コールセンターのアルバイトの研修のカリキュラムについて

 

 

コールセンターでのアルバイトの特徴

 

 

コールセンターでのアルバイトというのは、ほかの業種のアルバイトに比べるとなんと言っても時給が良いということが特徴的で、まずこれがコールセンターでアルバイトをするための大きなメリットと言えるものです。

 

 

コールセンターのアルバイトの研修のカリキュラムについて

 

 

SV(スーパーアドバイザー)という責任者がたくさんいることも特徴的なことですが、意外と最初はまったく慣れていない状態で入社をしたり、まったくの未経験から始められた方というのが多いようです。

 

 

最近では募集も多いもので、あらゆる種類の内容のものがありますが、基本的にお客様などとの電話による対応となるため、電話業務に対して抵抗がなく進められ、自信を付けていくということも大切な仕事となってきます

 

 

 

コールセンターでの働き方

 

 

募集をしているアルバイトの期間というのもあらゆる種類のものがあるもので、短期間の短いものではおよそ一カ月から二カ月にわたる期間のものですが、長期間においての募集になると少なくても三か月以上からであるとか、なかには半年以上や一年以上の期間に及ぶ長い期間にわたって電話業務をこなしていくことのできる方を求めている企業も多いようです。

 

 

期間についてのことに加えて時間帯についてもあらゆるものがあるもので、いくつものシフトのパターンというものがあるようですが、できるだけ長時間にわたって勤務ができる方が好まれているようです。

 

 

人気があるシフトのパターンは短時間のもので午後の時間帯のみの短い時間においての勤務一週間に三日や四日などのシフトの勤務も人気があります。

 

 

コールセンターのアルバイトの研修のカリキュラムについて

 

 

コールセンターにおいては正社員などの雇用の形態になると基本的には週五回以上で長時間勤務などが必須の条件となるものですが、パートやアルバイトのような雇用の形態では短時間の勤務も選ぶことができるため、ほかのお仕事との掛け持ちやほかに用事があることなどで週五回以上の勤務をしていくことが難しいような方にとってはありがたいシフトを選択できるメリットがあるということになります。

 

 

基本的にコールセンターというとことは平日のみならず、土曜日や日曜日、祝日なども勤務ができる場所のため、平日以外に仕事をしてみたい方にも人気がるようです。

 

 

業務内容が多岐にわたるようなことなども多いということから、人が足りないという人手不足のところもあるため、需要というのは大きいものです。

 

 

そのため、最近では以前よりも業務を希望される方が多くなったという傾向もあります。

 

 

 

アルバイトにも研修が必ず行われる

 

 

コールセンターには正社員として新しく始められる方はもちろんのことになりますが、アルバイトとして入られた方にも研修が必須の条件として行なわれています

 

 

研修期間というのはそれぞれの企業や内容、勤務期間などにもよって異なってくるものですが、研修を受けるということからスタートがされるものです。

 

 

これはどの企業においても行なわれるもので、実際にお客様と会話のやり取りをしていくなかで必要な知識というものは多いことから、スムーズな受け答えができるようになるためにも非常に大切なことになるということになります。

 

 

コールセンターのアルバイトの研修のカリキュラムについて

 

 

いちばん最初は、自分の名前を用紙に書いたりなどの書類の作成や、休憩室の案内などの施設内の案内や荷物を預けるためのロッカーの使い方などのふだんの日常的なことから始められます。

 

 

最初の1日の午前中などはおもにこのようなことが中心となります。

 

 

次はマニュアルと言われるものを実際に現場にいるスタッフや正社員と練習をすることになります。

 

 

業種によっては覚えなくてはならないことも非常に多いような場合もありますが、このようなカリキュラムには時間をかける場合も多く、長期間にわたる勤務の希望であるならば、研修期間がおよそ一カ月にわたるということもあるようです。

 

 

時間を十分にかけてしっかりとした研修をしていくことでお客様との電話でのやり取りというのができるようになるということです。

 

 

 

未経験から始めて責任者へなる人も

 

 

いままで電話の業務を経験したことのないまったくの未経験の方でも研修の期間を多く設けることで慣れていくことができ、まったく自信がもてなかった方でも未経験からスタートをしたものの、いまではスーパーリーダーという責任者として指導をしている方が多いというのも特徴があるということです。

 

 

基本的にコールセンターにおいては、電話を中心に使用をしていきますが、電話のほかにもパソコンも使用するため、それぞれの企業や部署などによっては異なるものですが、パソコンの使い方というのも行なわれています。

 

 

このような業務では基本的に電話とパソコンが使いこなせるということがまずは条件となるため、何回でも練習としてのトレーニングが行なえるカリキュラムというのが組まれているようです。

 

 

このようなカリキュラムをこなしていくことで未経験であっても自分に自信を付けていくことができるようになり、実際の業務においても的確な判断のもとに業務がスムーズに行なえるようになることができるようになると言えます。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. コールセンターの求人とアルバイト面接を受けて不採用になる人の特徴
PAGE TOP