マーケティングのプロセスを自動化できるMAツール

 

人間ができる作業の限界を機械でカバーできるシステム

 

 

ビジネスを成功に導く為には、顧客がどの様な事を求めているかを調べ、さらにその希望にそって商品やサービスを作り上げて提供したり、それに関する情報を相手に届けなければなりません。

 

 

マーケティングとはこのように顧客が求めるサービス等を作り上げ、さらに顧客自身がその価値を得られるようにする為の考え方の事を言います。

 

 

一般的にはアンケート調査や電話調査、郵送調査やグループ調査などを行って調べ、顧客はどのような事を求めているのかを明らかにして今後どうすべきか、どうする必要があるかを考える事になります。

 

 

マーケティングのプロセスを自動化できるMAツール

 

 

とはいっても、実際にマーケティングを行う場合、その作業工程はかなり煩雑になっており、さらにそこで集まるデータの数も膨大になる事も少なくありません。

 

 

その為、人間が全ての作業を行うとなるとどうしても処理のスピードが限られてしまうので、マーケティングにかなりの時間を費やしてしまうと言う事も多々あります。

 

 

そこで現在注目されるようになってきたのがMAツールです。

 

 

 

MAツールとは

 

 

MAツールと言うのは、簡単に言うとMAを行う為に使うツールの事を言います。

 

 

MAとはマーケティングオートメーションを省略した物で、簡単に言うとマーケティング活動を行う上でテクノロジーを利用して自動化して行く事を言います。

 

 

一般的にマーケティングでは調査を通じて、見込客を集める事、さらにその客を育てて選別すると言う3つの事を行っています。

 

 

ただこれらの作業は言葉で表現するとそれ程大変そうに見えない事も有りますが、実は作業を一つ一つ行うとなるとかなりの時間がかかってしまうのです。

 

 

マーケティングのプロセスを自動化できるMAツール

 

 

そして前述した様にデータの量が多くなればなる程作業工程が複雑になってしまうと言う事も少なくありません。

 

 

しかしビジネスを行う上で重要なのはスピード差別化などです。

 

 

つまり、作業に時間がかかってしまえばそれだけ他社と比べて後れを取ってしまう事になるし、何より自社独自の強みと言うのをなかなかアピール出来ない事にもつながりかねません。

 

 

そこでMAツールを利用する事が出来れば、マーケティングによって得た情報を管理する事、さらにその情報を条件に合わせて選別する事も自動的に行う事が出来るようになります。

 

 

つまり、マーケティング活動におけるプロセスを全て自動化することだって決して不可能と言う訳ではありません

 

 

 

すべてのプロセスを機械化できるか

 

 

ただMA自体オートメーションと言う言葉が付いている事も関係し、どうしてもマーケティングに関するプロセスであれば何でも自動化できると思われてしまう事も少なくありません。

 

 

確かに利用するツールによっては全てを自動化する事は決して不可能ではないのです。

 

 

とは言っても、実際にマーケティングを行う上で、本当にすべてのプロセスを機械任せで自動的に行ってしまっても良いのでしょうか

 

 

実はそうではなく、実際にはより上手にMAツールを活用する為には、ツール任せにしてしまうのではなく、人が行った方が良いと言う所も有ります。

 

 

マーケティングのプロセスを自動化できるMAツール

 

 

つまり、適材適所と言う考え方です。

 

 

人が行った方が良い所は人が自動的に行う方が良い所はMAツールを活用するスタイルと言うのが、実はより上手にマーケティングを行う為の重要なポイントになって来ます。

 

 

勿論どこを人間が行って、どこをツールを利用するかと言うのはその企業の考え方等によっても大きく変わってきます。

 

 

だから、その利用する範囲のさじ加減と言うのも重要なポイントになってくると言っても良いでしょう。

 

 

では一体どこで人間が携わった方が良いのでしょうか。

 

 

 

効果的にツールを活用するためのコツ

 

 

人間が携わった方が良いポイントとして一つピックアップしておきたいのがシナリオ設計に関しての事です。

 

 

実際にマーケティングを行う際は、どの様なタイミングで行動を起こすかと言うことや、その時はどういった行動にすべきかと言う事を戦略的に考えなければなりません。

 

 

こうした事を考えるのは機械ではなくマーケティング担当の方が現時点では良いと言えます。

 

 

ただ、担当者だからと言って、マーケティングに関するすべての事を担うとなるとその負担はかなり大きく、作業にもかなりの時間がかかってしまう事は容易に想像できるでしょう。

 

 

マーケティングのプロセスを自動化できるMAツール

 

 

そこで、担当者が絶対に行わなくても良い作業に関してはMAツールを利用して自動的に行えるようにするのです。

 

 

そうすれば、細かなデータ整理等の作業を担わなくても良くなるので、マーケティング担当者はより一層戦略に対して時間を割く事が出来るようになり、結果的にはツールを利用する以前と比べてもより綿密に計画されたシナリオ設計が可能となってくる事が期待出来ます。

 

 

したがって、このツール自体は確かにマーケティングを行う上でのプロセスを自動化する事が出来るので非常に便利な物となっているのですが、全てを自動化すると言うよりは、部分的に活用する方がより効率的にマーケティングが出来ると言う事を理解しておく方が良いでしょう。

 

 

ツールと言うのはただ使えば良いのではなく、どの様に使うとより便利に使えるかと言うコツを知っておく方が良いからです。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. KPIとKGIを用いた営業指標のポイントと具体事例
  2. 戦略的なCRM顧客管理システムの導入は成功事例に繋がる
  3. 売れる営業マンを見抜く面接で大切なこと
PAGE TOP