コールセンターと営業力について

 

 

テレマーケティングにはメリットが多い

 

企業の営業力強化に欠かせないのがテレマーケティングです。

 

テレマーケティングは、セールス手法の定番と言えるもので、ダイレクトマーケティングの方法のひとつでもあります。

 

テレマーケティングには、様々なメリットがあります。

 

顧客を訪問することなく、商品やサービスを販売することができ、しかも低コストです。

 

 

テレマーケティングには、インバウンド業務アウトバウンド業務があり、オペレーターが電話で顧客とやり取りをします。

 

商品販売や資料請求の対応だけでなく、顧客サポートセンターとしての機能もあります。

 

コールセンターと呼ばれる仕組みを持つ場合、企業はある程度の規模の設備と人材が必要になります。

 

テレマーケティングはおすすめの業者選びがある

 

 

インバウンドとアウトバウンド

 

オペレーターが顧客の相手をするため、オペレーターの研修は重要です。

 

オペレーターの対応によって、顧客はその企業を評価するからです。

 

 


インバウンド業務は、様々な広告やダイレクトメールによって知った企業に直接電話をかけて、商品の注文をしたり、資料の請求をしたりすることです。

 

一方、アウトバウンド業務は、顧客のデータを参照して、企業側から顧客に対して商品やサービスの案内をすることです。

 

テレマーケティングはノウハウが重要となる

 

 

大手のコールセンター事情

 

日本は、大量の人材とシステムを持つ規模の大きい企業が少なくありません。

 

大手の通信販売会社は、社内にコールセンターを持つケースが多いです。

 

大手企業の場合は、大量の人員を必要とするため、郊外や地方に置かれることも少なくありません。

 

大手のコールセンターには全国的なネットワークがあるところが多く、最近は24時間対応のサービスも増えています。

 

 


1990年頃より、システム全体の構築に経験と技術が必要となり、専門業者へのアウトソーシングが主流となっています。

 

テレマーケティングの依頼は業者選びを慎重に行うことがおすすめ

 

 

 

テレアポのコツとは?

 

新規の顧客を開拓する場合、電話による営業は強力です。

 

既存の顧客のフォローも電話を使うことでスムーズにできます。

 

電話セールスの場合は、電話で契約を取ることも重要なのですが、見込み客としての可能性を探ることも大切なのです。

 

 

 

電話でアポイントを取れた見込み客だけに営業をかけることで、かなり効率が良くなります。

 

電話営業の場合は、コツがあり、研修の時に徹底して教えられます。

 

CRMの導入で失敗を防ぐ為には既存顧客の管理状況と効果を見ながら適用する

 

 

 

ターゲット選定の重要性

 

マーケティングの仕事で重要なのが、ターゲットの選定です。

 

インターネットビジネスでもターゲットの選定は非常に重要です。

 

最も重要なのは、どのようにアプローチするかです。

 

多くの企業が、分析による独自のノウハウを持ち、マーケティングに活かしています。

 

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

 

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. コールセンターの内製化か外注の判断基準とは
PAGE TOP