テレワークのインフラ整備について

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

昨今広まりつつある働き方改革!

 

テレワークとは、会社員が自分の会社のオフィス以外の環境で仕事をすることです。

 

自宅はもちろんのこと、例えば出張先のホテルであるとか、街中のカフェ図書館のような場所で仕事をすることも含まれます。

 

 

今までにも、単に会社にいる時間内では仕事が終わらないからと自宅に資料などを持ち帰って仕事をしたという経験のある人もいるかもしれません。

 

確かにこのような理由での自宅での仕事もテレワークの一種かもしれませんが、昨今広まりつつある働き方改革の観点では、このような止むに止まれぬ理由で行うものではなく、もっと前向きに、会社側も働く人の側もより積極的に進めていくようなものとして捉えられています。

 

 

テレワークにはインフラ設備が必要

 

会社員であれば仕事はオフィスで集合して行うのが当たり前であったかもしれませんが、それは一方では非効率も生み出しています。

 

単純に考えても、自宅で仕事を行えるのなら往復の通勤時間は削減できるわけです。

 

 

 

また現在のように変化の激しい時代、仕事の環境を変えることで新しい発想を生み出すことも企業と働く人の両方にとって必要かもしれません。

 

しかし、テレワークを進めるためにはそれなりのインフラ整備が必要です。

 

例えば、会社としての仕事である以上、常に一人で行える部分というのは限られているでしょう。

 

同僚の顔を見ながらの打ち合わせというのも必要でしょう。

 

こうなると、インターネット環境とか、テレビ電話のように顔をみながら仕事ができる環境というのはもはや必須かもしれません。

 

 

機密性のある情報の取扱が悩ましい

 

また、会社の仕事の多くは機密性の高いもので、無関係の他人に見られて良いものではないことが多いでしょう。

 

となると、それなりにプライバシーを確保できる空間、場所というものも必要です。

 

 

 

 

その場にいるかもしれない他の人にとっても、全く自分に関係のない仕事の会話を延々と聞かされるのも苦痛でしょう。

 

仮にインターネット環境を整えることができたとしても、オープンなカフェではテレワーク環境として不十分かもしれないということです。

 

このような点でのインフラ整備も必要です。

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 当たり前のようにコールセンターで利用されているCTIシステムの仕組みを理解しよう
PAGE TOP