テレマーケティングの業務委託の実態とは

テレマーケティングの業務委託の実態とは

 

訪問営業よりテレマーケティングの方が効率的

 

近年は、顧客のフォローとしてテレマーケティングを行っている会社が多くなり、また、営業電話としてもテレマーケティングを行っているところも少なくありません。

 

テレマーケティングをすることで、少なくとも集客をすることができるようになるでしょう。

 

特に注目されているのは、保険業界や通信業界で活用されているテレマーケティングです。

 

最近は、わざわざ営業マンを利用して自宅を一軒ずつ訪問させるよりも、テレマーケティングをした方が効率的と言われています。

 

 

テレマーケティングの業務委託の実態とは

 

 

そこで業務委託をしている業者も少なく無く、電話でマーケティングをすることのメリットと営業マンが訪問するデメリットは表裏の関係にあります。

 

かつては、営業マンの訪問をし契約をとってくる会社が多かったですが、時代の変化とともに営業マンの成績が昔に比べると悪くなってきました。

 

これは単に不景気であることが問題ではありません。

 

なぜなら、電話でマーケティングをする場合でもインターネットでマーケティングをする場合でも訪問営業と同じように景気が悪ければ、同じように結果が出ないでしょう。

 

つまり景気のせいにするのは間違えています。

 

 

 

訪問営業の結果が芳しくない理由とは?

 

セールスマンによる訪問営業の結果は芳しくない理由は何かといえば、一つはドアホンがついたことです。

 

昔はチャイムを鳴らせば扉をあけて出てきました。

 

そこから契約につなげることも、決して難しくありませんでした。

 

ですが、ドアホンがあるせいで、玄関に誰が来たかわかってしまいます。

 

 

テレマーケティングの業務委託の実態とは

 

 

そのため、居留守を使う自宅が増え、そもそも契約の第一歩である対面をして説明をすることすらできなくなったのです。

 

次に、個人情報に関する規制が厳しくなったため、名簿を手に入れることができなくなりました。

 

そうすると、どの家にだれが住んでいるのかが分からなくなり、次第に効率の良いセールスをすることができなくなりました。

 

 

 

業務委託をして無駄な出費を減らしましょう

 

電話のマーケティングを行うことで、少なくとも訪問セールスよりも結果を出すことができています。

 

とはいえ、社員を雇ってテレホンアポインターを集めるのは非常に人件費がかかります。

 

しかも、1から仕組みを作らなければいけないとなれば、新たに自分の会社で1部門創設するようなもので、決して効率的とはいえないでしょう。

 

そこで業務委託をすることで、無駄な出費を減らすようにしている会社が増えています。

 

 

 

テレマーケティングの業務委託の実態とは

 

 

 

業務委託のメリットはまず専門的に知識を持っている業者に任せることができるため、自分の会社が1から勉強し直さなくてよいことです。

 

 

次に、人を集める必要もなくその分お金がかからなくなります。

 

効率面、資金面を考えても業務委託をうまく活用して、売上を上げていきましょう。

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 売れる営業マンを目指す人が就活時にすべき大切なこと
  2. カスタマーエクスペリエンスの活用方法と顧客体験の成功事例について
PAGE TOP