コールセンターのSVやマネージャーの年収はどうなのか

 

 

SVやマネージャークラスの年収はこのくらい

 

 

インターネットが全盛期の時代でも、コールセンターは流行しています。

 

 

なぜコールセンターが流行しているかと言えばやはり人間の会話の中で契約を結ぶことは有効性が高いからです。

 

 

そこで、コールセンターの組織も昔に比べていっそう強化しており、現代風のやり方をしている特徴があります。

 

 

ただ最近は、インターネットの情報を駆使しながら行っているのが特徴です。

 

 

コールセンターのSVやマネージャーの年収どうか

 

 

コールセンターの組織の中にはSVマネージャーが存在していますが、その仕事は主にそこで働く人たちの管理をしているのが特徴です。

 

 

ただ、人を管理するといっても漠然と仕事の結果だけを見ていては管理しきれない部分があります。

 

 

そうすると、年収にも響いてきてしまう可能性が高いでしょう。

 

 

ちなみに、年収はどれぐらいになっているかと言えば会社によって異なる場合と活躍によって異なることが考えられますが400から1,000万円位と考えておけばよいでしょう。

 

 

 

管理をしっかりするために導入されるシステム

 

 

会社側としては、年収もさることながら少しでも効率的な仕事をさせようとしています。

 

 

効率的な仕事をするためには、インターネットの力が欠かせないものとなるわけです。

 

 

そこで実際に利用されているものはCTIシステムになりますので、これを利用しているところも増えてきています。

 

 

このシステムを利用する場合には、それなりの費用がかかりますが主にレンタルする場合システムそのものを購入してしまう場合があります。

 

 

レンタルする場合には、初期費用があまりかからないのが特徴になります。

 

 

そのかわり、毎月業者の方で管理をしてくれますので管理費用がかかると考えて間違いないでしょう。

 

 

これに対して、完全にシステムを購入する場合には、初期費用がそれなりにかかりますが、毎月の管理コストはそれほどかかりません。

 

 

しかも、導入したシステムがあれば、お金はかかるものの順次好きなものを導入していくことでよりしっかりとした管理をすることができるようになるでしょう。

 

 

コールセンターのSVやマネージャーの年収どうか
CTIシステムを採用することでどのようなメリットがあるかと言えば、まず人間の管理をすることができます

 

 

本来マネージャーが行うべき人間の管理は、人数が多ければ多いほどすべての情報をマネージャーが管理できるわけではありません。

 

 

やはり見落とすところもありますので、そこから問題が発生することも考えられるわけです。

 

 

ですが、このシステムを利用することで一人ひとり細かいところまで管理をすることが可能です。

 

 

もはや人間の管理も、マネージャーやSVが行うだけでなく、インターネットのAIを駆使することでより完全に近い形で実現していきます。

 

 

例えば、オペレーターと顧客が会話している内容を正確に第三者が聞き取り理解することができるようになります

 

 

ある程度能力がある人ならば、より良い会話をして顧客を獲得していきますがそうでない場合でも録音することができるため後でどのような点が良くないのかを告げることができ次回に改善できます。

 

 

そうすると、契約がなかなか取れない人が今までどのような理由で取ることができないかをマネージャーの方で見つけることができるようになるでしょう。

 

 

そうすると、その人個人だけでなく他の人や新しく入ってきた人にも良い例良くない例を見せることができるようになります。

 

 

 

トラブルを未然に防ぐのも仕事

 

 

管理職は、トラブルを未然に防ぐのも仕事の1つと言えるでしょう。

 

 

特に、顧客に対しての信頼を失うとなかなか回復させるのに時間がかかってしまい、最終的に売り上げが減少する恐れが考えられます。

 

 

ですが、未然に顧客のクレームを減らすことができれば、トラブルが未然に防げるだけでなく売り上げを伸ばすことも充分可能です

 

 

もちろん、トラブルに使う時間を有効活用することができるため、貴重な時間を無駄にせずに済むでしょう。
管理職としては、それぞれのスタッフが最大限の能力を発揮して結果を出すことに全力を尽くしますが、やはりスタッフによって能力差がある事は否めません。

 

 

また、1日の間で、電話をする回数が違う場合にはそれぞれのオペレーターの間で不公平が生じてしまうことが考えられるわけです。

 

 

例えば、1日100件電話する人に対しての場合と、1日80件しか電話しない人の給料が同じだとすれば、不満を漏らすのは間違いのないところです。

 

 

コールセンターのSVやマネージャーの年収どうか

 

 

そこで、システムを利用し1日にどれだけの数の電話をしたかを早くすることで、より平等に給料を与えることができるようになります

 

 

もちろん、電話の回数だけをしても契約が取れなければ意味がありませんので、契約数も考慮に入れることになりますが、電話の回数が少ない人に対しては研修をやり直したりすることもあります。
このように、可能な限り平等な対応をして働きやすい職場を作るのもマネージャーやSVの仕事になるため、その点をよく理解しながら仕事をすることが大事になるのは間違いありません。

 

 

CTIシステムを利用する場合には、平均的に毎月10万円位かかることもありますが、購入する場合だと毎月の管理費用は1万円程度です。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターの求人で求められるスキルについて
PAGE TOP