CDPとDPMの違いを理解し比較して利用することが重要です

CDPとDPMの違いを理解し比較して利用することが重要です

 

 

CRMとDPMとは

 

 

近年ではCDPCustomer Data Platformを利用する企業が非常に増えています。

 

 

顧客管理を自社のデータ管理と結びつけ効率的にマーケティング活動や営業活動を行うことができるツールと高く評価されており、ITシステムを利用した様々な企業活動においても従来の営業方法のノウハウを効果的に生かすことができる上、迅速な顧客対応を行う際にも顧客の情報を的確に得ることができるとして注目されているのです。

 

 

しかし従来から使用されているCRMDPMとの違いを理解しないまま利用していることも多く、その機能を最大限に引き出すことができない場合もあるため注意が必要です。

 

 

企業システムにおいて古くから利用されているもののなかでもCRMDPMは非常に重要なビジネスツールとされてきました。

 

 

CRMは顧客情報を集中的に管理し様々な顧客対応を行う際に重要な情報を迅速に引き出すことができるとともに、積極的な営業活動により効果を得るための重要な情報源に利用されることが多くなっています。

 

 

CDPとDPMの違いを理解し比較して利用することが重要です

 

 

CRMでは顧客の購買履歴や対応履歴も管理することができるためその際の顧客の製品に対する考え方やシステムに対する様々な要求なども統合的に管理することができ、顧客対応を行う上での重要な情報源として利用されていることが多いのです。

 

 

一方、DPM企業内部の様々なデータを統合的に管理することができる仕組みであり、業務効率化を図る上で非常に重要なツールとして利用されてきた経緯があります。

 

 

社内の様々な業務における処理に関しそのプロセスを統合的に管理することができるとともに、必要なデータを管理することで様々な活動における決済の迅速化や指揮命令系統の統一化などを図ることができるのが主な特徴です。

 

 

特にITシステムを積極的に導入する企業においては、DPMこれらのシステムの情報を統合的に管理することができるツールと考えられ広く利用されている実態があり、現代の企業においてはなくてはならないシステムとなっているのです。

 

 

 

CDPとは

 

 

CDPはこれらのそれぞれの機能を併せ持った性格を持つシステムとして非常に注目されています。

 

 

CDPでは顧客管理を行う観点ではCRMの機能に準じている側面がありますが、その一方で社内のデータ管理を結びつけ効果的に様々な情報を連動する機能を有しているのです。

 

 

これまで顧客管理と社内のデータ管理は独立したシステムで行われており、これを連結するために様々なビジネスツールを利用して運用することで情報を紐付けることが必要となっていましたが、この作業は担当者にとって非常に煩雑なものとなっているほか、これらの情報を詳細に確認するためにはそれぞれのシステムにアクセスをしその内容をチェックすることが必要となっていました

 

 

CDPとDPMの違いを理解し比較して利用することが重要です

 

 

多くの企業では担当者が作成した様々な情報に対して上司が決済をすることが多いのですが、その決済の過程で上司が自ら様々な情報の詳細について確認を行わなければならない部分が多く、これらの複数のシステムを自ら操作し内容を確認する事は大きな業務の負担となっていた経緯があるのです。

 

 

その機能を1つのシステムの中で含有し、効果的に動作をさせることができるのがCDPとその他のシステムとの大きな違いで、業務効率化を図る上で非常に重要なポイントを有しているシステムと言うことができます。

 

 

 

CDPの課題

 

 

しかし、CDPは比較的新しいシステムの考え方であるため、従来のシステムに比べて様々な運用上の課題を抱えている面もあります

 

 

その中でも特に重要なものと考えられ、統一的なシステムの規格が成立していないと言う点があるのです。

 

 

これまで広く多くの企業で利用されてきた他のシステムについてはその利用の過程で様々なデータを利用する際の近くの統一が、ことあるごとに求められており、これに応える形で様々なメーカーが規格を統一した経緯があります

 

 

そのため従来から企業が持っている顧客データシステムデータを利用して新たなシステムを運用することが可能となっており、さらにこれらを含めた統合的なシステムを運用する際にもその構築においてデータフォーマットを比較的簡単に組み入れることができるのです。

 

 

CDPとDPMの違いを理解し比較して利用することが重要です

 

 

しかし、CDP利用するデータの形式がその開発元によりまちまちであると言う欠点があり、現場のシステムに対して移行する場合にはデータの利用についてフォーマットに関するカスタマイズやその他のチューニングが必要になると言う問題があり、これがその普及を妨げる大きな要因となっているのです。

 

 

 

企業においてシステムデータ顧客データを統合的に管理する事はその活動を行う上で非常に重要な要素となります。

 

 

ITシステムの導入により様々な業務が統合がされ簡略化されていくにつれ、そのプロセスにおいて得られる情報は非常に膨大なものとなり、これを統合的に管理する事は迅速な業務を行うために非常に重要な要素となるのです。

 

 

そのため従来の顧客管理やデータ管理を個々に行う方式は金を企業の業務を圧迫するものと考えられる傾向があり、これらを統合して管理することができる仕組みは非常に重要なものと期待されているのです。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 通販のテレアポ求人を見つけてアルバイトに挑戦
PAGE TOP