トップセールスは営業力によって生まれる

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

 

 

商品力だけでは他社に勝てません

 

トップセールスを叩き出すためには、営業力も必要となってきます。

 

営業以前に提供するサービスの品質が劣っていては勝負になりませんが、たとえサービスの品質がどこにも負けていなかったとしても営業が弱ければやはり勝つことは難しいため、トップに立つためにはサービスの本質を磨くだけでなく営業力もつけなければなりません。

 

他社を圧倒するだけのクオリティを持っていれば、営業力というのは微々たるものであり基本的に消費者というのは良いものを選んで利用をしますから、営業の弱さをカバーするだけの品質さえあれば売上はいくらでも伸ばすことができます。

 

ところが現実的には他社を大きくリードする品質技術があるということは珍しく、どこの企業も切磋琢磨している時代ですから品質面で他社をリードするというのは簡単なものではありません。

 

 

 

 

そのため、最終的に物を言うのが営業力ということになり同じぐらいのレベルであれば、上手に営業をしたほうが生き残ることができ、売上を大きく伸ばすことができるのです。

 

 

いかに売り込むかを考え抜かなければならない

 

トップセールスを目指すためには肝心となる、サービスの品質を良くすることがもっとも重要なことになりますが、次はそれをどのようにして売り込むのかということがポイントになります。

 

品質だけで大きな差をつけるというのは容易なものではありませんから、後は売り込みの上手さによって勝負が決まるといえます。

 

良いものを提供すれば必ず顧客をつかむことができるという志は、サービスを提供する側の心構えとして非常に立派なものではありますが、良いものを提供しているから顧客がついてくると思ってしまうと世の中に取り残されてしまうことになります。

 

トップセールスを上げている企業や人というのは、それだけ営業や宣伝にも力を入れていますから、いかにして売り込むのかということも合わせて考えていく必要があります。

 

 

 

企業には役割分担というものがあり、サービスを開発する人、提供をする人、売り込みにかける人と様々な役割を持った人がいます。

 

開発や提供をする側が主役になりがちですが、上手に売り込んでくれる人がいるからこそ作り上げたものが売れるということもあるわけですから、営業を軽視してはいけません。

 

もちろん、営業ばかりに頼って品質を磨くのも怠ってはいけませんが、トップセールスを狙う際に軽視されがちなのは営業力ですから、

 

 

一番になることを考えるのであれば営業マンの教育にも力を入れることが大切です。

 

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

ピックアップ記事

  1. テレマーケティングで顧客価値を高めるためのコンサルティング
PAGE TOP