売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと

売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと

 

 

自分の有能さを証明する

 

 

売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なことは自分が成果を出すことが出来るところに配属されるようにするという事です。

 

 

つまり、自分の有能さを証明するという事が必要になるわけです。

 

 

これは昔であれば学歴や語学力、コミュニケーション力、資格などで証明するという方法が有効だったのですが、最近であれば動画投稿をしてチャンネル登録者を多く獲得するという事をしても良いでしょう。

 

 

これによって自分の有能さを間違いなく証明することが出来るようになります。

 

 

売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと

 

 

そのような人は高い確率で有望な人材という事になりますから、企業もエリートコースでその人を配属することになるはずです。

 

 

何しろ視覚や学歴を良くするという事は、ある意味では既にあることを学ぶだけなのでやれば誰でも出来る事になりますが、多くのファンを獲得するという事は誰でもが出来る事ではありません

 

 

そのような事が出来るのかどうかは実際に仕事をやらしてみなければ分からないわけですが、実際にやらしてみて上手くいかなかったから配属をすぐに変えて対応できるという事もないので、企業としては難しい人を雇ってしまったという事でその処遇に悩むという事も良くあるわけです。

 

 

 

youtuberはすごいビジネスマン

基本的にユーチューバーのような人を世間は誤解しているところがあります。

 

 

ハッキリ言えばユーチューバーという新しい分野で稼げるようになっているような人は、凄いビジネスマンだという事を知っておく必要があります

 

 

ハッキリ言えばその辺の会社員などよりよほど優秀で且つ頑張っているといってもいいでしょう。

 

 

世間では芸人さん的な扱いをしている人も少なくありませんが、自分で人に見せるという価値を作り出して、それで結果を出しているという意味ではとてつもない仕事をしているという事が分かります。

 

 

ですから、人気ユーチューバーのような人になると企業の方がコラボを依頼して自社の商品を宣伝してもらえないのかというように依頼が殺到するわけで、それを個人で出来ているというのはとてつもないビジネスセンスだという事が分かります。
動画投稿をすれば誰でも人気になるというような甘い世界ではなく、テレビなどよりよっぽど厳しい世界で競争をしているのが今のユーチューバーといわれるような人達だと考えなければなりません。

 

 

そのような人達に対抗する必要はありませんが、ある程度のファンを獲得しておくという事は、それだけで自分の有能さを証明する明確な証拠という事になるので、就職などでも圧倒的な威力を発揮する事になるというわけです。

 

 

売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと

 

 

普通に経営者が雇用を考えたとして、そこにファンがゼロの人1,000人のファンがいるという人が働きたいといってきたとします。

 

 

どちらが有望だと考えるでしょう、答えは出ているはずで、まず間違いなく1,000人のファンがいる方が採用されるという事になります。

 

 

これはそのファンを自社のファンに取り込むことが出来るかもしれない上に、それだけのファンを獲得することのできる信用や技術をその人が持っているという事の証明も出来ていますから、このファンがある程度以上いるというのは極めて大きな武器になるという事になるわけです。

 

 

当然そのような人は優遇して、その人が全力で仕事をすることが出来る環境を用意するという事までしてくれますから、完全にエリートコースでの対応という事になっていく。

 

 

 

既に配属された時点でその営業マンが出せる成果の大半は決まってしまう

売れる営業マンを目指した時に最も大切な事は、それが出来る環境にあるという事で、これは大企業を担当する営業マンに、中小企業を担当する営業マンが決して勝つことが出来ない事で証明されています。

 

 

既に配属された時点でその営業マンが出せる成果の大半は決まってしまっているわけですから、配属される前に自分の有能さは証明する必要があるという事です。

 

 

この事は営業マンに限ったことでは無く、全ての就活生に言える事ですが勝負は配属された時点で既についているという事を考えて就活はしなければなりません。

 

 

売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと
今は求人が豊富でいくらでも働き口はあるという事にはなっていますが、就職してそれからが大きな問題となるはずですから、出来る事は全て配属の前にしなければなりません

 

 

良く会社の面接官などは会社に入ってからが勝負ということを言いますが、そのような事はまずありません。

 

 

配属されればそれは組織の一つとして機能することが求められるだけで、それ以上の事はするなという事が一番ということになる。

 

 

予想以上に働かないという事も組織からすると駄目なのですが、予想以上に働くという事も組織からすると目障りなのです。

 

 

何故ならそのような人はそこの待遇に納得することはありませんから、必ず自分の成果を理由に自分の評価を上げるという事を要求することになります。

 

 

ですが、他の人の評価は既に決まっているわけですから、その人だけを上げるというような事をする事も出来ません。

 

 

結果的にそのような人は目障りだという事で、ますます成果を出せないところに移動させられるという事になるだけです。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

代表取締役社長 菅 浩徳
代表取締役社長 菅 浩徳株式会社FAM
For All Members
人々とのつながりを大切に、人・企業・会社すべてに対して、幸せを提供し続けていき、仲間を思いやり、仲間の期待に、世界の期待に応えます。

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

PAGE TOP