テレワークに取り組む企業に助成金が出る制度がある

出勤しなくても意欲さえあればできるテレワーク

東日本大震災が起こった後、福島の一部が避難区域に指定されたことや、地震や洪水によって家屋が破損したことから、福島や東北から移住する人が増えました。

人間だけでなく、企業も撤退することが多くなったため、被災地では人口減少化になった以上に、仕事を失った人も多く、雇用が減ってしまいました。

働いてお金を稼ぐことができなければ、復興する目途がたちません。

また地震や自然災害による被災だけではなく、社会の変化から働き方に多様性が生まれています。

 

 

会社に働きに行くのではなく、在宅ワークをしたいと考える人も増えたことから、これからは自宅にいながら会社にいるように仕事ができる制度を整える必要に迫られています。

日本の人口が減少しており、さらに働く人の数が減っている一方で、働きたいけれど、子育て中や病気療養中で働くことができないという人は少なくありません。

会社に通勤することはできなくても、仕事をしたいという意欲や能力があるので、そんな人たちのためにはテレワークが向いています。

 

テレワークは雇用拡大で期待されている

テレワークは自宅でも設備があれば十分に行うことができますし、被災地にもテレワークを専門に行う会社を誘致すれば、多くの人の雇用が生まれます。

小売り業者とテレワークが契約し、テレビショッピングを見て注文してきたお客様に対応する仕事内容もありますし、企業と契約して問い合わせや本社につなげる窓口になるという仕事内容など、仕事の幅はかなり広いといえます。

電話回線さえあれば、テレワークの仕事はどこででもできるので、人口減少で雇用が少ない被災地でもできますし、在宅ワークとして自宅で仕事をしたい人にもできます。

 

 

雇用の拡大を見込んで、国ではテレワークに取り組んできる企業向けに助成金を出す制度があります。

事業内容を精査して審査を受ける必要がありますが、助成金ことによって、テレワークを行う会社を設立しようという人が出てきて、雇用の拡大になることが期待されています。

 

 

コールセンターに関する情報配信サービス『CallcenterNews』
・テレマーケティングの業者を比較したい!
・テレアポする部署を立ち上げたい!
・コールセンターを活用してみたい!
お客様にあったご提案をさせて頂きます。
様々なタイプのコールセンター業者のご紹介も可能です。
CallcenterNewsコンシェルジュにご相談下さい!
     ↓  ↓  ↓
>>無料相談受付はこちら<<

コールセンターで働く、アルバイトのオペレーター、管理者・SV達が日々の業務で活用できる仕事術やテレマーケティングの戦略、
インバウンドやアウトバウンドを活用したコールセンターの運営・運用・構築のノウハウ、役立つシステム情報をお伝えします。
コールセンター業者に委託する際の選定・比較や自社コールセンターの運営・運用・構築をする際のアイディアや戦略にも活用して頂ければと思います。
また、コールセンターを活用したマーケティング、セールス、スキルアップなどのノウハウも配信!

この記事を書いた人

メディア編集部
メディア編集部
コールセンターの現場の第一線で日々頑張るスタッフ達が価値ある「リアル」を伝えます。
貴社のご発展に是非、ご活用下さい!

業界最安値!!クラウド型電話営業システム「CallTree」

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 戦略的なCRM顧客管理システムの導入は成功事例に繋がる
  2. コールセンターの求人に応募!アルバイト面接に落ちる人の特徴とは?
  3. CDPとDPMの違いを理解し比較して利用することが重要です
PAGE TOP