今の時代はOnetoOneマーケティングで行動履歴などから顧客の属性や趣味嗜好を読むのがビジネスの常識

 

 

店舗がネットビジネスに勝てなくなった要因

 

 

今の時代はOnetoOneマーケティングで行動履歴などから顧客の属性や趣味嗜好を読むのがビジネスの常識となっています。

 

 

これが出来ないと適切な情報を顧客に届けるという事が出来ないので、まず厳しいビジネスに勝ち残る事が出来ないという事になってしまいます。

 

 

今のデパートなどがネットに勝てなくなった理由が正にここにあると考えてもいいでしょう。

 

 

今の時代はOnetoOneマーケティングで行動履歴などから顧客の属性や趣味嗜好を読むのがビジネスの常識

 

 

ネットは単に安くて多くの商品があるというだけのモノではありません。

 

 

顧客に対して適切な情報を提供するという事が出来ているので、支持されているという事を忘れてはならないでてしょう。

 

 

これに対して店舗などは大多数の人が好むであろうというものを適当に見繕って出すという事をしているわけですから、これに太刀打ちをすることが出来ないのは当然という事にもなります。

 

 

ネットを見れば自分の欲しい情報がいくらでも出てくるのに、店舗ではそれが全くないということになれば、人がネットしか見なくなるのは当たり前という事になるでしょう。

 

 

この事が理解できていないという事が店舗などの古いビジネスが新しいネットビジネスに勝つことが出来ない大きな要因という事になります。

 

 

 

もはや店舗ビジネスは競争相手ですらない

 
ネットという世界はこのようなレベルで常に競争をしているので、あっという間に店舗ビジネスを追い抜いてしまったという事になるのかもしれません。

 

 

何しろネット上では一時の遅れが致命的になるという事があるぐらいに極めて厳しい世界になっています。

 

 

出遅れればそれであっという間にシェアを獲得されてしまうわけですから、これを後から挽回することなど不可能に近いという事も理解しています。

 

 

そのため、店舗などの古い業態などもうネットは見てもいないし競争もしていないという事になっているわけです。

 

 

今の時代はOnetoOneマーケティングで行動履歴などから顧客の属性や趣味嗜好を読むのがビジネスの常識

 

 

既に競争相手にすらなっていないわけですから、これがどうあがこうと何も出来ないというのは当然ということになります。

 

 

ほんの数年で劇的にこのような変化が起きたわけですが、これは常にビジネスを競争で進化させているところと同じところで停滞し続けたところとの大きな差という事にもなるのでしょう。

 

 

そして、これは他の様々な業態でも言える事で、特にこれから店舗と同じようになっていくと考えられるのがテレビや新聞ということになりそうです。

 

 

これらの業態は既にオールドメディアというように言われているぐらいですから、もうネットに負けているという事を自覚しなければなりません。

 

 

 

テレビや新聞は『見ない』人も増えてきている

 

 

既にネットはOnetoOneマーケティングが当たり前で、常に個人一人一人に対してケアが出来ているという状態でビジネスをしているのに対して、テレビも新聞もまだ大多数の人を目標として情報発信をしているという状態です。

 

 

そして、ネットから批判を浴びるとネットにはデマがあるので注意という事をいうのですが、自分達も今やネットを利用して様々な情報を獲得して、ネットではこうした事が流行っていますというような事をテレビや新聞で言っているわけですから、もう自分たちで負けている事を認めているようなものです

 

 

昔はテレビや新聞が信用できるものだという事を信じさせることが出来ましたが、今ではネットによって様々な不祥事や偏向報道が指摘されるようになって、今後は存続すら怪しいといっても良いかも知れません

 

 

すくなくとも今のネットのやり方を参考にして、OnetoOneマーケティングをするなどして、視聴者の意向というモノを省みるということをしなければ、まず全てのオールドメディアが壊滅することになるでしょう

 

 

今の時代はOnetoOneマーケティングで行動履歴などから顧客の属性や趣味嗜好を読むのがビジネスの常識

 

 

若者がテレビや新聞を見ないのは、見られないという環境があるからではなく、見られる環境があるにも関わらずネットしか利用しないという厳しい判定を受けているという事実を認識しなければなりません。

 

 

何しろ無料で自分達がお金を払わないで見ることが出来るものであるにも関わらずに見られないという事は余程の差が既にあるという事なのです。

 

 

両方見るというのであれば、まだ救いようがありますが、テレビは見ないという事を公言する人が溢れているわけですから、明確にオールドメディアはネットに劣っているというように考えられているという事になります。

 

 

それは既に若者の間では当たり前のようになっているわけですから、これを今から挽回しようとしても無駄という事になるかもしれません。

 

 

むしろ、これまでの成功体験がありますから、これが邪魔をして何もしないということになるのがおちでしょう。

 

 

例えば、ネットは常に視聴者からの意見をコメントやメール、アンケートという形で確認しながら放送をしているので、その場で視聴者からの質問に答えたりという極めて利用者が楽しめるものとなっていますが、オールドメディアはそうしたものに一切取り組んできませんでした。

 

 

デジタル放送が始まって双方向での情報交換が出来るようになったにも関わらず、この情報交換システムを使った番組など全く出来なかったといって良いでしょう。

 

 

これでは勝てるはずがありません。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

PAGE TOP