コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

アルバイト・パートには初心者向けの仕事

 

コールセンターとは、お客様への電話対応を専門に行う部署です。

 

主に、クレーム対応や注文を受け付ける受信専門のインバウンド業務と、アンケート調査や営業を行う発信専門のアウトバウンド業務に分かれています。

 

 

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

 

インバウンド業務の中でも、クレーム対応専門部署と注文を受ける専門の部署など、細かく分かれている場合もあります。

 

アウトバウンド業務の場合は、あらかじめ発信すべき電話帳が用意されていることもありますが、受話器を取ればそのまま電話がかかるというランダム方式の場合もあります。

 

いずれにしても電話対応のマニュアルを細かく用意している企業が多いので、アルバイトやパートの初心者向けの仕事とも言えます。

 

 

 

コールセンターは”顔の見えない接客”

 

顔の見えない接客であるため、相手の求めていることが理解しにくく通常よりコミュニケーション能力が求められます。

 

自分の説明が理解されているかも確認しにくいので、どのような場合にも丁寧で分かりやすい説明が求められます。

 

電話のオペレーターといえど、企業の顔であるため、常に冷静でありながらお客様に寄り添った対応が求められるため、人と話すことが好きな人や明るく応対できる人、誰とでも話をできる人にはピッタリの仕事です。

 

 

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

 

コールセンター業務を続けていくことで、丁寧語や敬語といった接遇用語を身に着けることもできます。

 

地方出身者の場合は、標準語に慣れることもできます。

 

また、電話で応対しながらその内容をパソコンに入力することも多いので、ブラインドタッチができるようになったり、データ入力のスピードが上がったり正確性が増したりするというメリットもあります。

 

 

 

アルバイト・パートでも時給が高いのがコールセンター

 

コールセンターの仕事は、常に一定の人数で対応しなければならないため、時期を問わず求人があります。

 

オペレーター業務を委託しているため直接求人を出しておらず、派遣会社経由で雇用する企業も多いです。

 

求人に応募する際には、インバウンド業務であるかアウトバウンド業務であるかを見極め、自分の特性にあった仕事内容に応募するように注意しなければなりません。

 

例えば、クレームを受けるような仕事内容であれば、冷静に聞き流すことができない性格の場合、精神的疲労が絶えないです。

 

 

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

 

 

自分から発信するのが苦手な場合はアウトバウンド業務に応募してしまうと続かないでしょう。

 

24時間の電話対応をしている企業の場合は、勤務時間を確認することも忘れてはいけません。

 

特にインバウンド業務の場合は24時間対応であることが多く、その場合はシフト制が用いられることが多いです。

 

シフト制の場合、ある程度自分の時間を融通できるメリットがありますが、急な休みを取りたい時に自分自身で同僚と調整しなければならないことも多いです。

 

一定数のオペレーターを配置しなければならないことから、休みにくいというデメリットもあります。

 

しかし、アルバイトやパートという立場の場合、比較的時給の高い仕事であるため、急な予定変更のない人には働きやすい職場ともいえます。

 

 

 

コールセンター正社員の平均収入

 

正社員の場合コールセンター業務の平均収入は、年収277万円、月収20万円となっています。

 

月収の分布で見てみると、15万円未満が2%、15万円~20万円が46%、20万円~25万円が42%、25万円~30万円が9%、残りは30万円以上となっていて、殆どが15万円~25万円の間に分布していることが分かります。

 

 

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

 

平均年収の277万円というのは、国内100職種中54位、事務系の12職種中6位となっています。

 

事務系の職種では平均値に近い水準となっていますが、月収分布を見ると20万円台の人が大半を占めていて、30万円以上の人がほとんどいないことが分かります。

 

職種内でばらつきが少ない珍しい職種です。

 

 

 

コールセンターの労働者年齢と性別別分布

 

労働者の年齢分布を見てみると、20歳以下が4%、21歳~25歳が19%、26歳~30歳が17%、31歳~35歳が13%、36歳~40歳が14%、41歳~45歳が12%、46歳~50歳が11%、51歳~55歳が7%、56歳以上が3%となっています。

 

 

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

 

このことから幅広い年齢層の方が活躍している職種であることが分かります。

 

20代~40代までがそれぞれ約30%、50代以上が約10%の構成となっていることから、年齢を重ねても続けていける職種であることが読み取れます。

 

また、性別の比率でみると、男性が44%、女性が56%となっています。

 

突出して差はありませんが、若干女性の方が多くなっており、女性も働きやすい環境であると分かります。

 

 

コールセンターの求人を見る際の注意点と収入

 

 

電話の対応の際は座ることができるため、他の職種と比べて比較的楽な体勢で仕事に臨めます。

 

また、直接お客様に接することが少ない職場なので、服装が自由なことが多いです。

 

貴重な収入の中から、仕事のためのスーツ等を用意しなくて良いというメリットがあります。

 

髪型なども自由な場合が多いので、プライベートも充実させたいという人にはピッタリの仕事です。

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 優秀なアポインターが利用する法人のテレアポのコツとは何か
PAGE TOP