テレマーケティングにおけるアウトバウンドの単価

 

積極的に行動して売上を上げていきましょう

 

テレマーケティングを行う場合にはインバウンドアウトバウンドの2種類がありますが、このうちインバウンドとはテレマーケティングの会社ではなくお客さんの方から電話をかけることを言います。

 

例えばお客さんの方で携帯電話を所有していましたが携帯電話の調子が悪くなってしまったとき、業者の方に故障の連絡をして修理をしてもらうように依頼することがあります。

 

この場合はまさしくインバウンドといい顧客の側から電話がかかるため業者としてはそれを待ち受ける必要があるのに対して、アウトバウンドとは業者の方からお客さんに対して電話をかけるため両社は正反対の内容になります。

 

 

テレマーケティングにおけるアウトバウンドの単価

 

 

テレマーケティングを考える場合には、どちらが売り上げにつながるかといえばンバウンドの方がお客さんが必要だと思い電話をしてくれるため優れていると考えてよいかもしれません。

 

逆にアウトバウンドの場合はお客さんが必ずしも電話の内容に対して興味を持っていない可能性も高く、その場合にはそもそも反応率が悪くなり時間がかかるうえに電話をする人の精神面も考慮に入れなければなりません。

 

わざわざこのような方法を会社が利用する理由はただ待っているだけでは売り上げにつながらず、それよりも積極的に自分たちから行動した方が売り上げになる可能性が高いと考えているからです。

 

 

 

テレマーケティングにおける平均通話時間は”30秒”

 

アウトバウンド行う場合は一回当たりの電話の単価を気にしなければなりませんので、可能なかぎり格安の電話を利用することがテレマーケティングを行っている企業が生き残るうえで重要になってくるでしょう。

 

そこでまず電話でマーケティングをするときに見直しておきたいところが、一回顧客に対し電話するに当たりどれぐらいの電話料金がかかっているかといった細かい部分になります。

 

一般的に電話をかけるときには3分間で料金が決まることになるため、3分間続けて電話をする時もわずかに10秒程度で電話が切れてしまう時も同じだけの料金がかかることになるため料金体系は見直さなければならないでしょう。

 

 

テレマーケティングにおけるアウトバウンドの単価

 

 

 

一般的にテレマーケティングを行う場合一回当たりどれぐらいの通話時間になっているかといえば、平均で30秒ほどになっていることから3分間の設定では単価が高くなってしまうことは火を見るより明らかでしょう。

 

そこで 3分間の単位ではなく10秒単位などで区切られている電話の業者を選ぶことで、マーケティングの電話料金を3割から4割ほど安くすることが可能になるでしょう。

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. コールセンターでCRM顧客管理システムを取り入れデータ分析をするには
  2. AmazonのECサイトのコールセンターの運営について
PAGE TOP