求人でよく見るコールセンターに派遣社員として働くという事

 

 

 

コールセンターはたくさんある

 

 

求人情報を見てみると必ずと言っていいほど目にする、コールセンターの仕事。

 

 

大手の会社の仕事には興味があるけれど、入社となると難しそうなど思う方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

求人情報を見てみると必ずと言っていいほど目にする、コールセンターの仕事。大手の会社の仕事には興味があるけれど、入社となると難しそうなど思う方も少なくないのではないでしょうか。 コールセンターは大手の会社が多く、そのためダイバーシティに合わせた働き方を取り入れている企業がほとんどで、直雇用のパートアルバイト、契約社員、社員他、派遣社員、派遣会社も数社対応されているもあり、働く時間帯も配属先によって選ぶことができるのも特徴です。 ●派遣社員としてコールセンターで働く コールセンターでは一般的にオペレーター(電話業務)、配属先によってはバッグヤード業務(入力業務)、アシスタント、SVなどと呼ばれる管理者、フロアマネージャーと仕事と役割が分担されており、アルバイトやパート、派遣社員の方は初めはオペレーターやバッグヤード業務をします。会社によっては同じフロアにいくつも異なる部署があり、それぞれの業務を担当するけれど部署によっては仕事の量やスキルの差がある事が生じます。派遣社員として配属される場合は、事前に派遣会社にPCのスキルやこれまでの仕事経験を登録し、派遣会社によっては登録の際にPCのスキルチェックをするなど事前準備をされます。その為、コールセンター側から業務の依頼を受けた派遣会社は依頼されたスキルに合わせた人材を派遣されるため、派遣会社に登録をしてからコールセンターへ派遣をされる方が業務スキルの差が少なく、また事前にどの様な雰囲気の会社か等を担当者に聞くことによって事前に不安を解消されるのもメリットです。 これは、どんな方でも派遣会社として登録をすることが出来ますが、特に子育てをしながら働く主婦の方などが、仕事復帰をした時など持っているスキルと会社が必要とされるスキルのマッチング、派遣社員の場合は派遣会社に事前に希望の業務時間を伝え、仕事を依頼する企業側から派遣社員へ残業を依頼する場合は多くマージンを払う必要があるためよほど忙しい業務の部署ではない限り希望する時間で帰宅することができるのも家庭と両立できる上で派遣に登録するメリットでもあります。 ●スキルの向上になる 一般職でも嫌煙されがちな電話。新入社員の頃電話対応の基礎を教えられて対応をすることがありますが、あまり得意ではないというからも多く、そのほとんどは電話での敬語が苦手という方や、言い回しをどのようにすればいいかわからない。クレームがかかってきたらどうしようという不安の声も聞きます。しかし、電話の対応は今メールのやり取りが多くなってきたとはいえまだ必要とされている事も多く、実際に顔が見えない電話の対応一つでクレームが回避できることも多くあります。その為、学生の就職活動前にスキルの向上を目的として学生の方がアルバイトをしているケースも見受けられます。それ以外にも、時間管理をしながら働くことができるため本職の勉強をしながら働いている社会人の方も多く見受けられるのも特徴です。中には主婦の方でもスキルの勉強をしながら働いているという強者主婦のかたもいる時もあります。 ●派遣から社員になる場合も 派遣で配属される場合は、その企業の率先力として配属されるため元々のスキルと同等の仕事量かもしくは若干軽い仕事先へ配属されることがベターなため派遣として働いている側も無理なく働くことができる事が多い。企業としては仏用とされるスキルの人が率先力として働いてくれるため、企業側とうまくマッチングすれば、そのまま直雇用として働ける事もしばしば。特に大手の会社が多いため安定して働けることが出来るチャンスに繋がる事もあります。ただし雇用形態が変わると派遣時代に比べて直雇用の場合時給換算した時に下がる場合もあります。福利厚生や社会保障や長く見るとメリットになる事も多くありますが、直雇用の前に契約内容を確認することをお忘れなく。 ●派遣で働くことのデメリット ここまでメリットの事を多くご紹介しましたが、デメリットについてあまり触れていませんでした。 派遣での多くのデメリットは雇用先の会社で万が一雇用を縮小して解雇が必要になったときに調整されるのは派遣で働く社員からという事です。 派遣というのは企業から即戦力になる人材を派遣する分多くマージンを頂いて派遣されているため、企業の負担額も多く払っており、その分人材カットの時にはスキルが高くともカットされてしまうという現実があるという事です。 働き方や働く部署にによっては、子育てをしながら、勉強をしながら、趣味と両立をしながらなど、ワークライフバランスを両立しながら働くことが出来き、また将来のご自分のキャリアステップを考えて、オペレーターに始まりその後リーダーと呼ばれるようなアシスタント、そしてSV業務、マネージャークラスと昇進していくことも不可能ではない頑張る人を正しく評価してくれる会社が多いのも特徴です。その為ご自身のステップアップとして考える方も多く、やりがいを感じながら働けるというのも魅力です。

 

 

コールセンターは大手の会社が多く、そのためダイバーシティに合わせた働き方を取り入れている企業がほとんどで、直雇用のパートアルバイト、契約社員、社員他、派遣社員、派遣会社も数社対応されているもあり、働く時間帯も配属先によって選ぶことができるのも特徴です。

 

 

●派遣社員としてコールセンターで働く

 

 

コールセンターでは一般的にオペレーター(電話業務)、配属先によってはバッグヤード業務(入力業務)、アシスタント、SVなどと呼ばれる管理者、フロアマネージャーと仕事と役割が分担されており、アルバイトやパート、派遣社員の方は初めはオペレーターやバッグヤード業務をします。

 

 

会社によっては同じフロアにいくつも異なる部署があり、それぞれの業務を担当するけれど部署によっては仕事の量やスキルの差がある事が生じます。

 

 

求人情報を見てみると必ずと言っていいほど目にする、コールセンターの仕事。大手の会社の仕事には興味があるけれど、入社となると難しそうなど思う方も少なくないのではないでしょうか。 コールセンターは大手の会社が多く、そのためダイバーシティに合わせた働き方を取り入れている企業がほとんどで、直雇用のパートアルバイト、契約社員、社員他、派遣社員、派遣会社も数社対応されているもあり、働く時間帯も配属先によって選ぶことができるのも特徴です。 ●派遣社員としてコールセンターで働く コールセンターでは一般的にオペレーター(電話業務)、配属先によってはバッグヤード業務(入力業務)、アシスタント、SVなどと呼ばれる管理者、フロアマネージャーと仕事と役割が分担されており、アルバイトやパート、派遣社員の方は初めはオペレーターやバッグヤード業務をします。会社によっては同じフロアにいくつも異なる部署があり、それぞれの業務を担当するけれど部署によっては仕事の量やスキルの差がある事が生じます。派遣社員として配属される場合は、事前に派遣会社にPCのスキルやこれまでの仕事経験を登録し、派遣会社によっては登録の際にPCのスキルチェックをするなど事前準備をされます。その為、コールセンター側から業務の依頼を受けた派遣会社は依頼されたスキルに合わせた人材を派遣されるため、派遣会社に登録をしてからコールセンターへ派遣をされる方が業務スキルの差が少なく、また事前にどの様な雰囲気の会社か等を担当者に聞くことによって事前に不安を解消されるのもメリットです。 これは、どんな方でも派遣会社として登録をすることが出来ますが、特に子育てをしながら働く主婦の方などが、仕事復帰をした時など持っているスキルと会社が必要とされるスキルのマッチング、派遣社員の場合は派遣会社に事前に希望の業務時間を伝え、仕事を依頼する企業側から派遣社員へ残業を依頼する場合は多くマージンを払う必要があるためよほど忙しい業務の部署ではない限り希望する時間で帰宅することができるのも家庭と両立できる上で派遣に登録するメリットでもあります。 ●スキルの向上になる 一般職でも嫌煙されがちな電話。新入社員の頃電話対応の基礎を教えられて対応をすることがありますが、あまり得意ではないというからも多く、そのほとんどは電話での敬語が苦手という方や、言い回しをどのようにすればいいかわからない。クレームがかかってきたらどうしようという不安の声も聞きます。しかし、電話の対応は今メールのやり取りが多くなってきたとはいえまだ必要とされている事も多く、実際に顔が見えない電話の対応一つでクレームが回避できることも多くあります。その為、学生の就職活動前にスキルの向上を目的として学生の方がアルバイトをしているケースも見受けられます。それ以外にも、時間管理をしながら働くことができるため本職の勉強をしながら働いている社会人の方も多く見受けられるのも特徴です。中には主婦の方でもスキルの勉強をしながら働いているという強者主婦のかたもいる時もあります。 ●派遣から社員になる場合も 派遣で配属される場合は、その企業の率先力として配属されるため元々のスキルと同等の仕事量かもしくは若干軽い仕事先へ配属されることがベターなため派遣として働いている側も無理なく働くことができる事が多い。企業としては仏用とされるスキルの人が率先力として働いてくれるため、企業側とうまくマッチングすれば、そのまま直雇用として働ける事もしばしば。特に大手の会社が多いため安定して働けることが出来るチャンスに繋がる事もあります。ただし雇用形態が変わると派遣時代に比べて直雇用の場合時給換算した時に下がる場合もあります。福利厚生や社会保障や長く見るとメリットになる事も多くありますが、直雇用の前に契約内容を確認することをお忘れなく。 ●派遣で働くことのデメリット ここまでメリットの事を多くご紹介しましたが、デメリットについてあまり触れていませんでした。 派遣での多くのデメリットは雇用先の会社で万が一雇用を縮小して解雇が必要になったときに調整されるのは派遣で働く社員からという事です。 派遣というのは企業から即戦力になる人材を派遣する分多くマージンを頂いて派遣されているため、企業の負担額も多く払っており、その分人材カットの時にはスキルが高くともカットされてしまうという現実があるという事です。 働き方や働く部署にによっては、子育てをしながら、勉強をしながら、趣味と両立をしながらなど、ワークライフバランスを両立しながら働くことが出来き、また将来のご自分のキャリアステップを考えて、オペレーターに始まりその後リーダーと呼ばれるようなアシスタント、そしてSV業務、マネージャークラスと昇進していくことも不可能ではない頑張る人を正しく評価してくれる会社が多いのも特徴です。その為ご自身のステップアップとして考える方も多く、やりがいを感じながら働けるというのも魅力です。

 

 

派遣社員として配属される場合は、事前に派遣会社にPCのスキルやこれまでの仕事経験を登録し、派遣会社によっては登録の際にPCのスキルチェックをするなど事前準備をされます。

 

 

その為、コールセンター側から業務の依頼を受けた派遣会社は依頼されたスキルに合わせた人材を派遣されるため、派遣会社に登録をしてからコールセンターへ派遣をされる方が業務スキルの差が少なく、また事前にどの様な雰囲気の会社か等を担当者に聞くことによって事前に不安を解消されるのもメリットです。

 

 

これは、どんな方でも派遣会社として登録をすることが出来ますが、特に子育てをしながら働く主婦の方などが、仕事復帰をした時など持っているスキルと会社が必要とされるスキルのマッチング、派遣社員の場合は派遣会社に事前に希望の業務時間を伝え、仕事を依頼する企業側から派遣社員へ残業を依頼する場合は多くマージンを払う必要があるため、よほど忙しい業務の部署ではない限り希望する時間で帰宅することができるのも家庭と両立できる上で派遣に登録するメリットでもあります。

 

 

 

●スキルの向上になる

一般職でも嫌煙されがちな電話。新入社員の頃電話対応の基礎を教えられて対応をすることがありますが、あまり得意ではないというからも多く、そのほとんどは電話での敬語が苦手という方や、言い回しをどのようにすればいいかわからない。

 

 

クレームがかかってきたらどうしようという不安の声も聞きます。

 

 

しかし、電話の対応は今メールのやり取りが多くなってきたとはいえまだ必要とされている事も多く、実際に顔が見えない電話の対応一つでクレームが回避できることも多くあります。

 

 

求人情報を見てみると必ずと言っていいほど目にする、コールセンターの仕事。大手の会社の仕事には興味があるけれど、入社となると難しそうなど思う方も少なくないのではないでしょうか。 コールセンターは大手の会社が多く、そのためダイバーシティに合わせた働き方を取り入れている企業がほとんどで、直雇用のパートアルバイト、契約社員、社員他、派遣社員、派遣会社も数社対応されているもあり、働く時間帯も配属先によって選ぶことができるのも特徴です。 ●派遣社員としてコールセンターで働く コールセンターでは一般的にオペレーター(電話業務)、配属先によってはバッグヤード業務(入力業務)、アシスタント、SVなどと呼ばれる管理者、フロアマネージャーと仕事と役割が分担されており、アルバイトやパート、派遣社員の方は初めはオペレーターやバッグヤード業務をします。会社によっては同じフロアにいくつも異なる部署があり、それぞれの業務を担当するけれど部署によっては仕事の量やスキルの差がある事が生じます。派遣社員として配属される場合は、事前に派遣会社にPCのスキルやこれまでの仕事経験を登録し、派遣会社によっては登録の際にPCのスキルチェックをするなど事前準備をされます。その為、コールセンター側から業務の依頼を受けた派遣会社は依頼されたスキルに合わせた人材を派遣されるため、派遣会社に登録をしてからコールセンターへ派遣をされる方が業務スキルの差が少なく、また事前にどの様な雰囲気の会社か等を担当者に聞くことによって事前に不安を解消されるのもメリットです。 これは、どんな方でも派遣会社として登録をすることが出来ますが、特に子育てをしながら働く主婦の方などが、仕事復帰をした時など持っているスキルと会社が必要とされるスキルのマッチング、派遣社員の場合は派遣会社に事前に希望の業務時間を伝え、仕事を依頼する企業側から派遣社員へ残業を依頼する場合は多くマージンを払う必要があるためよほど忙しい業務の部署ではない限り希望する時間で帰宅することができるのも家庭と両立できる上で派遣に登録するメリットでもあります。 ●スキルの向上になる 一般職でも嫌煙されがちな電話。新入社員の頃電話対応の基礎を教えられて対応をすることがありますが、あまり得意ではないというからも多く、そのほとんどは電話での敬語が苦手という方や、言い回しをどのようにすればいいかわからない。クレームがかかってきたらどうしようという不安の声も聞きます。しかし、電話の対応は今メールのやり取りが多くなってきたとはいえまだ必要とされている事も多く、実際に顔が見えない電話の対応一つでクレームが回避できることも多くあります。その為、学生の就職活動前にスキルの向上を目的として学生の方がアルバイトをしているケースも見受けられます。それ以外にも、時間管理をしながら働くことができるため本職の勉強をしながら働いている社会人の方も多く見受けられるのも特徴です。中には主婦の方でもスキルの勉強をしながら働いているという強者主婦のかたもいる時もあります。 ●派遣から社員になる場合も 派遣で配属される場合は、その企業の率先力として配属されるため元々のスキルと同等の仕事量かもしくは若干軽い仕事先へ配属されることがベターなため派遣として働いている側も無理なく働くことができる事が多い。企業としては仏用とされるスキルの人が率先力として働いてくれるため、企業側とうまくマッチングすれば、そのまま直雇用として働ける事もしばしば。特に大手の会社が多いため安定して働けることが出来るチャンスに繋がる事もあります。ただし雇用形態が変わると派遣時代に比べて直雇用の場合時給換算した時に下がる場合もあります。福利厚生や社会保障や長く見るとメリットになる事も多くありますが、直雇用の前に契約内容を確認することをお忘れなく。 ●派遣で働くことのデメリット ここまでメリットの事を多くご紹介しましたが、デメリットについてあまり触れていませんでした。 派遣での多くのデメリットは雇用先の会社で万が一雇用を縮小して解雇が必要になったときに調整されるのは派遣で働く社員からという事です。 派遣というのは企業から即戦力になる人材を派遣する分多くマージンを頂いて派遣されているため、企業の負担額も多く払っており、その分人材カットの時にはスキルが高くともカットされてしまうという現実があるという事です。 働き方や働く部署にによっては、子育てをしながら、勉強をしながら、趣味と両立をしながらなど、ワークライフバランスを両立しながら働くことが出来き、また将来のご自分のキャリアステップを考えて、オペレーターに始まりその後リーダーと呼ばれるようなアシスタント、そしてSV業務、マネージャークラスと昇進していくことも不可能ではない頑張る人を正しく評価してくれる会社が多いのも特徴です。その為ご自身のステップアップとして考える方も多く、やりがいを感じながら働けるというのも魅力です。

 

 

その為、学生の就職活動前にスキルの向上を目的として学生の方がアルバイトをしているケースも見受けられます。

 

 

それ以外にも、時間管理をしながら働くことができるため本職の勉強をしながら働いている社会人の方も多く見受けられるのも特徴です。

 

 

中には主婦の方でもスキルの勉強をしながら働いているという強者主婦のかたもいる時もあります。

 

 

 

●派遣から社員になる場合も

派遣で配属される場合は、その企業の率先力として配属されるため元々のスキルと同等の仕事量かもしくは若干軽い仕事先へ配属されることがベターなため派遣として働いている側も無理なく働くことができる事が多い。

 

 

企業としては仏用とされるスキルの人が率先力として働いてくれるため、企業側とうまくマッチングすれば、そのまま直雇用として働ける事もしばしば。

 

 

求人情報を見てみると必ずと言っていいほど目にする、コールセンターの仕事。大手の会社の仕事には興味があるけれど、入社となると難しそうなど思う方も少なくないのではないでしょうか。 コールセンターは大手の会社が多く、そのためダイバーシティに合わせた働き方を取り入れている企業がほとんどで、直雇用のパートアルバイト、契約社員、社員他、派遣社員、派遣会社も数社対応されているもあり、働く時間帯も配属先によって選ぶことができるのも特徴です。 ●派遣社員としてコールセンターで働く コールセンターでは一般的にオペレーター(電話業務)、配属先によってはバッグヤード業務(入力業務)、アシスタント、SVなどと呼ばれる管理者、フロアマネージャーと仕事と役割が分担されており、アルバイトやパート、派遣社員の方は初めはオペレーターやバッグヤード業務をします。会社によっては同じフロアにいくつも異なる部署があり、それぞれの業務を担当するけれど部署によっては仕事の量やスキルの差がある事が生じます。派遣社員として配属される場合は、事前に派遣会社にPCのスキルやこれまでの仕事経験を登録し、派遣会社によっては登録の際にPCのスキルチェックをするなど事前準備をされます。その為、コールセンター側から業務の依頼を受けた派遣会社は依頼されたスキルに合わせた人材を派遣されるため、派遣会社に登録をしてからコールセンターへ派遣をされる方が業務スキルの差が少なく、また事前にどの様な雰囲気の会社か等を担当者に聞くことによって事前に不安を解消されるのもメリットです。 これは、どんな方でも派遣会社として登録をすることが出来ますが、特に子育てをしながら働く主婦の方などが、仕事復帰をした時など持っているスキルと会社が必要とされるスキルのマッチング、派遣社員の場合は派遣会社に事前に希望の業務時間を伝え、仕事を依頼する企業側から派遣社員へ残業を依頼する場合は多くマージンを払う必要があるためよほど忙しい業務の部署ではない限り希望する時間で帰宅することができるのも家庭と両立できる上で派遣に登録するメリットでもあります。 ●スキルの向上になる 一般職でも嫌煙されがちな電話。新入社員の頃電話対応の基礎を教えられて対応をすることがありますが、あまり得意ではないというからも多く、そのほとんどは電話での敬語が苦手という方や、言い回しをどのようにすればいいかわからない。クレームがかかってきたらどうしようという不安の声も聞きます。しかし、電話の対応は今メールのやり取りが多くなってきたとはいえまだ必要とされている事も多く、実際に顔が見えない電話の対応一つでクレームが回避できることも多くあります。その為、学生の就職活動前にスキルの向上を目的として学生の方がアルバイトをしているケースも見受けられます。それ以外にも、時間管理をしながら働くことができるため本職の勉強をしながら働いている社会人の方も多く見受けられるのも特徴です。中には主婦の方でもスキルの勉強をしながら働いているという強者主婦のかたもいる時もあります。 ●派遣から社員になる場合も 派遣で配属される場合は、その企業の率先力として配属されるため元々のスキルと同等の仕事量かもしくは若干軽い仕事先へ配属されることがベターなため派遣として働いている側も無理なく働くことができる事が多い。企業としては仏用とされるスキルの人が率先力として働いてくれるため、企業側とうまくマッチングすれば、そのまま直雇用として働ける事もしばしば。特に大手の会社が多いため安定して働けることが出来るチャンスに繋がる事もあります。ただし雇用形態が変わると派遣時代に比べて直雇用の場合時給換算した時に下がる場合もあります。福利厚生や社会保障や長く見るとメリットになる事も多くありますが、直雇用の前に契約内容を確認することをお忘れなく。 ●派遣で働くことのデメリット ここまでメリットの事を多くご紹介しましたが、デメリットについてあまり触れていませんでした。 派遣での多くのデメリットは雇用先の会社で万が一雇用を縮小して解雇が必要になったときに調整されるのは派遣で働く社員からという事です。 派遣というのは企業から即戦力になる人材を派遣する分多くマージンを頂いて派遣されているため、企業の負担額も多く払っており、その分人材カットの時にはスキルが高くともカットされてしまうという現実があるという事です。 働き方や働く部署にによっては、子育てをしながら、勉強をしながら、趣味と両立をしながらなど、ワークライフバランスを両立しながら働くことが出来き、また将来のご自分のキャリアステップを考えて、オペレーターに始まりその後リーダーと呼ばれるようなアシスタント、そしてSV業務、マネージャークラスと昇進していくことも不可能ではない頑張る人を正しく評価してくれる会社が多いのも特徴です。その為ご自身のステップアップとして考える方も多く、やりがいを感じながら働けるというのも魅力です。

 

 

特に大手の会社が多いため、安定して働けることが出来るチャンスに繋がる事もあります。

 

 

ただし雇用形態が変わると派遣時代に比べて直雇用の場合時給換算した時に下がる場合もあります。

 

 

福利厚生や社会保障や長く見るとメリットになる事も多くありますが、直雇用の前に契約内容を確認することをお忘れなく。

 

 

 

●派遣で働くことのデメリット

 

 

ここまでメリットの事を多くご紹介しましたが、デメリットについてあまり触れていませんでした。
派遣での多くのデメリットは雇用先の会社で万が一雇用を縮小して解雇が必要になったときに調整されるのは派遣で働く社員からという事です。
派遣というのは企業から即戦力になる人材を派遣する分多くマージンを頂いて派遣されているため、企業の負担額も多く払っており、その分人材カットの時にはスキルが高くともカットされてしまうという現実があるという事です。

 

 

求人でよく見るコールセンターに派遣社員として働くという事

 

 

働き方や働く部署にによっては、子育てをしながら、勉強をしながら、趣味と両立をしながらなど、ワークライフバランスを両立しながら働くことが出来き、また将来のご自分のキャリアステップを考えて、オペレーターに始まりその後リーダーと呼ばれるようなアシスタント、そしてSV業務、マネージャークラスと昇進していくことも不可能ではない頑張る人を正しく評価してくれる会社が多いのも特徴です。

 

 

その為ご自身のステップアップとして考える方も多く、やりがいを感じながら働けるというのも魅力です。

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターの開設時に必要なオペレーターの対応マニュアルなどの資料作成と新人研修
  2. 将来的に楽天市場などのECサイトのコールセンターの運営は大きく変わりそうです
PAGE TOP