テレアポにおける効果的なスクリプトの作り方

 

事前にやり取りを想定してテレアポのスクリプトを作りましょう!

 

テレアポを成功させて理想的な結果を得るのにはいくつかのポイントがあり、その中でも重要な事柄としてトークスクリプトを設けて書き出しておくという事があります。

 

内容としては前もって相手先に対してお伝えすべき文言を用意しておき、それらを目にしつつお電話するといった様子です。

 

具体的には電話を繋いだら会社名と氏名などを名乗った上で、ダイヤル先の社長もしくは担当者に繋いで頂きます。

 

 

 

 

その後新商品やサービス、売り出したい事柄の情報を案内し興味の有無をお聞きし、興味関心を抱いて頂けているようであれば、次のステップに移すべくアポイントを取ります。

 

こうした流れにおいて相手先から発せられる反応は一人ずつ異なるので、違った対応をしなければならないため、事前にやり取りを想定してシナリオを手掛けていきます。

 

電話営業で成功するためのマニュアルとなるトークスクリプトの作り方

 

 

専門業者にテレアポのスクリプト作りを依頼することも検討してみましょう!

 

テレアポのスクリプトが高度である場合は、相手の反応を複数パターン考えて複雑性が高い条件分岐型でスクリプトを生成していく事例もあります。

 

ただし、これまで導入してこなかった組織については、突然スクリプトを用意しなければならないとしても、何から手を付けて良いのかがわからないのが実情であるので、専門業者に作り方を相談したり依頼してみると良いです。

 

 

専門家だけありハイレベルな運用や設計について面倒をみて頂くことが可能ですし、プロが着手した物を参考にして作り方も学べます。

 

 

 

 

 

そうした専門的な機関に依頼したり、独自に知識やノウハウを蓄積していった方に共通するのは、テレアポにおいてはスクリプトはシンプルであるほど良いという事実です。

 

単純明快なものであるとどういった方がテレアポの担当者になったとしても即座に実践に移すことができますし、結果が出せるのは百戦錬磨の方のみというトラブルも予防可能です。

 

テレマーケティングの業務委託の実態とは

 

 

分かりやすいシンプルなスクリプトを作りましょう!

 

また、お相手が自発的に話を持ちかけてきているわけではなく、こちら側から持ちかけているので、良い印象が持たれているどころかマイナスからスタートしています。

 

そのため前触れも無く着信した上に長々と説明が始まってしまうテレアポでは、少しずつ関心度を高めていくどころか企業全体の印象も劣悪化させてしまいます。

 

そこで作り方として重要になるのはやはりシンプルさとなり、最も良いのは言葉足らずな印象に感じてしまうほど要点のみを纏める様相です。

 

 

 

 

十分にお伝えできないといった問題が頭をよぎりますが、短いながらも質でカバーさせられると十分に伝達させられます。

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

PAGE TOP