テレワークで働くために必要なマネジメント能力

コールセンターの職種で働く、アルバイトのオペレーター、社員のSVや管理者達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営ノウハウや役立つシステム情報をお伝えします。

 

 

テレワークの注意すべきポイントとは!?

 

テレワークは在宅で仕事ができるという特徴がある働き方です。

 

自宅に居ながらにして収入を得られることは大きなメリットですが、自信にマネジメント能力が欠けているとテレワークで十分な収入を得ることが出来なかったり、仕事に追われて生活が破綻するなど自宅で仕事をすることのデメリットが顕在化してしまいます。

 

テレワークに充実する人にまず求められるのが、仕事量をマネジメントする能力です。

 

テレワーカーは自分で仕事をもらえるようにアプローチしたり、発注側から指名を受けて仕事を受注することで自分が作業を行う案件を獲得します。

 

この際、自分が行える作業量を超えて受注してしまうことに注意しなければなりません。

 

 

テレワークは請負制であり、案件を受注して作業を行い、納品すればその時点での収入は確保されますが、仕事がない時期が続くことがあるなど将来的な収入が約束されているわけではないため、つい多くの案件があるときに複数の案件を引き受けてしまいがちです。

 

すると、自分が行える作業量を超えた案件を抱えることになって納期までに作業を完了させられなくなる恐れが出てくるのです。

 

この問題を避けるために、仕事量をマネジメントする能力が必要になります。

 

 

テレワークにおける、タイムマネジメントの重要性

 

また、テレワークは就業時間が定められていないため長時間労働になりがちです。

 

すると生活においてやらなければならないことを差し置いてでも作業をしてしまうため、仕事と生活を両立させるタイムマネジメント能力が求められます。

 

 

タイムマネジメントが出来ないと一日の大部分を仕事に費やしてしまい、子育てや家事といった生活の根幹に関わることがおろそかになってしまいます。

 

特にテレワークを行う主婦にありがちな問題で、自宅で仕事が出来るテレワークだからこそ仕事と生活を分けるタイムマネジメントを行うことが大切なのです。

 

テレワークの在宅で仕事が出来るという特徴は、マネジメント能力があって初めてメリットになるものなのです。

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 購入者の指標になり顧客満足度に直結するカスタマーサポート
  2. コールセンターの営業職をしている正社員がKPIを定めるとどうなるか
PAGE TOP