マーケティング調査を行うときのビジネスフレームワークは『5フォース分析』で収益性を分析できる

ビジネスフレームワークとは

ビジネスを開始するにあたりいうまでも無く継続して収益性を確保できるかは、最重要な問題です。

見込みが無いと判断されれば、創業自体の可否を再検討するべきで、事業継続中も継続と撤退のいずれかの決断する場面でも収益を見込めるかが、分水嶺になります。

しかし、個人的な経験やこれまで実績を基にしてマーケティングを分析していては、変化が激しいビジネスシーンや業界の変動に取り残されてしまい結局、撤退を余儀なくされることも覚悟しなければならない訳です。

マーケティング調査を行うときのビジネスフレームワークは、5フォース分析で収益性を分析できる

「どうすれば集客できるか」「どうすればより多く商品が売れるのか」などと漠然と考えても解決は付きませんし、途方に暮れてしまうことに陥りがちです。

もしこのようなビジネス上の課題を類型化し、誰でも解決策に到着できる方法論が用意するのが、ビジネスフレームワークです。

この方法論を目的に応じて使い分け、自分達が従事しているビジネスに当てはめることが出来れば、何が解決すべき課題になっているのかを明確にすることにつながります。

つまりビジネスフレームワークとは、共通して用いることのできる考え方や意思決定・戦略立案などを意味しています。

 

5フォース分析とは

ところでビジネスフレームワークにはいくつもの見解が主張されています。

たとえばMECE、これは日本語で「モレなく、ダブリなく」と言う意味でビジネスを含めてあらゆる局面で、判断材料の欠落や検討課題の重複などを防ぎ正しい意思決定を求めると言う考え方です。

これに対して、5フォース分析(ファイブコース分析)5つの競争要因とも呼ばれるもので、4P分析3C分析などとよく使用されるフレームワークです。

ファイブフォース分析を正しく理解して実践すると何故企業同士の競争が現れてくるのかが明確になるといわれいます。

競争の原因を明確にすることには、より自社に収益をあげるための課題と今後の戦略を立てることを可能にする意義があります。

それではより具体的に、5フォース分析の内容を検討して参りましょう。

マーケティング調査を行うときのビジネスフレームワークは『5フォース分析』で収益性を分析できる

5フォース分析を提唱したのは、ハーバードビジネススクールマイケル・E・ポーター教授です。

彼は特定の業界や収益構造を分析し事業や経営戦略を立案することの意義を提唱しました。

ここに「フォース」とは脅威のことを意味します。

つまり、企業を取り巻く脅威に着目し、その脅威にどのようなスタンスを取り業界での収益を図るために必要な方策を立てることを追求すると言うフレームワークです。

しかし、脅威といっても些細なものから事業の根幹や業界全体の成長性に及ぶものまで多種多彩な脅威が想定されます

そこでポーターは脅威つまり企業の競争要因を5つに分析しました。

その要因とは既存同業者との敵対競争関係新規参入企業の登場代替品の可能性売り手の交渉力そして買い手の交渉力の5つになります。

私たちはビジネスを継続しているかぎり常にこれらの脅威にさらされている訳です。

それでは具体的にどのような脅威に直面しているのでしょうか。

 

新規参入企業は要注意

あらゆる事業を行ううえで同業他社のないことはほとんどありません。

つまり既存敵対業者との競争は常に意識しなければなりません

とりわけ敵対関係が激化するのは、成長スピードが鈍化しており高コスト体質で差別化をはかるのが難しいのが一般的な業界などとされています。

この時の分析の確認点は同業他社の数ブランド力・業界の成長性などとです。

競争相手の登場を意味する新規参入企業の登場は、自社のシェアが奪われる可能性が高まります。

マーケティング調査を行うときのビジネスフレームワークは『5フォース分析』で収益性を分析できる

特に参入障壁が低い業界では、他業種が事業の多角化を求めて参入する可能性が懸念されます。

そのような事情があるので、常に新規参入企業の登場には常に注意を払う必要があるのです。

この点の分析に当たっては、市場の規模やブランド力の有無や自社への影響などです。

代替品の脅威と言うのは交換の可能性と言い換えてもいいでしょう。

つまり、自社製品にとってかわり市場のパイを奪われるというものです。

自社製品やサービスと同じ品質の製品が登場すれば価格競争に突入せざるを得ない可能性が高まります

同じ品質なら当然のことながら、値段の安いほうに需要は向かうからです。

ここで分析するべきは自社製品との違いはどこにあるか差別化は可能か代替品の価格や品質、切り替えのコストなどを指摘できます。

 

『サプライヤー』と『買い手』とは

売り手の交渉力を分析するときの、売り手は製品を製造するために必要な原材料の供給者のことをイメージしています

供給業者のことはサプライヤーとも呼称されます。

サプライヤーの交渉力が強い場合、高い仕入れ価格の設定などによって高コストになり収益性を低める要因となるでしょう。

マーケティング調査を行うときのビジネスフレームワークは『5フォース分析』で収益性を分析できる

買い手の交渉力における、買い手とは自社の製品やサービスを購入してくれる人のことです。

買い手の交渉力が強ければ希望価格より安い値段で買い叩かれる可能性が高くなり、これもまた企業の収益性を低下させることになるわけです。

このようにビジネスにおける5つの脅威に向き合うことで事業戦略を立案するのが5フォース分析の考え方なのです。

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターの内製化か外注の判断基準とは
  2. マーケティングオートメーションとは?その意味やメリットについて
  3. 購入者の指標になり顧客満足度に直結するカスタマーサポート
PAGE TOP