMとは顧客管理のことで、カスタマーサポートや営業支援など多岐にわたります。

 

CRMの目的は、できるだけ多くの顧客を獲得することです。

 

 

コールセンターにおけるCRM顧客管理システムを自動化する設備の導入効果

 

 

コールセンターは離職率が高い

 

コールセンターで働くオペレーターは、顧客に有益な情報を素早く提供して、様々な問い合わせにスピーディーに対応することが求められます。

 

また、日本のコールセンターは離職率が高いことで知られています。

 

製品やサービスの問い合わせだけでなくクレームを受けることもあるため、ストレスを感じて辞めてしまう人も多いです。

 

 

顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

 

 

企業ではオペレーターを育成するために時間とお金をかけているので、研修を受けたオペレーターが快適に働けるような環境を整えることも大事です。

採用されたオペレーターは、仕事をする前にトレーニングを受けます。

 

トレーニングには大きく分けて初期研修OJTと呼ばれる実務研修があります。

 

初期研修では会社の説明やオペレーティング業務の基本、顧客対応のスキルなど基礎的なことを教えてもらいます。

 

初期研修が終わったら実務レベルの研修を行い、その後オペレーターとしてデビューします。

 

オペレーターとして一連の業務をこなせるようになったら、さらに応用スキルを磨いていきます。

 

コールセンターでは顧客サポートを支えるシステムも重要です。

 

 

コールセンターの営業職は正社員採用が多く、研修も充実している

 

 

CTIとは

 

最近注目を集めているのがCTIです。

 

CTIとは電話とコンピューターを統合させるシステムで、顧客から電話がかかってきたら電話を取る前に顧客情報がわかります

 

顧客情報はパソコンに表示され、オペレーターはその情報を見ながら対応することができます。

 

カスタマーサポートに対するクレームで多いのが、電話がつながりにくいということです。

 

高い機能を搭載したCTIを活用することで、無駄をなくして必要なサービスを素早く提供できるようになります。

 

CRMで重要なのが顧客感動体験です。

 

同じような製品を販売している会社があった場合、顧客が満足できるサービスを提供できる方が有利です。

 

 

顧客満足度のランキングとカスタマーサポートについて

 

 

顧客に寄り添った細やかなサービスを提供することで、顧客満足度が上がり企業イメージの向上に貢献できます。

 

CTIシステムを活用したCRMシステムを構築すれば、業務効率の早期改善も可能です。

 

データ入力や電話が終わった後の事務作業などは、CTIシステムを導入することで大幅に作業時間を短縮することができます。

 

これまで手で行ってきた作業をコンピューターに支援してもらうことで、オペレーターの負担も少なくなります。

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 重要な意思決定をするために経営者ができること
  2. コールセンターでバイトするなら知っておこう!インバウンド業務とアウトバウンド業務の違い
PAGE TOP