コールセンターの求人に応募した際のアルバイト面接での志望動機について

 

 

高時給で人気のコールセンターで働くために

 

 

コールセンターのアルバイトは時給が高いので学生にとても人気が高いですし、主婦フリーターの人が始めることも多いのが特徴です。

 

 

コールセンターの求人に応募した際のアルバイト面接での志望動機について

 

 

人気の職種であるために希望者が殺到するケースもあるので、そんな中で採用されようと思うのならアルバイト面接でしっかりとした受け答えをしなければなりません

 

 

求人が入ったら基本的にはすぐに動くことが重要であり、適性をきちんと満たしていることもポイントになります。

 

 

 

コールセンターで必要な適正

 

 

始める前に確認しておきたいのが、コールセンターの仕事をきちんとこなせるタイプなのか苦痛には感じないかという点です。

 

 

様々なお客様から相談を受けたりクレームが入ったりして、それに対する解決策を提示しなければなりませんので、人の話をきちんと聞けることは最低条件です

 

 

更に、適当に話を聞いていれば相手にも分かってしまいますので親身になって話を聞くことができるのも重要ですし、相手の気持ちに寄り添うような心も持たなければなりません。

 

 

続けていくうちに知識は段々と蓄積されていって処理能力も向上していきますので、対応力というのは自然に身についていくものです。

 

 

コールセンターの求人に応募した際のアルバイト面接での志望動機について

 

 

しかし、お客様の問題を解決しようという気持ちがなければ少々面倒な相談を持ちかけられた時におざなりな対応になってしまい、相手に不快感を与えてしまうことにもなり兼ねません。

 

 

こういった部分は人間性に関係してきますので、人の話を聞いて共感できるような人でないと難しい可能性があります

 

 

また、かかってくる電話はクレームが多いので、ストレスを溜め込まないようにできるかも重要です。

 

 

ストレス耐性の低い人は、クレームを受けるたびに精神的に落ち込んでしまい、段々と業務に支障をきたすようになります。

 

 

相手は人ですので様々な対応が必要になりますが、臨機応変に対応できるタイプなら仕事をしているうちにどんどんスキルを身につけることができます。

 

 

 

採用担当者が見ている部分

 

 

実際に採用担当者が欲しいと思っているのは、それぞれの環境に適応する能力があって人の話に耳を傾けることができるタイプです。

 

 

コールセンターでの仕事は初心者でもできますが、分からないことなどは上司やリーダーなどに聞いてアドバイスを受けなければなりませんので、そのアドバイスに素直に従えることができるかがポイントになります

 

 

コールセンターの求人に応募した際のアルバイト面接での志望動機について

 

 

採用担当者は面接の際にこの辺りをチェックしますので、やる気以外にも適応能力があることを示しておくと有利です。

 

 

アドバイスを受けた後の対応としては、教わったことを実践に活かせる力も重視されますし、対応の良さも評価されるポイントになっていますので、コールセンターで働きたいと考えているのなら基本的なこととして覚えておかなければなりません。

 

 

話し方は小気味良く、反応は素早くが鉄則ですので、面接試験ではあまり考え込むようなことはせずにテンポの良い会話を心がけることが大切です。

 

 

 

志望動機

 

 

受け答えの基本を学んだら、あとは志望動機も重要です。

 

 

志望動機から、応募者の熱意ややる気、適性を確認しますので、どのような内容にしたら好印象を与えることができるのかを知っておく必要があります。

 

 

志望動機における対策では、未経験者なのか経験者なのかで対応が違ってきます。

 

 

 

未経験者の場合

 

 

未経験者の場合、自分の目標を明確にしてコールセンターという仕事を通して更にステップアップしたいという思いを表すようにします。

 

 

その目標を具体的に実現するための手段としてこの仕事を選んだという風に関連づけるのも良いですし、過去の経験や仕事を通して役に立ちそうなことを挙げるのも良い方法です。

 

 

コールセンターの求人に応募した際のアルバイト面接での志望動機について

 

 

興味を持ってもらえれば、過去の経験を通して学んだことや辛かったことなどを聞かれますので、それにも答えられるように内容を考えておくことをおすすめします。

 

 

こういった仕事ですので、忍耐力を身につけるような経験をした人は忍耐力があることをアピールするのも良い印象へとつながります。

 

 

 

経験者の場合

 

 

経験者の場合には、それだけで強みになりますのでこれまでに経験したことや学んだことを素直に伝えれば好感触が得られます。

 

 

仕事をする上でどのような点に気をつけたのか、お客様にはどう向き合ってきたのかをアピールし、今後はどのような働き方をしていきたいのかを伝えることができれば、任せても大丈夫だと思ってもらえる可能性が高くなります。

 

 

コールセンターの求人に応募した際のアルバイト面接での志望動機について

 

 

面接試験ではそれまでに経験した業務の内容やサービス、職務上のポジションなどについて質問されることがありますが、場合によっては守秘義務に触れることもありますので、問題のないような受け答えができるように準備をしておくと安心です

 

 

志望動機というとやる気を前面に出すのが正解だと思われがちですが、採用されるためにはコールセンターという仕事をよく理解した上で求められるものをきちんと把握しなければなりません。

 

 

適性があることを的確な言葉でアピールし、企業が求める人物像に沿うような形でイメージの良い答えを用意できれば、自然と良い結果が得られます。

 

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

サポートチーム
サポートチーム
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. インサイドセールスを効率的に行うにはマーケティングオートメーションのツールと事例を理解しよう
PAGE TOP