コールセンターの求人で求められるスキルについて

コールセンターの求人で求められるスキルについて

 

コールセンター求人の”インバウンド”と”アウトバウンド”

 

コールセンターの仕事は、主に電話を受けるインバウンド業務と電話をかけるアウトバウンド業務に分かれます。

 

電話業務というと、クレーム対応というイメージが強く、実際にそのような業務もありますが、業務形態は大きく二種類に分けることができます。

 

 

コールセンターの求人で求められるスキルについて

 

インバウンド

 

まずはインバウンド業務です。

 

インバウンド業務の場合は、お客様からの質問に答えたり、注文を受けたりします。

 

基本的に自分から電話をかけることはなく、受信対応のみとなっています。

 

アウトバウンド

 

次にアウトバウンド業務です。

 

アウトバウンド業務の場合は、電話での営業であったり、市場調査のアンケートを行います。

 

インバウンド業務とは反対に自分から電話をかける発信対応のみとなっています。

 

目的によって、決められた電話帳からかける場合と、ランダム発信する場合があり、企業毎の契約形態にもよりますが、基本的に時給はアウトバウンド業務の方が高い傾向にあります。

 

CRMとCTIシステムを統合したコールセンターについて

 

 

実施の平均時給は?

 

首都圏での平均時給は、インバウンド業務の場合はおよそ1,096円となっています。

 

一方アウトバウンド業務の平均時給はおよそ1,282円となっています。

 

 

コールセンターの求人で求められるスキルについて

 

 

勤務時間は、業務内容によって異なりますが、アウトバウンド業務の場合は一般家庭にとって迷惑でない9時から20時の時間帯が活動の中心となることが多く、インバウンド業務の場合は24時間体制でカスタマーサポートを行うこともあるため幅広い時間帯で活動することになります。

 

コールセンターの求人と一口に言っても、アウトバウンド業務とインバウンド業務では大きく異なりますので、応募する際には業務内容を注意深く確認することが重要です。

 

通販のテレアポ求人を見つけてアルバイトに挑戦

 

 

コールセンター求人の”メリット”と”デメリット”

 

コールセンターでは、仕事によってスキルを得られるというメリットもあり、アウトバウンド業務でもインバウンド業務でも、詳細なマニュアルが用意されている場合が多いです。

 

また、丁寧な言葉使いを学ぶための導入研修が充実していることが多く、電話で会話することを苦に感じない方にとっては、初心者でも始めやすい仕事なので、初めてのバイトにも向いています。

 

電話で会話をしながらパソコンにデータを打ち込むことも多いので、文字入力のスピードも上がります。

 

 

コールセンターの求人で求められるスキルについて

 

 

さらに直接接客をするわけではないので、服装や髪型が自由な場合が多いので、スーツを用意できない場合でも仕事を始めやすいというメリットがあります。

 

しかし当然のことながらデメリットもあります。

 

常に一定のスタッフが必要となるので、シフトの変更が難しいことがあり、アウトバウンド業務の場合はノルマが課せられている場合も多く、精神的な負担になることもあります。

 

 

 

実際に働いてみて・・・

 

私は実際にコールセンターでアルバイトをしたことがあるのですが、自分の性格とあっていたのか仕事を苦に感じたことはありませんでした。

 

私が感じたメリットは、まず楽であることです。

 

電話には座って対応するので、足が疲れることはありませんでしたし、トイレにも自由に行けたので自分のペースで仕事ができました。

 

 

コールセンターの求人で求められるスキルについて

 

 

決められたカタログの中から注文を受けるインバウンド業務であったので、苦情もなく精神的に辛い思いをしたこともありませんでした。

 

お客様からの注文を聞きながら、パソコンで該当商品名を選択したり住所を入力する仕事だったので、タイピングも早く正確になり、郵便番号を聞けば大体の地域が分かるようになったことも、特技のひとつになりました。

 

ただ、顔の見えない相手に声だけで状況を説明するのは難しく、自分の伝えたいことが伝わっているか不安に思うこともありました。

 

その不安を解消するためにも言葉使いには常に気を付けていました。

 

敬語、尊敬語、丁寧語を使い分けて、ゆっくりはっきり丁寧を喋るようにしていたので、日常生活でも丁寧なしゃべりができるようになったのも良かったです。

 

コールセンターの派遣アルバイトは日払いが可能なのか

 

 

どういう人がコールセンターに向いているのか?

 

私自身の経験から分かるのは、コールセンター業務に向いているのはコミュニケーション能力のある人だということです。

 

お客様とのコミュニケーションはもちろんのこと、大抵の業務はチームで対応するので、チーム内でもコミュニケーションが取れなければなりません。

 

また、決められたシフトを正確にこなしていくためにも、仕事を休みがちになる人は向かない仕事です。

 

研修が充実している職場も多いですが、基本的な丁寧語のスキルは初めから身に着けていないと自分自身が困るので、一般常識や基本的な会話能力も必要となります。

 

 

コールセンターの求人で求められるスキルについて

 

 

クレーム対応の業務の場合はストレスも溜まりますので、ある程度のクレームにはスルーできる冷静さも必要とされます。

 

落ち着いて会話ができ、仕事を急に休んだりしない人には、比較的時給の高い高待遇なアルバイトといえるでしょう。

 

営業力のある人には、さらに待遇の良いアウトバウンド業務も向いているといえます。

 

始めからスキルがなくても、電話対応を続けいているうちに、パソコンスキルや接遇力も身についてくるので転職の際に自分をアピールすることもできます。

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. テレマーケティングのおすすめ業者は一括見積もりで探しましょう
  2. テレマーケティング・インバウンドとアウトバウンドの違いとは?
  3. 営業活動でPDCAサイクルは有効だが管理方法を誤るな
PAGE TOP