営業課題を抱える企業の悩みを解決する 株式会社Lis

株式会社Lis 代表取締役社長 浅井 央

データドリブンの営業開拓手法で、成長企業の事業拡大を支える

独自のCRMツールで過去2万件以上のアウトバウンドのデータをもとに、定量的な分析と戦略立案をします。
各業界特化のプロフェッショナルの営業人材が、マーケティング、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスまで一気通貫して支援します。

ー 今回は株式会社Lisの浅井社長にお越し頂いております。本日はよろしくお願い致します。まず御社の事業内容をお伺いできますでしょうか?

事業内容

はい、事業内容は大きく2つです。1つ目は 法人様向けのBtoBの営業支援事業、2つ目は見込客の集客ツールの販売事業、この2つが主要事業となります。

ー ありがとうございます。ちなみに営業支援事業とは、具体的にどのようなことをされていますでしょうか?

お客様として多いのが、 SaaSの事業者様、広告代理店様、人材系の企業様、この3種類となっておりまして、業務内容としては営業のアポイントを取って、訪問して、契約を取る、という成約までのところと、成約以降のカスタマーサクセスと幅広く対応しております。

ー ありがとうございます。 あとは集客ツールの販売もされているということですが、こちらも同じようにSaaS、広告代理店、人材系の企業様が多いのでしょうか?

ありがとうございます。このツールに関しては企業様で、営業部がある会社様に関しては基本的にメリットを感じていただいているかと思います。

ー なるほどですね!ありがとうございます。

創業の経緯

ー 創業の経緯と言いますか、起業しようと思ったきっかけはありますでしょうか?

きっかけで言うと今の会社は2020年に創業した会社で、これから3期目に入るのですが、大きく2つあります。
1つ目は僕自身の話で、前職はプルデンシャルという保険会社に勤めておりました。そこでこれからの人生でお金を稼ぐということと、自分のスキルにレバレッジを効かせたいなと思い、当時の選択肢の中で”起業して、その会社を売却する”ということが一番レバレッジが効くのでは、ということで創業に至りました。
2つ目は、共同創業でもう一人役員がいるのですが、彼ともともと”起業しよう”という話をしていたからです。その彼が結婚や出産などが重なったので大変な時期ではあったのですが、当初の思いを貫き、創業に至りました。

ー ありがとうございます。時期的にもちょうどコロナが広まり始めた時だったということですが、そこで起業に踏み込む自信というか、勇気というのが素晴らしいなと思いました。

ありがとうございます!

なぜ営業支援、営業代行事業なのか

ー そもそもなぜ営業支援、営業代行事業に着目したのか教えていただけますでしょうか?

まず私自身、営業職でずっとキャリアを積んできて、共同創業者も営業からキャリアスタートしたという経緯がありました。周りの人間も営業職をしている者が多かったので、立ち上げのメンバーも全員営業職だったので強みを活かせるだろうと思い、営業の領域で起業しました。

更に働き手と企業側の課題解決として、働き手では20代後半から30代前半の営業のマネジメント職の方は年収がなかなか上がらない、スキルの幅をきかせられない、という課題を解決したいというのが1つ。もう1つが企業側で、保険会社で働いていた時、経営者の方とお付き合いすることが多く、営業を課題と感じている方が多かったので、 その課題を解決をしたいなと思っておりまして、営業支援事業を始めました。

ー なるほど。営業経験を活かしながら、実際目の当たりにしていた社会課題を解決できたら、という想いだったのですね。

はい、働き手と企業側の課題を解決したいという想いは根底にありました。

ー ありがとうございます。その中で具体的にこういう御社独自のシステムや強みなどはありますか?

それで言うと1つだけで、人材ですね。他にも営業会社は多いですが、学生が営業したり営業未経験の方が営業をするという場面が意外と多いです。弊社の場合は中途の営業社員を揃えており、なおかつリクルートやキーエンス、野村証券などの大手で営業経験をしているメンバーを集めているので、そこが他社との差別化ができている点かなと思います。

ー 素晴らしいですね!人材は一番重要なところですよね。

今後の事業展開

ー ちなみに今後の事業としてやっていきたいことはありますでしょうか?

3つありまして、まず今引き合いが多いのが Web業界の会社様なのですが、いわゆるSaaS系とか広告代理店とかですね。ここの事業を拡大したいです。ですので人材もデジタルマーケティングに強い広告代理店などのメンバーを集めたいと思います。
もう2つが、営業を主軸とした自社のサービスを展開していきたいです。先ほどお話ししたツールもそうなのですが、自社の営業ノウハウを活かして自社サービスをどんどん展開していきたいです。
3つ目がですね、フリーランスで特にマネージャー層を採用して、2023年までに代理店さんが今だと150社ぐらいなんですけれども、それを1,000社まで持っていきたいと思います。

ー 1,000社!すごいですね。

はい、自社商材を作ったらどんどん代理店さんに拡販いただく 、既存の営業代行業も強化して、シナジーを産めたらと思います。

ー 今後やっていきたい自社サービスはどんなものがありますか?

そうですね。今回このツールを作ったのは自社サービスとして展開していきたいと言うことはもちろんなのですが、こういったツールは使いこなせないという声が非常に多く、販売も難しいという声も多いんですね。SaaS系の商材だとあるあるだと思うのですが。
出来る限りユーザーさんが使いやすいサービスであったり、代理店さんが稼げる商材を作っていけたらと思っています。

ー ありがとうございます。サービスとしてはシンプルさ、機能、 売りやすさ、コスト面も含めて代理店さんが売りやすいものを、ということでしょうか?

そうですね。まず敷居を下げて、そこからアップセル・クロスセルで色々なシステムやサービスを提案できるようにしていきたいです。足跡集客ゲットリードの現状の機能は3つで、リスト作成、自動メール送信、自社ホームページへのアクセス解析(訪問企業名の把握)ができます。ただ今後はこれがCRM機能やBI機能などを備えたり、経営管理のシステムになるかもしれないです。
まずは簡単なところから入れてもらって、そこからアップセル・クロスセルを考えているという形です。段階を追ってやっていこうと思います。

ー ありがとうございます。会社への思いや今後のビジョンなどがお聞きできて、私自身も大変勉強となりました。
浅井社長、本日はありがとうございました!

会社情報
会社名 株式会社Lis
住所 東京都港区港南1-8-23ハートビュータワー2401
URL https://lis-sales-japan.com/
事業内容

営業代行事業
MAツール運用支援事業

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 電話営業のノウハウとクロージングを使用する方法
PAGE TOP