コールセンター営業職の正社員は転職に有利になる

コールセンター営業職の正社員は転職に有利になる

 

スキルは実践のなかで身につけることがとても多い

 

コールセンター営業職と聞くと大変な職業であると想像してしまいがちですけど、さまざまな経験スキルを磨くことによって、次に転職する時にとても有利になります。

 

ですからコールセンター営業職として働くことは、これからの自分の人生においても良い方向に向かうはずですので経験をしておいても良いものなのです。

 

コールセンターの仕事はオペレーターとして営業する仕事もありますが、マネージャーとしての役割もあります。

 

コールセンター営業職の正社員は転職に有利になる

 

 

先に営業職の仕事内容になりますが、テレアポカスタマーサポートなどの受信業務発信業務 が中心となり、さまざまな方と電話などで話していきます。

 

しかし、しっかりと相手に説明したり、説得したりするためには商品の情報や知識を知っておかなければなりませんし、マナー電話対応の技術が必要となっていきますので社会人としてビジネスをしていく上で大切であり根本的な部分を身につけていくことが可能です。

 

研修でしっかりと覚えることになりますが、実践のなかで身につけることがとても多く、これから出世したり、転職したりする時に欠かせないスキルにもなりまして、マネージャーの仕事とも重要なものとなっていくでしょう。

 

 

性格面やコミュニケーション能力や向上心などの部分が重視されることが多い

 

コールセンターの業務をスムーズに行なうためには人材の割り振り管理が大切となりますし、オペレーターが足りない時の対応人材が不足した時の求人働いている人からの相談など仕事内容は幅広くあり、出世したら営業だけを考える訳ではないのです。

 

このような経験をできるからこそ出世転職に有利になりやすいと言われており、他の業務にはないものを養えるのです。

 

特に重要になるのがコミュニケーション能力になりまして、実際に多くのユーザーと直接的に対応しますから営業職としての大きなスキルが求められます。

 

もちろん採用される時点では営業的なスキルを特別に求められる訳ではなく、そこから伸びていくことを期待されます。

 

 

コールセンター営業職の正社員は転職に有利になる

 

 

多くの面接の場合は資格やスキルも大事ですが、正社員として働くのですから性格面コミュニケーション能力向上心などの部分が重視されることが多く、それらが高いことによって即戦力と判断されます。

 

そういった部分が欠かせない仕事であり、ビジネスの上で大切なことを学んでいくからこそ次の仕事にも繋がっていくことができるのでしょう。

 

 

 

インセンティブや数字の達成感が向上心へと繋がっています

 

コールセンター営業職の仕事をしていて身につけることができるスキルはコミュニケーション能力になりますが、これは柔軟力とも言えます。

 

 

どんな状況になっても冷静に対応できて、難しい問い合わせでも柔軟に対応することができれば、それは営業力が高いと判断できます。

 

 

それが自分自身やユーザーだけではなく周囲にも対応できるのであれば、上に立つ人間になりうる人材でもあると言えるのです。

 

常にユーザーからクレームを言われる立場になりますから離職率が高いのも事実です。

 

また、職場環境が悪い会社も存在しますので、そういった意味で転職をされる方もいますが、しっかりとした成績を残したりスキルを学べたりした方だと次の職場でも即戦力として活躍できるのです。

 

コールセンター営業職の正社員は転職に有利になる

 

 

ストレスを感じる仕事であり、傍から考えると次に活かしづらい仕事だと考えてしまいがちですが、対応力柔軟性コミュニケーション能力は養われています。

 

これらのスキルはビジネスにおいて大切なものですから、異なった職種に変わったとしても必ず活かされるものと言えるでしょう。

 

また、営業中心になるオペレーター業務の年収はマネージャー業務を中心とする方よりも平均年収が100万円ほど低くなっていますので大変かもしれませんが、基本給とは別にインセンティブが設定されていることが多いです。

 

ですから、実際に苦手で我慢している方も大勢いるのですが、インセンティブの部分に対してやりがいを感じたり、成果を出したいと考えていたりする方もいまして、それが向上心へと繋がっていきます。

 

 

 

経験が積み重なりキャリアやノウハウが自分の財産となります

 

実際にコールセンター営業職の正社員から転職して活躍されている方はとても多くいまして、得ることができたスキルなどからその他の職種であるマーケティング企画営業に行かれる方が多いです。

 

ユーザーからの色んな声を直接聞けるからこそ新しい発想が生まれたり、改善しないといけない部分が知ることができたりと商品開発や企画やマーケティングに活きてきます。

 

 

仕事内容によるスキルアップだけではなく、経験によるものもありまして、仕事をしただけ自分のなかの財産となっていく訳です。

 

 

オペレーターの仕事は経験がなくてもできる仕事であり、験を積んでいくことで上級職他の職種でも活かせるものであり、キャリアのためになります。

 

 

コールセンター営業職の正社員は転職に有利になる

 

 

ユーザーからの声を聞いたり、こちらから営業の電話をしたりと単純なように思えますが、それが積み重なってノウハウとなります。

 

バイトや派遣社員として働いている場合でも評価制度が整っている会社が多くありますから、正社員を目指すことも可能となっており、自分を成長させてくれるでしょう。

 

 

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターのマネージャーとSVの役割について
  2. OnetoOneマーケティングの成功の秘訣は事例を参考にニーズの高度化に対応すること
PAGE TOP