アウトバウンドのテレマーケティング、テレアポサービスの単価

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

従量課金型と成果報酬型

 

顧客や契約の見込みがあるお客さんに対して電話をかけていくアウトバウンドテレマーケティングは料金体系が分かれており、従量課金型成果報酬型2つが存在します。

 

 

コール単価型の従量課金

 

従量課金型の場合は1件当たりのコール単価がベースです。

 

従量課金型におけるコール単価はアポイントの取り付けや契約の獲得などで変わり、通話時間に時間を要するものであれば単価が上がります。

 

またアウトバウンドテレマーケティングでは実際に電話をかけていくリストを提供しますが、自社で保有しているものであればお金はあまりかからないものの購入するとなると費用が上がってしまいます。

 

 

成果報酬型の従量課金

 

一方の成功報酬型は成果数に応じて費用が変わります。

 

従量課金型のようにコール数が多ければ費用が高くなるものではなく、契約やアポイントの取り付けの件数が多ければどんどん費用は上がっていく形です。

 

この場合の単価は契約の獲得やアポイントの取り付け、販売数に応じて変化します。

 

 

コール単価型と成果報酬型を使い分けよう

 

発注単価を決める際にはテストマーケティングが行われ、大体の難易度を把握した上で決定されます。

 

この時に実施されるテストマーケティングは従量課金型となっているものの、少ない予算で行うことができるため負担にならないようになっています。

 

企業によってどちらを選ぶべきかが分かれており、あまり成果が出にくいものを扱っている場合には成果報酬型を選んでいるところが多いです。

 

 

 

成功報酬型の場合はコール数がたくさんあったとしても、成果が出なければ費用は発生しません。

 

特に完全成功報酬型のサービスを展開しているところは成果がなければほとんど費用が発生しないため、完全成功報酬型を謳うことで成果を上げることに自信があることをアピールする狙いも秘められています。

 

片っ端からリストに電話をかけていくには従量課金型がベストであり、ダイレクトメールを送るよりも効果が大きいのも特徴です。

 

 

従量課金のプランを事前に確認しましょう!

 

従量課金型ではリストに載っているお客さんが不在だった場合に、何回電話をかけ続けるかによって値段が変わります。

 

1回だけの場合には費用が安くなっており、とにかく片っ端からリストに載っている電話番号に電話をかけていってほしい場合に用いられます。

 

リストに載っている中で結果を出したい場合には複数回電話をかけられるプランを契約します。

 

 

 

他にも決められた日にちに電話をかけてほしいというものや専任のスタッフが電話をかけてほしいという依頼主からの注文で上下することもあります。

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 経営幹部は営業組織を役職でまとめて管理を徹底させる
  2. コールセンターにおけるCRM顧客管理システムを自動化する設備の導入効果
PAGE TOP