マーケティングの視点からも活用できる!PEST分析は外部環境を分析するためのビジネスフレームワーク

 

 

その時代に求められるものを提供できる会社に

 

 

時代の流れを捉えることは、ビジネスを成功に導くために欠かせないことです。

 

 

成功企業は必ず世の中の変化や流れ、流行などにあった商品やサービスを提供しているのです。

 

 

そのため、会社が行う様々なことを考えていくためには景気やテクノロジー、法律といった外部の環境分析が有効になります。

 

 

PEST分析は、経営戦略や海外戦略やマーケティング活動を行う時に使用される分析手法で、自社を取り巻いているマクロ的な外部環境を分析します。

 

 

分析の視点は政治Politics)、経済Economy)、社会Society)、技術Technology)という4視点で、現在または将来的にこれらの外部要因が自社にどのような影響を与えるかを知るための分析手法です。

 

 

それぞれ英語の頭文字をとってPEST分析と呼ばれています。

 

 

マーケティングの視点からも活用できる!PEST分析は外部環境を分析するためのビジネスフレームワーク

 

 

この分析手法は、自社事業に大きな影響をもたらすマクロ環境を効率的に分析するためのフレームワークです。
企業はいつの時代にもその時代から求められるものを提供していくことでお客様から評価されているのです。

 

 

このような外部環境は時代の変化にともない、変化していきます。

 

 

そのような流れの中で、自身の組織や商品を時代に合わせて変えていくことができることが、生き残りへの大きなヒントとなるといえます。

 

 

この分析を行うと、どこにどうやって参入するかという方向性が見えやすくなりますし、戦略を柔軟に組み立てて将来的について備えを行うことができます。

 

 

 

PEST分析のそれぞれの要因

 

 

ではこの分析の4視点である政治や経済、社会や技術にはそれぞれどのような要因があるのでしょうか。まず政治的な要因として挙げられるのは、規制など、市場のルールを変化させるものなどです。

 

 

例えば、法律や法改正、減税や増税、政治や政権交代、政治団体などが挙げられます。

 

 

また、経済的要因としては、景気や経済成長などに関する要因が挙げられます。

 

 

例えば、景気の動向や消費動向、物価や経済成長率、そして、為替レートや株価、金利や原油などのものが経済要因として挙げられます。

 

 

社会的要因は、人口の変化など、需要構造に影響を与える要因が挙げられます。

 

 

例えば、人口構成や人口密度、世帯数や老齢人口などです。また、少子化や高齢化、流行や世論、宗教や教育といった要因などが挙げられます。

 

 

技術的要因は、IT技術など、企業間競争などに影響を与える要因が挙げられます。

 

 

例えば、イノベーションや特許、新技術や技術開発、IT活用やインフラなどもあります。

 

 

これらの要因は外部要因として企業を取り巻いています。

 

 

これらの点は企業が評価される支店でもあります。

 

 

このような中で企業は企業外からから評価されることが生き残りに必要になるといえます。

 

 

外部環境に合わせて最適化された商品を提案していくことで、評価される企業となるということなのです。

 

 

マーケティングの視点からも活用できる!PEST分析は外部環境を分析するためのビジネスフレームワーク
しかしこのような環境は、企業が単独で変えることができる要因です。

 

 

内部環境であれば自社の商品やサービスそのものであるため、分析することでコストなどの生産性に関する変更や営業に関する活動の改善などを図ることができます。

 

 

しかし、企業自身が自由にこれらの外部環境を変えるということは難しいのです。

 

 

そして、PESTの各要因は自社の経営戦略ブランディングマーケティングなどの戦略を検討していく際の大前提となります。

 

 

そのような環境の中に参入していく以上はこうした環境分析に基づいて、企業が外部環境に合わせて変化を行っていくことになるということなのです。

 

 

PEST分析はその外部環境の中でもマクロ環境を把握して、外的な環境に合わせて自社を変化させるというためのフレームワークなのです。

 

 

 

自社へどう影響するのかということを知るための手段がPEST分析

市場の変化を敏感に捉えるならPEST分析は不可欠だといわれています。

 

 

分析の際には情報収集とその根拠になるものについてきちんと収集し、これらの分析を通して考えられる社会や個人の潜在的ニーズを見抜くことが大切だといわれています。

 

 

そして、PEST分析4要因の変化をより細分化することで、自社にとってのチャンスを見つけ出すということが大切だといわれています。

 

 

マーケティングの視点からも活用できる!PEST分析は外部環境を分析するためのビジネスフレームワーク

 

 

成功した企業の商品やサービスは世の中の変化や流れ、トレンドなどに沿って提案されているといわれています。

 

 

そのような外的な環境は変化しています。

 

 

そのような変化に対し、自社の組織や商品を時代のニーズに合わせることができるものが生き残ることができる者であるといわれているのです。

 

 

そのような外的な環境をマクロ的な視点から把握して、自社へどう影響するのかということを知るための手段PEST分析です。

 

 

このように、この分析手法は時代の流れを捉え、ビジネスを成功に導くために欠かせないビジネスフレームワークの一つといえ、この手法を用いることで、企業が置かれている外的環境を把握し、経営戦略やマーケティング活動などに効果的に取り入れていくことが可能となります。

 

 

この分析法は国内だけでなく海外進出の際にも活用でき、進出しようとする国にどのようなポテンシャルがあるのかなどを知るためにも有効です。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. コールセンターの正社員に採用されるためにはカスタマーサポートのスキルを磨こう
PAGE TOP