初期費用削減!スタートアップの味方

株式会社ゼニス

代表取締役 鳥本時彦

レゾナンスは都内有数のビジネス街でもある東京都港区(浜松町)、中央区(銀座)、渋谷区(神宮前)エリアに事務所を構えるバーチャルオフィスです。
会員様は個人事業主をはじめフリーランス、テレワークやノマドワーカー、もちろん法人の方々まで、様々な業種・業態がいらっしゃいます。
この好立地・好条件でここまでの低価格の設定は他にはございません。
月額3,000円の格安バーチャルオフィス!ただ今キャンペーン価格【月額1,500円】

ー まず事業内容を教えていただけますでしょうか?

事業内容

現在、浜松町、銀座、渋谷の都内3店舗でバーチャルオフィス事業を運営しております。
法人登記が可能な住所の提供、会議室レンタル、郵便転送、電話番号の契約、電話応対業務などや起業に必要なものを全て当社がサポートをしています。
初期費用やランニングコストを抑えたいスタートアップ、フリーランサー、個人事業主といった方々の力になれればなと思っております。

ー 住所登記や電話対応など事務所開設で必要な様々なことを一括してサポートができるということで、スタート段階の会社ほど力になれるという事ですね。ただもちろんバーチャルオフィスをやられている競合もあると思いますが、他社と比べて違いや強みなどはありますでしょうか?

他社との違いや強み

現在、1年分を一括払いでお支払いいただくと、月額1500円相当で利用できるキャンペーンを行っております。通常、当社のような立地のバーチャルオフィスだと月額3000円~5000円、1万円といった値段が多かったり、法人登記や郵便転送をすると追加料金がかかり、最初の値段は安いんですがオプションを追加していくと気づいたら値段が高くなっているということが多いんですね。

ー なるほど。

当社は法人登記や郵便物の毎週末転送がすべて込みで月額1500円というリーズナブルな価格でやっております。また、バーチャルオフィスだと無人が多いんですが、弊社は必ず有人で行っており、なおかつクオリティーも落とさず、お客様にサービスを提供しております。

ー 私もホームページを拝見いたしまして、1500円と記載があったので驚きました。法人登記、郵便転送を含めると高くなるのかなと思ったのですが、すべて込みというところに更に驚きです!相場より半額以上安いということですよね!安く抑えられている理由は何かあるんでしょうか?

まず住所提供するのにコストがかかりません。より多くのお客様、起業家様に利用していただきたいという思いがあるので、この精一杯の金額でやっております。
私も会社を起こそうと思った時に、どうしても最初の初期費用が気になりました。最初はコストが抑えられればだいぶ助かりますしね。私なりの、全力の還元です(笑)

ー ありがとうございます。無人ではなく有人で運営されているということですが、これは常時どなたかがいらっしゃるのでしょうか?また、他社だと無人が多い中で御社は有人ですが、最初からそういう感じなんですかね?

弊社では常にスタッフが常駐しております。そして最初から有人でのサービスです。他社だと無人化が多いので、弊社はそこで差別化を図るという意味で有人でのサービス提供にしました。あとは、値段も安いので大丈夫なのかな?と心配されがちなので、安心していただけるように、あえて有人という形をとっております。

ー なるほどですね。極端に値段が低いと、どうしても安かろう悪かろうというイメージに繋がりやすい事があると思うんですが、そうではなく、しっかりとそこは有人でサービスを提供する事によって安心感を得ていただくということですね。
ちょっとした疑問なんですが、他社でバーチャルオフィスを利用しているという方から“御社のサービスに乗り換えました”というの事例も多いですかね?

非常に多いですね。やはり、値段の差で弊社のサービスにまずは興味を持っていただいてます。興味を持っていただいてからサービスの内容確認、その後、実際にちょっと利用していただいて“値段以上のサービスを受けられて非常に安心しました”というお声をいただいております。

ー 利用者の方も増えているという事ですが、ホームページからの問い合わせが多いんですかね?

そうですね。ホームページも多いんですが、お客様からの紹介も非常に多いですね。

ー 広告も出しているとは思いますが、紹介から入っていただいているお客様が非常に多いんですね。

そうですね。起業セミナーとかを開催している講師の方からの紹介が多いですね。「スタートアップでバーチャルオフィスを使うならここが良いですよ」というふうに特別お願いしているわけではないのですが、宣伝していただいているみたいで非常に嬉しく思っております。

ー そうなんですね!やはり満足度が高いということですね。

はい、やはり値段が安いので講師の方もご紹介しやすいんじゃないですかね(笑)

ー なるほど(笑)ありがとうございます!昨年のコロナで様々な業界・企業が打撃を受けておりますが、コロナ前とコロナ後とでは御社の方では影響はありましたでしょうか?

コロナの影響は?

コロナ以降の方が皆様、固定費削減や事務所の閉鎖など多いようでリモートワークが普及したと思うんですね。リモートワークの普及により事務所を持たないで、手軽に起業が出来る、ということでバーチャルオフィス自体のニーズが今まで以上に高まった年だったと思います。そのおかげで、バーチャルオフィスの知名度が皆様により一層、認知されたというのがあるので、昨年はコロナ禍でありながらもおかげ様で多数のお申し込みをいただきましたね。

ー なるほど、それは素晴らしいですね!やはり時代の時勢に伴って、むしろよりニーズが高まってきたというところですね。ちなみに実際に利用されるお客様はコロナの前と後で、お客様の層に変化はありましたでしょうか?

そうですね、副業で利用される方は増えたかなと思います。起業されて利用されるという方の数はそこまで変化ないですが、どこかにお勤めをしながら副業をするという方が多くなったかな、という印象は受けますね。

ー やはりコロナで本業の収入が安定しないというのも当然出て来ていると思いますね。

そうですね。やはり収入が下がっている方が多いようで、それをちょっとでも補おうという事で副業を始めるという方が非常に多かったみたいですね。

ー そうですよね。ありがとうございます。そういった方にとっては非常に力強いサービスですよね。現在、都内に3店舗とのことですが今後、店舗を増やしていくなど、事業展開をお聞かせいただけますでしょうか?

今後の事業展開

東京都23区の各エリアで住所が欲しい、というニーズは結構あるんですね。例えば、今渋谷区に登記していて、新宿区へ移転しようとすると移転登記の費用が6万円かかるのですが、同じ渋谷区内ですと半額で安く済むんですね。なので、少しでも費用を抑えられるようにと、同じ区内でのオフィス移転のニーズがあるんですよ。
23区の各エリアすべてに店舗を持っていればそういったお客様のニーズに応えることができるようになりますので、23区の各区に店舗を増やして行くというのが目標ですね。もちろん、東京23区だけではなく、横浜や関西の方にも店舗展開していけたらなと考えています。

ー そういったニーズが実際にあるんですね!こういう機会でお話を聞かないと分からない事ですね!そういったニーズに応える為にも店舗を展開して行くという事ですね。

そうですね、今後進めて行こうかなと思っているのが、「コワーキングスペース」「シェアオフィス」ですね。弊社にも会議室はあるんですが、ちょっとした仕事をできるスペース、個別で業務をするスペースは設けていないので、お客様から設けて欲しいというお声を多々いただいているので、今後作っていこうかなと検討しております。

ー 近年すごくコワーキングスペースは多くなりましたよね。ありがとうございます。最後にアピールしたいポイントなどはございますでしょうか?

最後に

これからも月額1500円のキャンペーンは続けていきますので、今後もより多くのお客様、起業家様に安価な金額でより良いサービスを提供していきたいと思っておりますので、是非ご利用いただければと思います!

ー ぜひ東京23区出店を成し遂げていただければと思います!鳥本様、本日は誠にありがとうござました!

会社情報
会社名 株式会社ゼニス
住所 〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15(浜松町本店)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-11(銀座店)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-4(渋谷店)
URL https://virtualoffice-resonance.jp/
事業内容

バーチャルオフィス / 郵便物受け取り代行業務 / 転送電話サービス / 電話による応対代行業務 / WI-FIレンタル

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターでCRM顧客管理システムを取り入れデータ分析をするには
  2. 営業職の方ならば比較的簡単にコールセンターで正社員として採用されます
PAGE TOP